[30代転職]人事の転職に35歳転職限界説はあるのか

人事

人事
30代で転職をしたいけど、35歳転職限界説ってあるように35歳が転職ラストチャンスなのかな?人事の転職にも当てはまるの?

本記事はそんな疑問に答えます。

日本では「35歳までが転職できるチャンス」と言われ続けてきました。

35歳を超えた転職は収入や地位の条件が現状よりも悪くなる可能性が高く、転職求人もかなり少なくなるといういわゆる「35歳転職限界説」

この説を信じて、35歳になる前に転職をしようとする人、または35歳をすぎてしまったからと、会社に疑問をもちながらも我慢して勤務し続ける人も数多くいるはずです。

では実際35歳を過ぎたらキャリアアップとしての転職は無理なのでしょうか。また人事にも35歳転職限界説はあてはまるのでしょうか。

35歳転職限界説はもはや時代遅れ

35歳転職限界説はもはや時代遅れ

結論から言うと、人事職に35歳転職限界説はもはや当てはまりません。

これは人事部で中途採用業務を行ってきた人事の人なら実感があることでしょう。

筆者も35歳をすぎて2回人事として転職し収入も地位もあがった実績があります。そして勤務してきた会社でも40歳をこえて転職してくる社員に何人にも会いました。

35歳転職限界説はもはや時代遅れといっても過言ではないでしょう。

その背景は大きく下記の2点があげられます。

  • 労働人口減少
  • 職務に見合う能力のある人を採用するジョブ型採用の導入

特に2012年問題と言われる団塊の世代の大量退職が始まってから5年経った今、日本企業の労働力不足は深刻な問題になっています。

35歳転職限界説などと言って働き盛りの世代の採用を見送っている場合ではないのが実状です。実際のところ、大手転職エージェントでは、40代の転職求人も2017年からかなり増えてきています。

また、2013年6月に閣議決定された成長戦略「日本再興戦略―JAPAN is BACK―」の雇用制度改革でジョブ型採用を積極的に推進していくことになりました。

就「職」ではなく就「社」と言われてきた日本型のジェネラリスト採用ではなく、職務を明確に規定した欧米型のスペシャリスト採用に変わっていくということです。

人事職のような専門職の人が、他社の人事職に転職をするのが今まで以上に容易になっていくことを意味します。会社が人事の職務の求人を出しているということは、やらなくてはならない課題とそれをできる能力と経験がある人を求めているということです。

 

つまり、キャリアを積んできた人事職の人にとっては、35歳で転職求人が減少することは無く、むしろこれから増えていきます。

人事職の年代別に求められる能力と経験

それでは人事として年代別に求められている能力と経験とはどのようなものでしょう。

  • 20代
    やる気と謙虚さフットワークの軽さもとめられています。即戦力というよりはむしろ将来性をもとめています。
    給与計算や採用活動といった労務・採用関連の業務を任されるケースが多いでしょう。
  • 30代
    即戦力をもとめ、管理職もしくは管理職候補として採用となります。リーダーとしての経験や人を育て導いていく能力も少しずつ求められます。
    人事部のリーダー・サブリーダーとして、労務・採用・研修などを取りまとめるようになります。
  • 40代
    即戦力と部下の仕事を管理する能力、部下を育てる能力が求められます。そのため専門知識と管理職経験は必要です。
    部門全体の管理や、人員計画、人事制度改革などより経営に近いレベルでの業務を行うようになるでしょう。

 

どのポジションでどのようなスキルや経験が求められているか、入念に調査し、自分の経験実績にあう会社の求人に応募をすると30代後半からの転職も成功するでしょう。

35歳を過ぎてからの転職のメリット・デメリット

35歳を過ぎてからの転職のメリット・デメリットを考えてみましょう。

メリット

  • 即戦力がもとめられるので、最初から地位が高い。
  • 今までのキャリアを活かして、やりたい仕事に集中できる
  • 人間関係を最初から構築できる
  • 収入が増えるケースが多い

デメリット

  • 即戦力採用として結果を求められるプレッシャーがある
  • 上司の年齢が近い、もしくは年下である。
  • 仕事のやり方は自分でキャッチアップする姿勢が必要
  • そのため最初は労働時間がながくなる

上記は人事にかぎらず、35歳以上の転職者であればありうることです。

35歳以上の転職も当たり前の時代になりつつある

35歳以上の人事職も転職チャンスは沢山ある

時代的背景も伴い、今現在転職は当たり前のことになっています。

35歳をすぎてしまったからといって、転職をあきらめることは時代遅れになってきています。

ただし、気を付けなくてはならないのは、年収の良さにつられて今の会社を退職し、転職した先がブラック企業だった・・・ということです。

30代後半からの転職は、絶対に失敗したくありませんよね。

例えば

  • 過去の資料がなく仕事の進め方が分からない
  • 労働条件で言われた職務内容とは違う
  • 同僚が協力的ではない

など実際に入社してみないとわからないことはたくさんあります。

だからこそ、転職成功のコツとしてはハローワークは使わず、可能な限り転職エージェントを利用するようにしましょう。

転職エージェント経由であれば、基本的にブラック企業はほぼ無く、自分のやりたいことや経歴にマッチした求人を多数紹介してもらえるからです。

転職エージェントのキャリアコンサルタントに、その会社がなぜそのポジションの求人を出しているのか、何が課題となり何をしてほしいのかをヒアリングし、それに応じた能力や経験があればその求人に応募すればよいのです。

転職エージェントに登録をして、キャリアの可能性を把握する

転職エージェントに登録をして、キャリアの可能性を把握する

例え現在、転職を検討していない人でも、30代になったら定期的に自分の市場価値とキャリアの可能性を見つめ直すことをオススメします。

ビジネス市場の中で、自分が現在どういった位置にいるのかを客観的に把握することは、今後のキャリアプランの目標設定の指標や道しるべになるからです。

人材市場のプロである転職エージェントのキャリアアドバイザーと面談をすることで、自分の経歴や希望、キャリアプランを元に、自分の適正な年収や待遇、どんな会社で働くチャンスがあるのかなどを教えて貰えます。

転職業界1位リクルートエージェントの特徴と評判

転職自体を具体的に検討していなくても、大手の転職エージェントに無料登録をして面談をするだけで、様々なキャリアの選択肢が見えてきます。

最初の登録先としては業界No1で求人数と実績も日本一のリクルートエージェントをまず登録するといいでしょう。

セカンドオピニオンもあると良いので、実際に転職活動を開始する段階でさらに1〜2社に登録をして自分に合いそうなキャリアコンサルタントを選ぶ方法が鉄則です。

リクルートエージェント無料登録