社内SE・情シスの仕事が辛い、辞めたい人へ。悩みを解決するには

仕事が辛い、ついていけない、辞めたいと悩む社内SE・社内情報システム部の方も多くいらっしゃるのが実状です。

ここでは、社内SEが仕事で悩むパータンと悩むを解消する考え方について、社内SE歴8年の著者が解説していきます。

社内SEが仕事で悩むパターン

ヘルプデスク業務が多い

本来の業務と関係ない仕事が多いことです。システムの開発やネットワークのテスト仕様書などの作成をしていても、ヘルプデスクの仕事が入ってきます。

ウィルスに感染したかもやPCの調子が悪いなどの問い合わせならば対応する必要があると思います。しかし、少しネットで調べればわかるWordやExcelの操作方法を聞かれたり、スマホの使用方法などを聞かれたりします。

その場合はお断りすることが多いですが、個人的な社内の力関係でお断りできない場合があります。業務と関係ない話を延々とされると自分が何の仕事をしていたかも忘れ、本来の業務に集中しなおすのに時間がかかります。

上司に理解されない

人間関係にも悩まされます。上司がITに詳しい人ならば良いのですが、会社も組織ですから、システムもPCも知らない人が異動で上司になることは珍しありません。

そのためにシステム部門の仕事はわからないのでしないけど、残業かかる費用やシステム構築にかかる費用については口を出してきて、システムなどの構築が認められずに断念することもあります。

仕事内容がわからない、ついていけない

仕事の内容がわからず、ついていけないこともあります。今まで自分がしてきた仕事以外の仕事も多いのも社内SEの特徴です。

ネットワークの設計やネットワークのテストなどをやったことのないアプリケーション開発のSEだった人でも、仕事ですからネットワーク関係の仕事もしなくなてはいけません。各分野によって、専門用語も微妙に違ったりするので、覚える必要があります。

ですので、仕事をしながら覚える必要があります。内容がわからないまま、作業するとシステムやネットワーク全体が止まってしまって、クレームどころの騒ぎではなくなります。

それを復旧するのにも時間と労力がかかり、下手をすると責任を取って退職ということにもなりかねません。

評価されにくい

システム部門は間接部門です。目に見えて売り上げが上がったり、利益を生んだりする部門ではありません。そのために業務改善のシステムを構築しても、目に見えないので、上層部には評価されにくいです。

上司に理解があったとしても、何をどのくらいの仕事をしてどのくらいの成果があったかなど定量的に仕事を量れないので、経営層には、費用がかかるだけの部署だと思われている場合もあります。

自分の職務の範囲がわかりにくい

企業によって、任される職務の範囲が異なることが多いです。

また、周囲からあれもこれもと言われて、仕事は増えていきますが、どこまでが自分の仕事の範囲でそうでないかの境がわかりずらいく、断ることが難しいこともあります。

範囲外の仕事をしていると上司に注意され、板場ばさみになり辛くなります。

仕事についていけない社内SEはどんなことを勉強すべき?

自己理解をする必要があります。どんなことが分からなくて仕事についていけないのかによるはずです。基本的なIT用語も分からない場合は、ITの基礎を勉強して底上げをする必要があります。また、使用しているサーバなどの特定のOSが分からない場合などは、そのOSの勉強をする必要があります。

何がなんだかわからないが、わからない場合は、自分の業務を覚えます。まずは、使用しているシステムは何なのか、使用しているPCは何なのか、使用しているサーバは何なのか、使用しているネットワークは何なのか、全てをいっぺんに理解する必要はないです。

1つずつ理解して行き、ある程度理解すると次の疑問を解消していきます。そういった理解の積み重ねが大事です。

また、システム部門内にかかってくる電話にとることも必要だと思います。どんなことで問い合わせがあるのか、どんな取引先とどんな取引をしているかがなんとなくわかるようになります。

社内SE職で転職して、悩みを解決する方法

現職で何が辛いのかをキチンと把握して転職しないといけないです。自分が得意な分野が活かせないと感じているのならば、自分が得意とする分野のシステムやサーバ、PCを使用している会社に転職するのが良いです。

人間関係が問題ならば、希望する転職先の方に話を聞いたり、可能ならば職場見学などをしてみると職場の雰囲気などがわかると思います。ヘルプデスクの業務が辛いのならば、ヘルプデスクは別に人材を用意している会社かどうかなど、いろいろと聞いてみることをお勧めします。

入ってみて思っていた会社と違うというのが辛いかと思います。

いずれにしても、どうして辛いのかを分析して、自分が得意な分野を使用している会社に転職することも検討してみてもいいでしょう。

社内SEのキャリアを活かして他の職種に転職する方法

現在は、どの会社も業務システムを使用し、日常業務でPCを使用していると思います。

システムに詳しいということは、システム関連の営業などもに活かせると思います。通常の営業の方ではわからないシステムの深い所を提案できるはずです。

サポートデスク対応をしていた経験でのコミュニケーションも役に立つと思います。ITのことがわからない人に噛み砕いて説明をすとこができます。

また、原因を突き止めて、解決するという能力も社内SE時代には培われているはずです。

事務としてもPCには詳しいと事務作業がはかどります。また、社内にPCに詳しい人がいない場合は、ちょっとしたトラブルも解決できるので、重宝されます。