ネットワークエンジニア職に35歳転職限界説はあるのか


ネットワークエンジニアとして働いている34歳です。ITエンジニアは特に、35歳以上の転職が難しいと言われますが、35歳転職限界説って実際にあるのでしょうか?

本記事はそんな疑問に答えます。

転職35歳限界説、IT業界にいるとよく聞く言葉です。転職で給与が上がるかどうかのラインは「35歳」で、それ以上年齢が上がると、転職によって給料が下がる確率が高くなる、ということです。

ネットワークエンジニアという職種にもこの説は当てはまるのでしょうか。

ネットワークエンジニアとして38歳と45歳で転職を経験した筆者の経験も踏まえてまとめました。

35歳転職限界説はもはや時代遅れ

35歳転職限界説はもはや時代遅れ

結論から言うと、ネットワークエンジニア職に35歳転職限界説はもはや当てはまりません。

筆者自身が勤務してきた会社でも35歳をこえて転職してくる社員に何人にも会いました。

35歳転職限界説はもはや時代遅れといっても過言ではないでしょう。

その背景は大きく下記の2点があげられます。

  • 労働人口減少
  • 職務に見合う能力のある人を採用するジョブ型採用の導入

35歳転職限界説などと言って働き盛りの世代の採用を見送っている場合ではないのが実状です。実際のところ、大手転職エージェントでは、40代の転職求人も2017年からかなり増えてきているそうです。

特に団塊の世代の大量退職が始まってから5年経った今、日本企業の労働力不足は深刻な問題になっています。

2020年問題と呼ばれる、この日本市場での人材不足問題はITエンジニア業界でも叫ばれています。

IT化という言葉も使い古され、今やほとんどの企業でITエンジニアが必要とされています。IoTやクラウド化によってネットワークとインフラの重要性も上がりつづけ、ネットワークエンジニアの需要も伸びています。

また、2013年6月に閣議決定された成長戦略「日本再興戦略―JAPAN is BACK―」の雇用制度改革でジョブ型採用を積極的に推進していくことになりました。

就「職」ではなく就「社」と言われてきた日本型のジェネラリスト採用ではなく、職務を明確に規定した欧米型のスペシャリスト採用に変わっていくということです。

ITエンジニアのような専門職の人が、他社に転職をするのが今まで以上に容易になっていくことを意味します。

転職エージェントに登録をすると分かりますが、35歳以上の求人情報も沢山あります。

2020年代では40代の転職求人もかなり一般化すると予想されています。

35歳以上の転職でも年収アップ出来る可能性が高い

下記データは厚生労働省が2015年に行った調査で、年齢別の転職前後での年収の増減をまとめたものです。

転職で収入が増えた転職で収入が減少した
15~19歳66.4%0.1%
20~24歳43.6%24.0%
25~29歳47.1%31.5%
30~34歳44.4%32.9%
35~39歳43.3%33.1%
40~44歳43.7%33.0%
45~49歳36.2%39.3%
50~54歳33.9%46.6%
55~59歳28.4%45.9%
60~64歳18.4%59.9%
65歳以上29.2%52.9%

出典:「性・年齢階級・事業所規模・現在の勤め先の就業形態、転職による労働条件(賃金)の変化別転職者割合」(厚生労働省、2015年)

確かに、若い人ほど転職で年収が上る人が多く、年齢が上がるほど転職で年収が下がる恐れがあることが分かります。

例えば20-24歳では、転職によって収入が「増加」した人は43.6%いて、一方「減少」した人は24%となっています。約23%は転職によって年収は変わらなかったようです。

ただし、統計上では35~39歳で転職をして年収が増えた人は43.3%もいるということです。

このデータは全職種での平均ですので、需要の高いネットワークエンジニア職であれば、さらに高い可能性があると予想されます。

30代後半からの転職でネットワークエンジニアが心がけること

30代後半からの転職でネットワークエンジニアが心がけること

どのポジションでどのようなスキルや経験が求められているか、入念に調査し、自分の経験実績にあう会社の求人に応募をすると30代後半からの転職も成功するでしょう。その際には、転職エージェントで良いキャリアアドバイザーに出会うことが大きな助けになります。

転職する年齢が20代と30代では企業側が転職者に求める内容ももちろん違ってきます。

「35歳以上のネットワークエンジニア転職は、20代よりも不利なのか?」の問いには、筆者の経験や周りのネットワークエンジニアを見ていると、全く問題ないと思います。

筆者自身、38歳と45歳で転職をしましたが、本当に良かったと感じてます。

筆者の場合は、35歳までに下記のような業務を経験してきました。

  • 20代前半にネットワーク運用・監視・保守の業務
  • 20代後半からネットワーク構築の業務を経験し
  • 30代前半に中規模、大規模系のネットワーク設計

これらの経験を活かして、38歳で外資系Sier企業へ転職、45歳でITエンジニア養成校の講師への転職が容易にすることができました。

筆者が30代後半で転職をしたのは、10年弱昔なので、今はもっと転職しやすくなっているはずです。

あなたは転職の後、何をしていきたいでしょうか?

技術を更に磨きネットワークエンジニアとしての価値を深めたいのか?あるいはPM的な立場でプロジェクトの運営に携わり、その後ITコンサル系でお客様への提案をメインにしていきたいのか?

転職後のキャリアについてよく考える必要があります。採用側もこれまでの経験をベースに応募者が自分の会社で何をしてくれるのかを期待します。

面接の際に、あなたの考えるキャリアプランを示す必要があります。

30代後半のネットワークエンジニアに企業が期待すること

35歳以上で応募する際は、リーダー以上のポジションで、社内の若いメンバーの面倒を見つつ、主体的に即戦力として動ける人物を確保したいと期待されることが多いでしょう。

私もネットワークエンジニア採用の面接官をした経験がありますので、やはりその観点で接しました。

何故この会社なのか?何故今、この時期なのか?この会社でどういうふうに自分を表現したいのか?5年先、10年先の自分のビジョンを語ってみてくださいなど、一般的ではありますが、これらの質問に的確に自分を表現できる必要があります。

またリーダー以上のポジションが期待されているとはいえ、前述の通りITエンジニア不足が深刻な現状では、スキルや経験が不足している場合でも、ビジョンがしっかりしていれば転職をするチャンスも多々あります。

30代後半のネットワークエンジニアでも転職にビビる必要はない

30代後半でも転職にビビる必要はない

確かに筆者自身38歳で転職した際は、当初かなりの不安がありました。ある種、賭けのような気持ちもありました。

結果として採用されたものの、職場の仲間とうまくやっていけるか、新しい上司とうまく折り合いがつくか、同僚はどんな性格の人なんだろう、自分のスキルがどの程度通用するのか、毎日、不安との戦いでした。

以前の職場の慣れ親しんだ仲間も一切いませんし、転職直後は企業も自分を試している所もありますので心理的に不安な部分がかなりありました。

しかし、振り返ってみると、もし馴れ合いの関係でダラダラ仕事をしていたら今の自分はなかったと思います。

結局は、自分が楽だと感じる現状から脱皮してチャレンジをしないと、より理想に近い環境には近づけないと強く感じます。

私の場合は、ネットワークエンジニアとして30代中盤まで、国内ベンダーでの案件がメインでした。

ネットワークエンジニアの職種についてもっと広い視野を身につけたいと願い、それまでの経歴を活かして私は38歳から外資系のSierの案件に転職をしました。

転職後はシンガポールや米国、中国など様々な国籍のネットワークエンジニアと接しなければなりませんでした。

英語の会議も不安でした。メールや会議などスムーズに行えるよう会社の通勤の際は、毎日英会話のCDを聴き耳を慣らしたのを覚えてます。

そして、40代になって体力的にも衰えてきたので、今までの経験を活かしてITエンジニア養成校で講師をするという比較的ゆったりとした毎日を過ごすようになりました。

今振り返るとどの経験も財産になってます。

おかげで、またいつでも現場に戻ってプロジェクトを遂行する形で稼ぐことも出来ますし、フリーランスとして独立して稼ぐことも可能です。

転職をして新しい門戸を開かなければどれも得られない経験だったと思います。

覚えてできたものにいつまでも執着したり振りかえっていては前進できません。常に自分の無いものを求め身に着けていくことに貪欲であることが、価値を保ち続けることではないかと思います。