営業職の残業時間や休日出勤事情について

営業職の残業時間や休日出勤事情について日本企業で働く上で気になるのが残業時間や休日出勤の多さですよね。

これだけ長時間労働が問題視されているのに、いまだに労働時間について気にしない会社も少なくありません。

営業職は他の職種と比較しても労働時間が長くなりがちな職種ですが、一体どのくらいの残業や休日があるのでしょうか。

本記事は、

  • 営業職の平均的な残業時間、年間休日日数
  • 営業職で残業や休日出勤が多くなる場合の理由
  • 営業で残業が多過ぎる場合の対処法

についてまとめました。

残業は労働基準法違反だが例外的にOK

日本の労働法では、企業は、労働者を1日8時間、週40時間以上働かせてはいけないことになっています。

ところが多くの人は週40時間で終わったことなんてないのが実状です。

実際の法律の条文はこうなっています。

  1. 使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。
  2. 使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。

引用:労働基準法第32条

1日8時間労働で週5日間で40時間なので、基本的には残業は法律で禁止となります。

ただこの労基法第32条の規定は、ある条件を満たせば、この時間を超えて労働させることができます。

ある条件とは、使用者と労働者が、書面で「残業させることもある」「労働者としてそれを承認する」といった内容の協定を結ぶことです。その協定書を労働基準監督署に届けることで、残業をさせてもいいことになります。

「労働者」とは、労働組合または労働者の過半数を代表する人となっています。労基法第36条に書かれてあることから、これを「36協定(さぶろくきょうてい)」と呼んでいます。

入社の際に入社規定に同意することで、残業をすることを自分で認めているのです。

営業職の平均残業時間はとても長い

では「営業職の残業時間」についてみてみましょう。

次の表は大手転職支援サイトDODAが行った、職種別の残業時間調査の結果です。

[職種別の残業時間の長さランキング(全95職種)]

残業時間年間休日数職種
少ない順時間多い順日数
1位8.160位120.4一般事務
2位8.346位123.0翻訳/通訳
53位25.551位122.1営業(金融)
54位
25.7
35位
124.3
営業(IT)
55位
25.8
38位
123.4
営業(商社)
63位
27.3
44位
123.1
営業(メーカー)
66位
29.1
14位
128.0
営業(メディカル)
77位
31.8
63位
118.9
営業(サービス業)
81位
35.8
80位
110.2
営業(建設/不動産)
83位
38.5
74位
112.0
営業(小売/卸/外食)
87位
41.9
68位
116.3
営業(広告・メディア)
94位52.871位113.6編集・デスク
95位53.793位97.8映像関連
平均22.8平均121.9

出典:「残業の多い職業・少ない職業は?全80業種、95職種別の残業時間調査!」(DODA)

表の上の方の職種ほど「残業・休日出勤が少ない」そこまで忙しくない職種ということです。

1位の最も残業時間が短い職種は「一般事務」で、月8.1時間です。月に20日出勤している人であれば、1日30分もないということになります。

95の職種の中で、「営業」は4種類も残業時間の多さでトップ20入りしています。

営業の中でも最も残業が少ない金融業界の営業でも、53位25.5時間と平均以上になっていますので、営業職は他の業種よりも残業が多いといえます。

2017年には大手広告代理店の新入社員の自殺が大きな社会問題となっていたように、広告・メディア関連の営業職は、営業の中でも最も残業時間が長いです。

 

全職種の平均休日は121.9日となっております。

「完全週休2日のみ」だと年間休日数は104日になるので、年120日の休みが取れると、日本人の感覚としては「普通に休める」という印象になるでしょう。

年120日休みは「完全週休2日+正月6日+GW5日+お盆5日」といった感じです。

年間休日日数に関しては、メディカル、IT、商社の営業は平均よりも少し多いですが、それ以外の業種では平均よりも少ない休日となっています。

営業職に残業が多い理由

なぜ営業職は時間外が長くなるのでしょうか。

①日々新しい商品知識を勉強しなければいけない

営業は、会社が作ったり仕入れた商材を見込顧客のところに行き「いかがですか?」と説明する仕事です。

営業は、売る製品やサービスの知識を身に付けなければなりません。

営業先での質問にしっかり答えられないと、信頼を得てその営業から買おうという気持ちにさせるのは難しいです。

知識を日々頭に詰め込む。これは大変な作業です。

特に最近は、IT化によって新しい機能が目まぐるしく追加されます。昔のように、単純な機能について理解するだけでは通用しなくなっています。

②生産性の無い移動時間がある

営業の仕事には、クライアント訪問の移動時間が発生します。

客先での1時間の打ち合わせのために、1時間以上の移動時間が発生することも多いです。

もちろん移動中にもスマホを使って簡単な仕事を進めることは出来ますが、いかんせん「生産性は低い」時間と言わざるを得ません。

これが「残業の元」になります。

③社内・社外の両方にスケジュールを合わせないといけない

営業職は、「社内の人」と「社外の人」の両方と仕事をしなければいけません。

社外の人とスケジュールを合わせるために、業務時間内は基本的に外で営業周りをしなければいけません。

そして、夕方に帰社をすると、今度は社内の人たちとスケジュールを合わせて会議をしなければいけません。

自分の仕事のスケジュールをなかなか自分で決められないのです。

④きついノルマがある

営業職の残業が長くなる理由その2は、きついノルマがあることです。

会社というものは、営業マン1人1人の能力を伸ばすため、能力の120%のノルマ設定をしがちです。

つまり無理をして頑張らないと到達できない数字をあえて設定して、成長を促します。

そのため、残業が当たり前になっている企業では、残業をしなければそもそも到達できないノルマ設定になっている場合がほとんどです。

休みの質が高くない日本の営業職

営業マンには「質の高い休日」がありません。

例えば、休日にゴルフをするにしても、一緒にプレーするのが取引先だった場合、気が休まらないでしょう。

人によっては、GWやお盆などのハイシーズンを外したオフシーズンに旅行したいと考えますが、営業ではそれもなかなかか出来ません。

顧客が休みではないタイミングで休日を取ることが難しいですし、取れても休日なのに電話がかかってくることもあり、精神的に全くリラックスできないことになります。

残業や休日出勤が多過ぎるなら過労死ラインのチェックを

特に、営業職は、残業が多い職種であることが、様々な調査で立証されています。特に30代の中堅営業マンは、どんどん仕事がふられてきて、残業は長時間化し、休日を返上して働かなければなりません。

長時間に及ぶ残業は、人の命に関わります。残業時間の過労死ラインは、月80時間とされています。

そのラインに近付いている人や、または既に超えてしまっている人は、本当に注意が必要です。

ブラック企業からは早期の脱出をすべき

そもそも残業をするのが当たり前の文化が根付いている会社では、いくら頑張って働いても残業が減りません。

むしろ残業をしていないと、白い目で見られたりすらするのが日本のブラック企業です。

まだまだ残業が当たり前の会社も多いですが、働き方改革の影響もあって、少しずつ変わってきています。

なるべくみんなで残業をしないでいこうという気持ちがある会社で働くだけで、大分気持ちも楽になるものです。

もしあなたが働く会社がブラック企業で辛い毎日なら、転職で働く環境を変えてみるのも良い選択肢だと思います。

転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談をすれば、色々な企業の文化や雰囲気を教えて貰えますので、自分が働いてみたいと思える環境が見つかるかもしれませんよ。