30代営業職の転職。35歳転職限界説について

30代営業職の転職。35歳転職限界説について日本では今まで「転職して労働条件が有利になるのは若いうちだけ」と言われてきました。

一説には、転職で給与が上がるかどうかのラインや求人があるのは「35歳まで」なので「転職35歳限界説」といわれたりしています。

しかし結論から言うと、35歳転職限界説は、現在の営業職に当てはまりません。

本記事では、30代の営業の転職市場についてまとめました。

35歳転職限界説は時代遅れの考え方になってきている

成果主義という言葉が一般的に広まったのは1990年代後半ころです。

それまでは、ほとんどの日本企業では年功序列制度で、勤続年数が長い人ほど給与が上がっていく人事制度で、転職自体あまりしないのが普通でした。

転職が出来る、転職で収入が上がるのは35歳までで、それ以降は一気に求人数が減るというのは、そういった年功序列制度の名残りで2000年 前半頃までは確かにありました。

しかし、団塊世代引退や定年退職年齢引き上げに伴って、多くの企業では30代後半を積極的に採用するようになっています。

転職エージェントに登録をすると分かりますが、35歳以上の求人情報も沢山あります。

2020年代では40代の転職求人もかなり一般化すると予想されています。

30代営業職の転職のハードルとは

30代営業職の転職のハードルとは

転職可能な年齢が上がっているとは言え、30代以上の営業マンは転職難易度が上がるのも確かです。

新しいことを覚えるのが、若い人より遅い

30歳といえば既にある程度の仕事経験を積んでいます。

頭の切り換えには前職の潜入観念も加わって、新社会人が新しい知識を吸収したり、その環境に適応する以上に時間がかかってしまいます。

またプライドが邪魔して、年下の営業マンから良いところを盗む心理的なハードルがあるのも成長を妨げます。

成功体験やこれまでの自分のやり方などに固執してしまう

30代に入ると、すでに自分の仕事のペースやノウハウはできています。

そういった自分のやり方や今までの成功体験に捕らわれてしまい、新しいスキルや知識の習得が妨げられてしまいます。

自分はまだまだだという謙虚さを常に持って、勉強をする姿勢が必要になっていきます。

マネジメント経験が求められ始める

特に30代後半になると、少しずつ転職にマネジメント経験が求められ始めます。

必ずしも管理職で働いていた経験でなくても、何かのプロジェクトでリーダー経験をした、後半営業マンの指導をしていたなどでもいいでしょう。

人をひっぱって、やる気を出させ、適切な指導と目標設定、フィードバックをした経験が求められてきます。

 

30代、40代で転職をするなら、こういったハードルを乗り越える姿勢が必要になるということですね。

30代で転職をしない方がいい営業マンは

30代で転職をしない方がいい営業マンは

30代で、まだ転職をしない方がいい営業マンについて考えてみましょう。

転職面接で胸を張って言える実績がまだ無い

転職活動では、当たり前のようですが、自分をアピールして、採用するメリットを採用担当者に伝えなければいけません。

30代の転職になると、即戦力が求められてきますので、達成してきた実績を元に自分をアピールする必要があります。

もちろん、ある程度「盛って大げさに伝える」ことも出来ますが、自信を持てる実績がまだ何も無いのであれば、今の会社でそれを作ることを優先すべきでしょう。

でないと、年収を下げる転職となってしまう可能性が高いです。

今の職場にまだチャレンジする場がある

同じことの繰り返しで、新しい実績やスキルアップにつながる経験が出来ていないのであれば転職を考えるべきです。

しかし、まだチャレンジをして成長するチャンスがある職場ならばトライしてみてもいいでしょう。アピール出来る実績が多ければ多いほど、転職活動でも成功しやすいからです。

既に辞めたい気持ちがある場合でも、「これが最後のプロジェクト」という気持ちで全力で取り組むと、失敗を恐れる気持ちも無くなりリラックスしていつも以上の能力が発揮できることもあるものです。

30代前半で転職を急いだ方がいい営業マンは

30代で転職を急いだ方がいい営業マンは

マネジメント経験が得るのが難しい職場の場合

前述したとおり、30代後半の求人からはマネジメント経験が求められ始めます。

そのため、30代前半のうちに、なるべくリーダー経験・マネジメント経験が得られる環境で働いておくべきです。

文句の言えない営業成績を達成してから、上司にリーダー経験が出来る機会が得られるように打診をするといいでしょう。

それでもそのようなチャンスが得られない職場であれば、早めに転職が必要となります。

自分の性格と営業スタイルがマッチしていない場合

営業という仕事は、会社や担当部門によって仕事内容がかなり違います。

個人向け営業と法人向け営業、新規開拓営業とルート営業でも、必要なスキルや営業スタイルが異なります。

例えば、優秀な営業マンにも人それぞれ下記のような営業スタイル違いがあります。

  • 考えるよりもとにかく行動量で勝負する。数打てば当たる。
  • しっかりと戦略を立てて、無駄な行動をしない。提案力と説得力で勝負。
  • 人間関係重視。顧客の懐に飛び込んで、可愛がられて売る。

しかし自分が得意な営業スタイルでは、売上が上げづらい業種があるのです。

例えば、顧客の導入コストが高い商材の場合、論理的で説得力のある提案をしっかり行わないと、人間関係重視スタイルの営業マンではなかなか売上が伸びません。

もちろん自分が苦手な営業スタイルも身につける大切さはありますが、基本になる性格や志向はどうしても変えられないものです。

30代になると、自分の強みや性格が把握出来てくると思いますので、自分に合わない働き方をしなければいけない業界や環境は、30代前半で軌道修正しておくべきです。

ヘッドハンティングをされた場合

30代以上の営業マンで、これまでに1度でもヘッドハンティングの声がかかった人は、転職しても失敗するリスクは小さいでしょう。

ヘッドハンターたちのリサーチ力は、不倫現場を追いかける週刊誌の記者並みです。彼らはビジネス界に人脈の網を張り巡らし、優秀な人や転職によってさらに成長できる人を探しています。

なので、彼らから声がかかった営業マンは、自身の営業エリア内の関係者が、自分のことを高く評価してくれたということです。

転職エージェントに登録をして、キャリアの可能性を把握する

転職エージェントに登録をして、キャリアの可能性を把握する

例え現在、転職を検討していない人でも、30代になったら定期的に自分の市場価値とキャリアの可能性を見つめ直すことをオススメします。

ビジネス市場の中で、自分が現在どういった位置にいるのかを客観的に把握することは、今後のキャリアプランの目標設定の指標や道しるべになるからです。

そこで役に立つのが転職エージェントです。

人材市場のプロである転職エージェントのキャリアアドバイザーと面談をすることで、自分の経歴や希望、キャリアプランを元に、自分の適正な年収や待遇、どんな会社で働くチャンスがあるのかなどを教えて貰えます。

転職業界1位リクルートエージェントの特徴と評判

転職自体を具体的に検討していなくても、大手の転職エージェントに無料登録をして面談をするだけで、様々なキャリアの選択肢が見えてきます。

最初の登録先としては業界No1で求人数と実績も日本一のリクルートエージェントをまず登録するといいでしょう。

セカンドオピニオンもあると良いので、実際に転職活動を開始する段階でさらに1〜2社に登録をして自分に合いそうなキャリアコンサルタントを選ぶ方法が鉄則です。

リクルートエージェント無料登録