年収が低い30代社内SEの人は必見。社内SEのキャリアアップ方法

30代の社内SE職/情報システム部社員ともなると数年から10年以上のキャリアを積んでいることになりますので、社内での評価が定着しつつある年代になります。

そんな30代社内SE職で年収がなかなか上がらない人の特徴を紹介すると同時に、評価を変えて年収を上げていくための方法についてご紹介します。

社内SEで評価されない人の特徴

システム部門にしか目を向けていない人です。システム部門に事情があるように、他部署にも様々な事情があります。それを無視して、システム部門だけの理論を持ち出すと他部署から反感を買います。自分だけが正しいと思っていると、他部署からの反感だけではなく、経営陣からも反感を買うと自分自身も評価されないですし、システム部門も評価されなくなります。

コミュニケーション能力が低く、人当たりが良くない人です。社内SEは他部署の人とのやり取りが必ず必要になります。システムを導入する際にもどんなシステムでどういった要件が必要なのか、どんなサーバが必要なのかの話を詰める必要があります。他部署の方は必ずしもITに詳しいいとは限りません。

その人たちに話をして、理解してもらい、同意をもらうためにはわかりやすい言葉にして、伝える能力が必要です。また、相手の言いたいことを読み取る力も必要になります。相互理解をする必要があるのですが、コミュニケーション能力が低い人はうまくいきません。

他部署にいっても難しい専門用語を並べて、「それぐらいの用語がわからないのはあなたの能力不足です。」というような態度をして、システムの導入がうまくできるわけがありません。酷いと他部署との関係が悪化します。

また、ヘルプデスクの仕事をしていてて、やり取りをする場合も同様です。これが、同僚だけならばそう評価が悪くなることはありません。しかし、経営陣などとのやり取りすることあります。同僚と同じようなやり取りをしていると相手に伝わらず、相手の言いたいことも分からない人は評価されません。

業務や技術的なことを理解していない人も評価されません。業務を理解していないということは業務の流れや特徴なども知らず、問題点や解決策を提示できないはずです。

社内SEの仕事の中には全社を見渡した上で、ITによって問題解決できることを提示できるのも大きな役割の一つです。すべての業務を理解する必要も時間もないのですが、ある程度の業務フローなどを理解する必要があります。

業務フローを作成してもフロー事態が理解できない人もいます。システム部門内で、そういう人は評価がされにくいです。

社内SEの年収を増やすためのステップ、スキル、資格、経験

社内で資格奨励をしている場合で、資格を取ると資格奨励金がもらえます。また資格手当てのある会社だと月々の給与にも手当てが付き給与がアップする場合もあります。そうった資格奨励対象の資格だとやる気も出てくるし、どの資格にするかあまり悩む必要もなくスキルアップできると思います。

また、転職する気がなくても他の会社に転職しても役に立つ資格を調べて取得する勉強になります。システム部門に金銭的な余裕があり、予算があれば、IT関係の会社がしている研修やセミナーを受けることもスキルアップにつながります。社内での勉強会などは難しいかもしれませんが、社内のITスキルアップやITリテラシーを高めるために勉強会を開催することにより、自分自身の勉強、スキルアップになり、ひいては社内のスキルアップにもなります。

また、そう言った勉強会は社内の啓蒙活動だけでなく、自身の評価にもつながります。

社内での年収を増やすためには、上司や人事に認められないといけません。そのためには、雑用的な仕事を主要な業務にして評価につなげることも重要です。例えば、ヘルプデスクのよう仕事をただ、こなしているだけではもったいないです。

ヘルプデスクやトラブルの内容の記録を5W1Hを忘れずに残します。対応内容をマニュアル化したり、社内のグループウェアなどにFAQとして残します。似たような事例が発生した場合、これを見て対応してくださいということができます。また、ヘルプデスクやマニュアル化などの記録、対応時間などをまとめ、上司に提出します。

このようなことを積み重ねて、行き周りの信頼を得て、自分の存在意義を高めることが重要です。

社内での評価基準を確認する必要もあります。社内での業務目標は何なのかそのためにシステム部門で自分ができることは何なのかを上司にヒアリングしてスキルアップの項目を洗い出しする必要があります。

その項目に従って、スキルアップをしてったり、業務目標を達成して社内での評価を上げることができます。

社内SEのとるべき資格は、その会社で必要とされている資格をまず第一にとることをお勧めします。

会社で使用しているデータベースがオラクル(Oracle)の場合は、オラクルマスターの資格を取るのをお勧めします。オラクルは日本でもトップシェアを誇るデータベース製品で、多くの会社で通用するために評価されやすい資格です。

オラクルマスターはオラクル製品に関する知識の技術者を認定をする制度です。他には、使用しているサーバのOSがLinuxの場合は、Linux技術者認定試験(LPIC)があります。LPICは、Linuxの技術を証明するための資格試験です。世界で展開されてる資格で、世界共通の基準でスキルを認定されます。直接業務にも関係があるので、上司からの評価も得られるはずです。

それ以外の資格では、他の企業でも通用する資格を取ることをお勧めします。

例えば、ネットワークの運用や管理の仕事に携わるならば、シスコ技術認定が他の会社でも評価される資格です。

シスコ技術認定は、実力やレベルに合わせて様々ですが、ルーティングの基礎知識からアーキテクトレベルという大規模なネットワークトラブルをサポートできる知識を周囲に示すことができます。社内SEは安定のある職業だとしても、いつ会社がなくなるかわかりませんし、情勢が変化して転職を余技なくされる場合もあると思います。

その場合は、転職でも有利なように他の企業でも評価の高い資格を取ることをお勧めします。