社内SE(社内システムエンジニア)の仕事内容とやりがい、年収相場、必要スキル

社内SE職・社内の情報システム部で働く方の具体的な仕事内容や年収相場、必要スキル、向いている人・向いていない人などを解説していきます。

社内SEの主な仕事内容

社内システムエンジニアの仕事には大きく分けて4つがあります。

  1. ITの中長期化計画を立案・実行
  2. 社内PC・システムのサポートセンター
  3. 社内システムの導入・更新・保守管理
  4. 社内ネットワークの導入・更新・保守管理

それぞれ1つずつ解説していきましょう。

①ITの中長期化計画を立案・実行

社内のIT化をITにみならず経営的な観点からどのようどのくらいの期間に進めていくか、内容や、金額、期限、将来的拡張性など様々な視点からを計画立案し、社内の承認を得て計画を実行します。

社内での会議や上層部の許可を得て、承認された計画に基づき、実行していきます。長期的な計画の指針は頻繁に変更しませんが、計画を進めていくうちに軌道修正や内容の刷新などが必要になってきます。

楽しいところ、やりがい

長期的な社内のIT化計画を立てることができます。

社内SE職のミッションは、社内で利用するシステムを導入・改善することで会社全体の仕事の効率や知識の蓄積などを向上させていくことです。

各部署の業務上の課題点や非効率性を見極め、様々な仕事のフローが効率化していくことを考える必要もありますので、会社全体の業務フローや事象の因果関係を俯瞰して理解することも必要で、経営的な視点も入ることからコンサルティング的業務を学ぶことができます。

社内のあらゆるシステムを作っているという実感を持つことができます。

大変なところ、辛いところ

計画内容の立てるにあたり、文書能力が必要になってきます。

社内にはITを知っている人ばかりいるわけではないので、何を書いてあるか分からない文書では、上層部の許可を得られません。ITに疎い経営者の場合は説明能力も必要になります。

必要な計画を盛り込んでいるのに経営陣にうまく説明ができないばっかりにお蔵入りになったり、遅延になったりします。

また、計画立案をする場合は、社内にあるあらゆるIT機器を洗い出しし、保守期限やライセンス切れなどを考慮しつつ、新しいIT技術を盛り込むなど、IT知識と設計力が必要になります。

また導入するシステムによって影響がでる範囲などを見誤った計画やシステム要件を立てたりすると、導入してから社内に混乱が生じて逆に業務が非効率になる可能性もある責任のある職務です。

必要なスキル、あると良いスキル

  • IT知識と基本設計力のあるシステム上流工程の経験
  • 経営的観点を取り入れたコンサルティング力
  • 計画立案を可能にする企画力
  • 分かりやすく端的な文書能力
  • 経営陣へのプレゼンテーション能力
  • 実際立てたスケジュールを実行する実行力

②社内PC・システムのサポートセンター

社内PCの導入からサポートまでを行う仕事です。

社内で使用するPCの選定作業に始まり、導入、導入後の使用方法、障害時の対応、セキュリティ対策などPCに関する様々なサポートを行います。

サポート先は主に各部署の使用ユーザになります。職員にPCに関する知識やセキュリティ意識の向上などの啓蒙活動を行います。

楽しいところ、やりがい

新しいPCの導入ができたり、問題が発生した場合の解決方法を発見できたりすると解決できてよかったと、ほっとするし、楽しいです。

困ったときにサポートするので、解決した場合は、社内の人からの「ありがとう、助かった」と言われるので、やりがいがあります。

大変なところ、辛いところ

システム課のことをパソコンの何でも知っていて答えてくれる課だと勘違いしている人がいます。周囲の人やグーグルで少し調べればわかるようなWordやExcelのことを聞いてきたりします。

何かあればすぐに連絡をもらえる人もいますが、逆に故障するまで、連絡をしてこない方もいます。不調時に、連絡をいただければ、PC内のデータを救うことも可能ですが、故障するまで連絡をいただけない方のデータを救うことができません。

セキュリティ意識の低いの低い職員がいて、PCに感染することがあり、復旧するのが大変なことがあります。何度も不審なメールの添付ファイルを開かないように警告しているにも関わらず、何度かウィルス感染することもあります。

必要なスキル、あると良いスキル

どのような状態になっているかを聞くことができ、相手に解決策を伝えることができるコミュニケーションの能力PCの基本的操作、社内PCのOSに関する知識が必要です。

トラブル対応に冷静に対応できる能力も必要でしょう。

③社内サーバ・システムの導入・更新・保守管理

更新時は、機器の選定から機器の発注、OS・システムのインストール、ソフトとハードの保守作業までを行います。

新規導入は何らかの事情で新しいサーバが必要になった場合で、更新はサーバ機器の保守切れに伴う場合が多いです。

日々の保守作業としては、サーバにセキュリティパッチが公開された場合のセキュリティパッチの更新をします。

その他には、サーバに対する外部からのセキュリティ対策、システム故障時の外注システム会社への連絡、ハード故障時の入れ替え作業、故障時の社内通知など多岐に渡ります。

楽しいところ、やりがい

どのようなシステムを導入する際にどのようなサーバが必要になり、どういったアプリケーションをインストールする必要があるかなどの勉強になります。

例えば、Webサーバを構築する際はApacheやIISが必要になるとか、Webサーバにはサーバ証明書が必要だどかの知識を実践で得ることができます。

多様なシステムを構築する場合は多様なサーバを構築する必要があるので、Windows、Linuxなど様々なサーバに対しての知識が豊富になります。新しい機器やシステムなど新しい技術に触れることができます。

大変なところ、辛いところ

機器導入時の社内の稟議書の決済をもらう際に前もって根回しなどをする必要があります。根回しをしていないと聞いていないと怒る方がいて、決済をもらうのに時間がかかります。社内調整と外注システム会社との折衝が必要になります。

導入したサーバが何度もハード障害を起こしたりすると何度も交換や作業が必要になり、その場合が、精神的にもつらくなります。

セキュリティパッチがソースコードの場合はソースコンパイルが必要になり、うまくインストールできないことがあります。そのインストールできない原因を調べたり、正常にインストールできるようになるために時間がかかったりします。

他部署で必要だと思われるシステムを他部署の人が決めて、その後に丸投げをしてきて、導入自体は他部署が決めるけど、実作業はシステム課にお任せの人が多いです。

必要なスキル、あると良いスキル

  • サーバー、データベース全般の基礎知識
  • サーバーのセキュリティパッチの更新方法
  • サーバーの監視・運用技術
  • 外注の場合、外注システム会社との折衝・ディレクション能力

④社内ネットワークの導入・更新・保守管理

社内ネットワークシステムの設計・構築・監視・運用まで行います。
設計・構築は外注にお任せすることがありますが、設計の決定はする必要があります。

何のネットワークをどのようにするかを知っておく必要があります。構築後は正しい通信ができているかの通信テストを行う必要があります。

ネットワークを常に監視しており、不自然なトラフィックなどがある場合は、原因を調査します。

楽しいところ、やりがい

社内のネットワークがどのようになっているかわかります。

設計時に思い描いていた通信が構築後に通信可能になった場合はやりがいを感じます。

また、以前は不便だったネットワークが改善されると他部署の方に「ありがとう」と言われるので、やりがいを感じます。

大変なところ、辛いところ

ネットワークを止めるために、業務時間外での作業が必須になります。下手をすると深夜、早朝になってしまいます。

ネットワークに障害があった場合、どこ部分がボトルネックとなって、異常な状態になっているかわかりにくい。最悪の場合、ネットワーク全部が止まってしまう。

社内のネットワークは24時間動いているところもあるので、24時間監視しており、致命的な不具合があると時間に係わらず対応する必要があります。

監視していて大量のパケットが流れるなどの不自然なトラフィックが発生した場合は、調査することがあります。しかし、調査中に収束する場合などがあり、その場合は、新たに発生しないと追跡調査できない場合があり、原因が不明なことも多いです。

必要なスキル、あると良いスキル

  • ネットワークの基礎知識。
  • HUBなど導入しているネットワーク機器の知識
  • 不正アクセスの防止などのセキュリティ対策の知識
  • 設計した外注、実際に工事をする外注、社内とのやり取りなど幅広いコミュニケーション能力

社内SEの年収相場について

以下の表は、大手転職支援サイトが作成した、職種別の年収ランキングの一部です。すべてを掲載できないので、社内SE種を抜き出しました。

[業種別平均年収ランキング(全316職種)]

順位職種平均年収
1システムアナリスト1,100万円
2システムエンジニア964万円
3コンサルタント(経営戦略)915万円
163社内システム開発・運用525万円
197社内情報化戦略・推進482万円
315パタンナー・縫製300万円
315その他保育関連職300万円

調査対象:2016年4月1日〜2017年3月31日の期間中にマイナビ転職に掲載された求人の「モデル年収例」から平均値を算出
出典:「2017年版 職種別 モデル年収平均ランキング」(マイナビ)

社内システムエンジニアの平均給与は、社内システム開発・運用で525万円、社内情報化戦略・推進で482万円となっております。

上記調査によると、80%以上の職種の平均給与は400〜500万円の範囲内なので、社内SEの年収は平均程度と言えるでしょう。

もちろんこれは平均であり、前述したような会社内全体のITシステムの戦略・実行といった難易度の高い上流工程の仕事になると、一気に年収アップする方も多いようです。

SEと社内SEの仕事の違い

開発系SEは、お客様の要件定義に従って、納期を守って納品するということで終了でした。保守契約をしているお客様には保守作業を行いますが、納品したらお客様のシステムということになり、そこで開発作業自体は終了になります。

社内SEで外注を使う場合は、このお客様の立場になります。システム会社に要件定義を出し、納品してもらいます。納品してもらうまでも一仕事ですが、その後からユーザの立場にもなります。納期を社内の都合で決められるし、客先に行く必要もありません。システムの改修のお金などがない場合は、社内で内製する場合もあります。

社内SEの方が楽な点は自分で開発することが少なくなることと、工数に追われることがなくなることです。開発スケジュールに追われていた日々がなくなります。

また、開発毎に工数が決まっていて、その範囲内での開発が必須だったのが、工数によるコスト管理がなくなります。いろいろな外注から提案があり、新しい技術を知ることができます。

一方で、社内SEの方が辛くなることは、会社によってITを理解してくれる上司が少なくなることです。何かあれば、自分はITには疎いのでいって逃げる上司も多いです。社内に同様のSEがいる場合は話し合いや助け合ったりできますが、いない場合は自分だけがたよりになって辛くなります。

待遇面は会社によって異なりますが、SEから社内SEに転職すると残業時間・残業代は減るケースがほとんどでしょう。社内SEは、社内の規定により他部署と同様の残業規定になります。他部署より、多く残業すると人事から苦言を呈されます。