年収が低い30代SEの人は必見。SEのキャリアアップ方法

30代のSEともなると数年から10年以上のキャリアを積んでいることになりますので、社内での評価が定着しつつある年代になります。

30代のSEで年収がなかなか上がらない人の特徴を紹介すると同時に、評価を変えて年収を上げていくための方法についてご紹介します。

評価されないSE職の人の特徴

筆者の経験からもふまえて、SEで評価されない人の特徴を何パターンか紹介します。

指示がないと動かない人

どの業界・業種でもそうですが、全く評価されません。

評価者にとって最も扱いづらい部下は指示をしないと動かない部下です。

SEの仕事は独創性が必ずしも求められるわけではありませんが、主体的にすべきこと、タイミングを逃さずに行動しなくてはならない日々の連続です。

仕事を主体的に拾わない人は評価が低いどころか、戦力外とみなされても仕方がありません。

臨機応変に動けない人

SEの仕事は難しいです。

どんなに計画を立てて進めても、途中で予期せぬ顧客からのクレームを受けたり、システム実装上の深刻な課題を見つけることがあります。

例えば顧客から受けたクレームをどのように鎮静化させれば良いかを考えるとき、相手が何を不満に思い、何を示すことで信頼を取り戻すことが出来るのか、教科書があるわけではありません。

こうしたときに臨機応変に軌道修正の道筋が描けず、行動に移せない人は評価されません。

もちろん独力で解決出来ないことを一人で抱え込む必要はありません。有識者や上位者に働きかけ、ノウハウを引き出して行動に移していければ良いですが、そうしたことも出来なければ、使いどころが限られてしまうと上司にみなされ、高い評価を得ることは出来ません。

貢献はしているのに何をしているか分からない人

損なパターンです。

技術力が有って職人肌の人が多い傾向もあります。

確実に貢献はしているのですが、上司や評価者からは何をしているか分からないのです。

何か良いものを生み出していて、一部の顧客から信頼を得たりもしています。しかしその人でないとこなせない世界を作り上げてしまっています。

上司は一定の貢献を理解することが出来ても、組織としてはチームワークをもたらすことが出来ないため、高い評価を与えることは難しくなります。

相手の立場で行動出来ない人

相手に失礼の無いように行動するといった基本動作は組織で働く以上、大切なものです。

SEの仕事はサービス業です。顧客や系列の企業などから委託され、相手が望むサービスをシステムに付加価値を付ける形で提供する必要があります。

そうした職種であるにも関わらず、相手の立場を読めずにおかしな組織感覚で動くSEを、筆者はこれまでに多く見てきています。

顧客が重視していることに応えようとしなかったり、一度聞いたことを理解出来ずに何度も同じことを電話で確認したり、影響する関係者に打診や連絡をせずに勝手に設計仕様を変更してしまったりということです。

SEの仕事に限ったことではありませんが、プロジェクトの中で多くの関係者が意思決定に関わっているため、相手に対する気配りの姿勢は特に大切です。

意図せずに関係者を怒らせてしまうような人は評価してもらうことは出来ません。

選択と集中が出来ない人

生産性が低い人と言い換えても差し支えありません。

SEの仕事においては曖昧な合意形成では最終的にシステムに正しい形に落とすことは出来ません。かといって完璧主義でもうまくいきません。判断力が低かったり、技術力が低いことが生産性に影響するとも言えます。

SEの使命は何なのかを考えてみます。納期までに正しい品質でシステムを納めることです。

テストを例に考えてみます。品質を確保するにはテストは必要不可欠です。ところが品質確保に十分と判断出来る100ケースを選定して実施するSEと、無駄な類似パターンのケースを含めて200ケース実施するSEとでどちらが評価されるでしょうか?

単純に考えれば200ケースをテストしたら工数、コストはは2倍になります。それなのに100ケース実施することで品質確保上十分だったのであれば、コストの無駄使いです。

100ケースで十分であるという判断には技術的な判断力が必要になります。

選択と集中が出来ることはSEとして評価されるには大切なスキルです。

30代SEの年収を増やすステップ。スキルや経験、取るべき資格

SEが年収を増やすステップとしては、まずは社内で評価が高い社員を良く観察し、どこが評価されているのかを知ることです。会社により、評価の視点が若干異なるケースもあるためです。

ステップアップの道のりとして手っ取り早いのは同じプロジェクトやチームでの仕事が出来る人の動きをよく観察することです。

30代ともなると、プロジェクトを一担当者でなくリーダーやサブリーダーとして牽引していくことを求められます。

今までのキャリアで、どこか得意分野を身に付けているはずです。プロジェクトの各工程の中で貢献できる局面は限りなく用意されています。

例えば内部設計に強いノウハウを持っていればチーム内で内部設計レビューの段取りを作り、主催者として品質向上させるプロセスに貢献するといった動きです。

得意な分野から担当者や顧客に良い影響力を与えられるように行動していくことで上司からの評価を徐々に変えていける可能性が出てきます。

資格については情報処理技術者試験の中でも、応用情報技術者試験とシステムアーキテクトの資格取得は自己啓発としてお勧めします。

応用情報技術者試験は資格としての評価は30代過ぎでは高くないかもしれませんが、この試験に合格できる力があるならば外部設計以降の工程でかなり良質な設計が出来る素養があります。

また、システムアーキテクトはプロジェクトリーダの立ち位置でシステム開発を牽引していく人に適した内容であるため、実務に直結します。

いずれにしても年収を増やしていくには自ら考え、努力し、主体的に周囲に影響力を与えられる存在になっていくことが必要です。