ネットワークエンジニアの仕事内容とやりがい、年収相場、必要スキル

ネットワークエンジニアの仕事内容とやりがい、年収相場、必要スキル

本記事ではネットワークエンジニアの仕事内容、やりがい、年収相場、役立つ資格、向いている人、向いていない人についてまとめました。

ネットワークエンジニアの仕事内容

オフィス内の社内ネットワークや大規模システムを形成するネットワークまで、IT化の進んだ現代では世の中に大小様々なネットワークが存在しています。

このネットワークを設計構築したり、運用をする技術力のあるエンジニアをネットワークエンジニアと言います。

ネットワークエンジニアの仕事には大きく分けて4つがあります。

  1. ネットワーク運用・監視
  2. ネットワーク保守
  3. ネットワーク構築
  4. ネットワーク設計

①から順に業務の難易度が上がっていき、④が経験豊富なネットワークエンジニアが行う上流工程となります。

それぞれ1つずつ解説していきましょう。

①ネットワーク運用・監視

①ネットワーク運用・監視

構築されたネットワークシステムに障害トラブルが発生した場合などに備えてネットワークを監視(モニタリング)する仕事です。

ネットワークエンジニアとしては最初に行う業務で、この監視業務から少しずつネットワークの構成や動き方などを理解して、保守・構築・設計といった上流工程の業務へステップアップしていきます。

未経験からネットワークエンジニアに転職した場合もまずはこの業務からになるでしょう。

各案件で作成された運用マニュアルに従って、ネットワークが適切に動作しているかをチェックし、問題箇所を適切に処理します。運用マニュアルで対応しきれない問題がある場合は、上司などにアラートを上げます。

基本的には運用マニュアルに沿った業務のみを行い、自らの判断でトラブル対応をすることはあまりありません。

ネットワーク監視の仕事は、無人監視と有人監視の2パターンがあります。

[無人監視]

監視ソフトによってネットワーク監視が行われており、トラブルなどが発生したりすると担当者にメールなどで知らせが行き、担当者がリモートなどで対応する形です。

代表的な監視ソフトとしては、WebSAMやNagios、Zabbix、JP1、Tivoliなどがあり、案件によって使用するソフトがあります。

Webサービスやソーシャルゲームなど比較的小さなネットワークの監視です。

[有人監視]

専用のモニタリングルームで、人が常駐してネットワーク監視を行います。

24時間体制で監視をするため、シフト制で夜勤を行うことも多々あります。

金融システムや公共インフラなど、トラブルが大きな損失や影響を与える可能性があるネットワークは有人監視をしています。

楽しいところ、やりがい

個々の保守ベンダーにより扱っている機器も異なりますが、お客様のネットワーク構成が見れるのも勉強になるかもしれません。

一通りの業務フローを覚えれば、運用マニュアル以上の判断をしなくていいケースが多いので、精神的なストレスは比較的少ないです。

大変なところ、辛いところ

有人監視の案件担当になると夜勤があるので、年齢が上がると体力的にしんどくなってきます。

無人監視でネットワーク監視を行う案件担当であれば、場合によっては夜や休日にトラブルアラートのメールが届くこともあります。中小企業で担当者が自分しかいなければ、トラブル対応をせざるを得なくなるのが辛いところです。

また、慣れてくると業務が単調で、スキルアップ、キャリアアップに繋がりにくい面もあります。日々の業務をしつつ、ネットワーク全体を理解して上流工程業務へキャリアアップしていこうという意識が必要になります。

必要なスキル、あると良いスキル

現場にもよりますが、客先にて情報システム部の方と会話する機会が多くあります。先方はプロと思いいろんな質問をしてくることがあります。

お客様と円滑な会話をするうえで、ネットワークの勉強は欠かせません。特に自分が担当するお客様が使用するプロダクトの製品については熟知しておく必要があります。

単なる作業員ではなく、ネットワーク構成全体を理解して問題解決が出来るようになるプロ意識を培うことはモチベーションの向上に繋がります。

②ネットワーク保守

ネットワークエンジニアの保守の仕事

ネットワークのメンテナンス業務です。

ネットワークになにかトラブルが発生した場合に、運用マニュアル外の処理が必要になった場合に適切な処理方法を考えて実行します。

また、既に構築されたネットワークシステムの増設・アップデート、機器変更、プログラムの仕様変更を行う業務もあります。

①で紹介した運用・監視業務を含む場合も多いです。

楽しいところ、やりがい

ネットワーク構成全体を見れることではないでしょうか。

また自分の判断でトラブル対応をしたりとネットワークエンジニアとしてスキルアップを実感し始める業務でもあります。

またお客様からありがとうの声を聞く機会もあります。お客様のフロアにオンサイトで作業し、ネットワークが繋がった時にお礼を言われたりする時などは嬉しくなります。

大変なところ、辛いところ

監視業務のみを行ってきたネットワークエンジニアからすると、色々とプレッシャーと責任が出てくるため、嫌になってしまう人もいるようです。

障害対応が一番のストレスです。

時間との戦いです。いかに早く問題を切り分けて原因を見つけるか?原因を見つけ解決した場合は、障害報告書を書きますので今後のリカバリ案や再発防止策を練る時はエネルギーを要します。

運用は動いて当たり前。縁の下の力持ちのようなものです。なので現場の機器が障害で使用できなくなり稼動が停止している時は、運用サイドの方にとって一番大変な時だと思います。

お客様からクレームを言われるのも辛いかもしれません。ハード障害で機器を交換している時に、なんとも言えない緊張感を感じます。

立て続けに障害が発生しお客様の情報システム部のから連絡が入り伺う時は気が重いです。データセンターなどで立ったままラックに据え付けてある機器の設定をしている時は寒さが身体の疲れを覚えます。

必要なスキル、あると良いスキル

ネットワーク基礎知識は前提として、適切なホウレンソウが必須です。

現場のお客様と保守ベンダー、SEとの間を仲介しますので適切な表現力を磨くことが必要です。

現状の問題を正確に理解して、明確に簡潔に相手に伝えるスキルが磨かれます。

企業様では設計経験豊富な方が情報システムのトップになっているケースも少なくありません。運用は設計構築への第一歩であると同時に一番学びの多いところでもあります。

ハードソフト含め日頃から多くのネットワークプロダクトについて浅く広く学んでおくことは、信頼に役立つと考えます。

③ネットワーク構築の仕事

ネットワーク構築の仕事

設計書を元に、実際にネットワークシステムの構築・設定(セットアップ)を行う仕事です。

  • 回線ケーブルや機器の設置
  • ソフトウェアの設定
  • サーバーサイドのプログラミング
  • 接続テストや疎通テスト

といった業務が含まれます。

幅広いネットワークシステム関連機器の知識や技術動向に関するキャッチアップが必要な仕事です。

中規模以上の案件ではチームで構築作業を行います。

楽しいところ、やりがい

実機に設定を反映していき、少しずつネットワークが完成していく過程も楽しめるではないでしょうか。

ベンダー毎に、設定の仕方も若干かもしれませんが違います。沢山の機器をふれる機会があれば、それもすべてキャリアに反映されていくので満足感を覚えるかもしれません。

また配線が想定どおりに出来なかったり、機器が作動しなかったりと、設計図どおりに構築が進むことは少なく、トラブルを少しずつ解決しつつ動くものを作っていきますので、上手く動くネットワークが構築出来た時は非常に達成感があります。

大変なところ、辛いところ

設定が反映されず、なかなか思うように動作しない時は不安を覚えます。

もっとも単純な設定ミスであればすぐ解決されますが、作業スケジュールがタイトで一日に何十台のルータなどを設置・構築しなければならない時は、時間が限られているので緊張します。

時間との戦いになるのでそんな時は大変さを感じます。

必要なスキル、あると良いスキル

機器の設定方法も必要ですが、やはりネットワークの基本を日頃からしっかり学んでおくことは必須です。

設計書を読んで、書いてある事以上の意味を理解できなければなりません。

構成図やデザインシートを見て作業が頭に浮かばないようでは正直厳しいです。

当然の事ですがTCP/IPのネットワークレイヤを頭の中でイメージし、瞬時にデータの動きをイメージできなければなりません。

④ネットワーク設計の仕事

ネットワークエンジニア設計の仕事

担当プロジェクトにおいて、顧客や自社の要望を満たすネットワークシステムの要件定義・詳細設計を行う仕事です。

ウィンドウズやLinuxといったOSプラットフォーム、通信プロトコル、ネットワーク環境上で動作するサービス・ツールのバックエンドからフロントエンド、物理的なケーブリングに至るまでの技術を理解して、ネットワーク設計を行います。

ネットワークエンジニアとして業務をこなしてきた経験者が行う上流工程といえます。

楽しいところ、やりがい

ネットワーク設計の仕事がやりがいを感じられるところは、自分の設計したネットワークシステムが、実際に設計ポリシー通りに稼動している瞬間ではないでしょうか。

現場のお客様や自社の担当部署から、いい評価を頂いた時、感謝の言葉を言われた時は嬉しさがこみ上げます。

また、店舗から駅構内、オフィス、大規模システムと世の中のあらゆるネットワークがどういった仕組みで動いているかが分かるようになるのが面白いところです。

大変なところ、辛いところ

ネットワーク設計の作業フェーズ前に、クライアントや関係部門からのニーズや課題をしっかりとヒアリングし要件定義作業を実施します。

そのネットワークか使いやすく、問題なく動作するかどうかにとても大切な業務といえます。

予算の範囲でどんなハード構成にするか、プロダクトは何を使用するか、ハードウエア、ソフトウエア、セキュリティ、保守要件などを勘案しその下でネットワーク設計書をおこします

ネットワーク設計書にはネットワークポリシー、物理構成、論理構成、デザイン図等も含めますが、この作業の過程で問題を未然に防ぐべく、利用時のユースケースやトラブルなど様々な事を想定しなければなりません。

プロダクトによって同じポリシーを使用しても機器の組み合わせによっては、設定作業の過程で稀に障害の元を生み出すこともあります。

筆者の経験では、同一ネットワーク上にCISCO.Foundry、アライドなどL3やルータが混在した環境に、新たに別ネットワーク環境を追加したことで、ネットワークの遅延が発生し、切り分けと問題の洗い出しにかなりな苦労したのを今でも覚えてます。

ネットワーク設計と言っても顧客要件によりリプレイスもあれば追加もあり使用するプロダクトも予め決められている場合もあるので、テスト段階で机上の理論が通用しないことがあり、そんな時は大変さを感じます。

必要なスキル、あると良いスキル

ネットワーク全体の知識や経験が必要となる上流工程です。

ルータ、スイッチ、F/W.ロードバランサーなどの機器についても深い知識をもっていなければなりません。

ネットワークエンジニアとしての運用・保守・構築経験を何年か積んで、設計作業の補助をしながら学んでいくことになると思います。

構築や運用の現場でネットワークの基礎をしっかり学んでおく必要があります。

ネットワークエンジニアの年収相場について

以下の表は、大手転職支援サイトが作成した、職種別の年収ランキングの一部です。ネットワークエンジニア種を抜き出しました。

[業種別平均年収ランキング(全316職種)]

順位職種平均年収
1システムアナリスト1,100万円
2システムエンジニア964万円
3コンサルタント(経営戦略)915万円
4不動産営業870万円
14システムコンサルタント(ネットワーク・通信)712万円
85ネットワーク設計・構築
(LAN・WAN・インターネット)
549万円
159ネットワーク運用・監視507万円
315パタンナー・縫製300万円
315その他保育関連職300万円

調査対象:2016年4月1日〜2017年3月31日の期間中にマイナビ転職に掲載された求人の「モデル年収例」から平均値を算出
出典:「2017年版 職種別 モデル年収平均ランキング」(マイナビ)

ネットワークエンジニアの給与は他職種と比較しても高めだと言えるでしょう。

ただ、仕事内容によって難易度が大きく異なるため、伴って年収にも大きな差があります。

ネットワーク運用・監視の仕事は316職種中159位で507万円となっており、設計や構築といった上流工程の仕事を行うと85位549万円となります。

またネットワークエンジニアの域を出て、高度なセキュリティ知識やインフラ設計・構築といったスキルを磨くと14位システムコンサルタント712万円といった年収アップが考えられます。

ネットワークエンジニアの知識を活かして、システム全体を見渡すSEへのキャリアアップを目指す人もいるでしょう。

ネットワークエンジニアに役立つ資格

ネットワークエンジニアに役立つ資格

ネットワークエンジニアのキャリアや転職に役立つ資格は下記があります。

未経験者や初級者向けの資格

  • ITパスポート
    ITを活用したビジネス全般の基礎知識を学ぶ資格です。合格率40-50%の難易度の低い資格です。
  • 基本情報技術者試験
    経済産業省が主催する国家試験「情報処理技術者試験」の1つです。ITエンジニアとしての入門に位置する資格です。
  • シスコ技術者認定-基礎(CCNA)
    Cisco Certified Network Associateの略。ネットワーク機器ベンダーであるシスコシステムズ(Cisco Systems)が主催している認定資格のうちの最も初級の資格です。 ネットワークエンジニアにとっては、登竜門的な資格に位置します。

中級者向けの資格

  • LPIC
    世界最大のLinux技術者認定資格です。レベル1~3まであります。インターネットサーバーの50%以上がLinuxベースで動作しているため、ネットワークエンジニアとして役に立つ資格です。
  • シスコ技術者認定-プロフェッショナル(CCNP)
    Cisco Certified Network Profesionalの略で、シスコ技術者認定の中級クラス資格。

上級者向けの資格

  • ネットワークスペシャリスト試験
    経済産業省が主催する国家試験「情報処理技術者試験」の1つで合格率15%程度と比較的難易度が高い。ネットワークシステムを企画・要件定義・開発・運用・保守する業務に従事し、下位者を指導するレベルの資格です。
  • 情報セキュリティスペシャリスト試験
    経済産業省が主催する国家試験「情報処理技術者試験」の1つで、サイバーセキュリティに関する専門的な知識・技能です。
    インフラ全体を設計・構築する際に、セキュリティは今まで以上に重要になってきており、ネットワークコンサルタントやセキュリティエンジニアとしてキャリアアップするのに役立つ資格です。
  • シスコ技術者認定-エキスパート(CCIE)
    Cisco Certified Network Expertの略で、シスコ技術者認定の上級クラス資格です。

ネットワークエンジニアに向いている人

  1. 向上心のある人
    業界の進歩が非常に早いIT業界なので、スキルアップを常に考えれる人
  2. じっくり考え、論理的な発想が得意な人
    場当たり的な物事の解決ではより大きな問題が発生しかねないのがシステムです。
  3. 作業を常に先読みしながら出来る人
  4. 一つの作業に関して問われた時にきちんと理由を説明できる人
    (例:configの設定について単に作業している時でも、何故こうなのか人から問われた時にきちんと説明できる)
  5. 曖昧にしない人
    (問題が発生した時に原因と責任の所在を明確にできる。次回のリカバリをしっかり勘案して反映する)
  6. 答えを常に出そうとする気構えのある人
    (再現性の無い事象が稀にあるが、障害や問題に常に敏感である事はこの仕事に必須と言えます)
  7. 探究心のある人
    (例:コマンド一つでもオプション、パラメータ、IOSなどのバージョンアップでソフトウエアの適用範囲が常に拡張されていきます。常に最新を理解しておく必要があります。)
  8. 物事を複雑でなくシンプルに考えられる人
  9. 守秘義務をしっかり履行できる人
    ネットワークやサーバーには機密性のある情報が大量に入っています。

ネットワークエンジニアに向いていない人

  1. なんとなく作業している人
    (どの仕事にも当てはまりますが、成長しません)
  2. マニュアルを見ない人
    (基本を理解しないと、指示されたことしかできない人になっていきます)
  3. 場当たり的な人
    (物事の次を見ません。とりあえずこうしておこう。とりあえずが多くなり結局進歩がありません)
  4. 障害や問題から目を背け忘れようとする人
    (障害・問題はこの仕事は避けて通ることができません。いかにして減らしていくかは最も必要ではありますが、逆にこれを経験していくことで成長の肥やしになります。私も数知れぬ障害を克服してきました。)
  5. 現状で満足する人
    (ある程度知識がつき一人で作業できるようになってくると、変な自信が生まれ勘違いをするエンジニアが稀にいます。スキルの高い案件に果敢に挑まず自分にできる範囲で自己満足します)
  6. 問題を常に他人のせいにしようとする人
    (障害の際には責任の範囲を明確にしますが、自分を常に正当化しようとする傾向のある人は摩擦が生じやすく成長できません)