外資系から日系企業への転職の難易度とメリット・デメリット

外資系企業に転職を検討されている方は「外資系企業に合わなかったらどうしよう」「一度外資系で働いたら日本企業にもう戻れないかもしれない」など悩まれている方もいるのではないでしょうか。

仕事の仕方や文化が違うということは大きなステップに感じられるかもしれません。

大きなステップであるがために、合わなければ戻れないのではという不安もあるでしょう。

今回は、日系企業と外資系企業2社での就業経験のある筆者の経験を踏まえて、そのような不安を感じてる方に外資系企業で得られることと、それがなぜ日本企業でも求められているかを紹介したいと思います。

外資系企業で働くことで得られること

外資系企業は多くの場合、少数先鋭部隊で働くことになるため、外資系企業では日系企業で働く場合と比較して、非常に多岐にわたる経験が得られます。

人が少ない分、1人が担当する業務や仕事の範囲は日本企業と比較すると広い場合が多いです。

一般的に、日本企業で一部の業務を行っていた人は、外資系企業では周辺範囲の業務も任されることや、プロジェクトの最初から最後までを見渡すこともあります。

もしくは同じ業務であっても、指示を受ける立場から、やり方を立案し遂行する立場になることもあります。

日本企業と外資系企業では業務自体が変わるのではなく、多くの場合は責任範囲が広がるため、もし外資系企業が嫌になって日本企業に戻ったとしても、確実に通用する視野の広さやスキルが得られます。

加えて、外資系企業の仕事の特徴には「ペースの速さ」があります。少数精鋭で対応する分、意思決定者は必然的に減りペースが上がり、仕事がドンドン進んでいきます。

文化的にも慎重に全てを分析・把握してから決断する日本企業に比べ、外資系企業はその準備に時間を費やすよりも早期決定・早期行動を重視しがちです。

この決定の仕方の違いにはもちろん慣れる必要がありますが、ペースの速い環境に慣れることは、いつか日本企業に戻りじっくりと仕事をすることになれば、かなり余裕をもって仕事ができるようになります。

周りの人よりも物事をスピード感を持って進め、結果を誰よりも早く出す力が身につくでしょう。

外資系企業で働くことで今後のキャリアにどう役に立つのか

広い責任範囲を持ち仕事を行うと、今後のキャリアには多くのメリットが生まれます。

業務の一部を担うだけでは見えない全体像を見る能力が身につきますし、これは日本企業に戻っても確実に活用できるスキルです。

基本的には外資系企業では起業家精神であったり、管理職的な考え方、つまり「より経営サイドに立った考え方」を常に求められます。

そういった外資系企業での文化に慣れておくと、日本企業に戻った際には、管理職でない方でも、すでに管理職である方も、より論理的かつ効果的に経営視点をもって仕事を回す事ができるため、評価されることも多いでしょう。

責任が多く、結果を重視する外資系企業から日本企業に戻ると、周りよりも出世しやすいことは想像できるかもしれません。

外資系企業から日系企業へ転職する際のデメリット

責任ある仕事を任され、結果を出すことに慣れることは日本企業の特に企業側からすると非常にポジティブなことです。

しかしながら、このように行動力を持ち仕事をバリバリと進めてきた環境から一転、日本企業に戻ると、周りの仕事ペースが遅いことや企業側の意思決定プロセスに対して不満を感じるかもしれません。

また、同僚達が外資系企業のやり方や進め方に賛同するわけではないので、上手く立ち回らないと社内で敵を作ってしまうことにもなるでしょう。

もう1点重要なポイントは、外資系企業から日本企業に戻った場合の給与、ポジション、昇給制度などの人事制度関連です。

まず給与についてですが、多くの場合は外資系企業は日本企業に比べ給与が高いことがあります。

これは少数先鋭や業務の責任が違うことにも関係しますが、例えば額面での差は日本企業では福利厚生やその他制度で補っているという事実もあります。

最近では日本企業も給与制度に柔軟性を持ち、即戦力となる中途採用を行うことが増えましたが、どうしても給与は下がる可能性が高いでしょう。

ポジションについては、外資系企業では管理職になるのが早かったり、スタートでもアシスタントマネージャーなどの役職がつく場合があります。

この点、日本企業はポジションが空いていないことが多いので、転職しても役職がつかなかったり、係長・課長・部長などの仕組みに戻り、あなたのスキルとポジションが連動しない場合があります。

昇給制度も外資系企業ではあまり見かけない昇給試験や一定の年齢制限などが日本企業では未だにある場合がありますので、その点事前に確認した方が良いでしょう。

外資系企業から日系企業へ転職する際のメリット

すでにお話した通り、外資系企業経験者が日系企業に転職した場合、多くの場合即戦力として採用されます。外資系企業で経験した仕事のスピードや結果重視に基づく論理的な決断力などを期待されるでしょう。

外資系企業は割と制度や仕組み、考え方やセオリーにおいて新しいものを取り入れる傾向にあります。これは例えば本社が全世界に導入するものもあり、もともと本国であった制度などが日本では新しかったりすることもあります。

こういったグローバルな経営における新しい仕組みや精度に外資系企業でできるだけ多く触れておけば、日本企業に転職をした場合でもある意味、風雲児のような存在になれるかもしれません。

日本企業は大きければ大きいほど歴史が長い場合もあり、どうしても変化や新しいやり方に抵抗があることがあります。

それを変えられる人は、非常に評価をされ脚光を浴びることになるでしょう。その期待に応えられれば、ご自身にとっても外資系企業から日本企業への転職において大きなプラスとなるかもしれません。

上記の理由をまとめますと、外資系企業から日本企業への転職はご自身の経験を活かすという意味では非常にポジティブなことです。

加えて、日本企業側としても即戦力となり、新しい考え方を持ち込める優秀な人材として捉われます。

このご自身と日本企業のニーズが合えば、ご想像いただけるとおり転職は難しくはありません。

日本企業から外資系企業に転職をする場合は外資系企業での即戦力となるため経歴やスキルを重視され難易度が割と高い場合がありますが、その逆はすでに外資系企業という環境で着実にスキルを身につけ日本企業が求める中途採用の人材となっているはずです。

どちらへの転職であろうと、ご自身のキャリアを念頭に置けば身につき学ぶことは多々ありますので、自信を持って両方を経験してさらなるキャリアアップを目指すのも良いかもしれません。