自動車ディーラーの仕事内容。やりがい、大変さ、向いている人

本記事では、自動車ディーラーの仕事内容、仕事のやりがい、向いている人についてまとめました。

自動車ディーラーの仕事内容、業務内容

まずディーラーとはなんなのかというと、特定の自動車メーカーの車を販売したり、メンテナンスを行ったりする店舗のこといいます。一般的にはそこで働いている人をカーディーラーと呼んでいます。カーディーラーというと、車を販売する営業職を思い浮かべると思いますが、ディーラーにも営業を担当する人と店舗の運営を担当する店舗マネージャーがいます。まずは、ディーラー営業の業務内容についてみていきましょう。

新規の自動車の販売

まずディーラー営業の最も大きな業務は車の販売をすることです。ショールームなどを備えた店舗の場合は、来店したお客様への対応というのは重要な業務になります。お客様の求める車の紹介や機能、値段の説明など、買いたくなるような説明をして販売に繋げることで、自身の評価アップにも繋がります。個人のお客様に対応することもありますし、こちらから大口のお客様や法人のお客様のもとに赴いて営業をすることもあります。

既存顧客への営業

こちらは、すでに車を購入してくれたお客様への営業になります。

具体的には、購入車のメンテナンスだったり、車の買い替えの要望を聞いて、新しい車の紹介をしたりします。車の定期点検や修理などの要望もありますので、それに対応するのも営業の重要な役割です。

展示車の清掃

展示車は自動車ディーラーのいわば顔ですから、キレイに保つことも重要です。そのため、展示車の清掃や店舗内の清掃なども行います。

電話応対や書類作成、納車手続き

カーディーラーは車に関係する保険会社や板金会社との連絡を取り合う必要がありますので、お客様が少ない平日の昼などには電話連絡や書類作成をすることになります。

また、新車購入の際の納車手続きも大切な仕事です。個人の購入者の場合は先方の時間に合わせるので、対応時間が夜になることも珍しくはありません。

車は高級な買い物ですので、顧客にしっかり満足してもらうためには、購入後も納車までにスムーズで気持ちのいい体験を提供することで、将来的な売上につながっていきます。

 

続いて、店舗マネージャーの仕事内容も見ていきましょう。

店舗の数値管理や行動管理

販売や整備など店舗全体の売り上げなどの数値管理は店舗マネージャーの重要な仕事になります。全体の進捗状況や部下がどのような案件を抱えているのか、お客様のことだけでなく店舗や社員全体に目を配るということは店舗マネージャーの大切な役割なんですよ。

行動計画の作成、割り当て

数値管理を通して、販売促進や販売目標数などの行動計画を立てる必要もあります。実際に立てた行動計画を、どの部下にどの程度割り振るのかということを考えるのも、店舗マネージャーの仕事になります。

自動車ディーラーの仕事の楽しさ、やりがい

お客様との信頼関係を築くことができる

自動車というものは決して安い買い物ではありません。

お客様は慎重に車選びをするという人が多いでしょう。そんなお客様の気持ちに寄り添って、より良い選択肢の提示、アドバイスなどをしていくことでお客様との間に信頼関係を結ぶことができるのは、とても大きな喜びになるのです。

なにかトラブルがあった時でも信頼関係があれば頼って任せてもらうこともできますし、「いつもありがとう」や「これからもあなたから買いたい」などと言われることもあるんです。

そのような信頼関係を結ぶことで、次のお客様の紹介などをしてもらえることもありますし、人と人との繋がりができて信頼してもらえるというのは、ディーラーのやりがいのひとつなんです。

成果が評価に繋がりやすい

カーディーラーは、毎月の販売台数や販売額などの数値目標が立てられていることが多いです。

その目標を達成するために、同じ営業同士でがんばっていくことはもちろんのこと、個人としての営業にも力を入れることになります。

営業は販売台数や売上などの成果が目に見えやすいので、毎月コンスタントに成果を上げ続ければ、昇給や昇進といったこともしやすいんです。

成果がわかりやすく、成果を上げた分だけ自分の給料や役職といったものに反映されるので、成長を感じやすいというのは大きなやりがいでしょう。

最新の車に深く携われる

カーディーラーを目指す人には、車が好きで車に関係する仕事をしたかったという人が多いんです。ですから、毎日大好きな車を見ながら仕事ができる、展示車などを磨いている時が幸せ、なんて人も少なくはありません。

大好きな車のことをお客様にもっとよく知ってもらうために説明したり、その良さを伝えられるということにやりがいや楽しさを見出すことができるというのも、ディーラーという仕事の楽しさでしょう。

自動車ディーラーの仕事で大変なこと、辛いこと

ノルマがきつい

成果が評価に繋がりやすいということはカーディーラーの大きなやりがいのひとつですが、それが逆にプレッシャーになることもあります。

月の目標販売台数や販売額というものが明確に目標として課せられているので、なかなか思うように売れないという月は目標達成できないという大きなプレッシャーが圧し掛かってしまうこともあるんです。

数字が明確に見えてしまうだけに、販売台数や販売額という数字を常に意識して営業をしなければならないので、胃が痛いという思いをすることもあるでしょう。

車は毎日ポンポンと売れていくものではありませんから、営業して購入してもらうまでこぎ着ける大変さがあります。

土日出勤は当たり前

自動車ディーラーにとって週末の土日は、一週間の中でも最も忙しい期間になります。たいていの企業は土日が休みと言うところが多いですから、その休みを使って車を見に行こうという人や購入しようという人が多いのは言うまでもありません。

そのため、ディーラーは一般的には土日は出勤して、平日に休みをとるという働き方が多いのです。結婚して子供がいたりすると、家族と休みの予定が合わずに、なかなか触れ合うことができないということもありますので、家族の理解というのは重要になるでしょう。

クレームがあることも

カーディーラーは人と人とのやり取りですから、信頼関係を結ぶこともできれば、クレームをもらうこともあります。どれだけ丁寧に接していたとしても理不尽なクレームを言われることもありますし、無茶な要求をしてくるお客様もいます。

客商売ですから、このようなことを完璧に避けることは難しく、精神的な辛さを感じることもあるでしょう。

幅広い目線が必要

ディーラー営業から店舗マネージャーとして昇進した場合には、より幅広い目線が必要になります。

自分の業績だけを心配していた営業の頃に比べると、部下の動向や店舗の成績、より効率的は販売方法など気にするべきことは多岐にわたります。

自分のことだけでなく、店舗で働くすべての社員やお客様、自動車メーカーなど色々な方面への気遣いや対応が必要なので、心労が溜まってしまうこともあります。

自動車ディーラーに向いているのはこんな人!

車が好き

なんといっても、車が好きで仕事にしたいと思っている人はディーラーに向いています。仕事として車を販売するのだから別に好きじゃなくてもいい、という考え方もありますが、車が好きで熱意があった方がお客様への提案や営業もスムーズにいくことが多いです。

好きなものに囲まれて仕事をしているという高揚感や、もっと車について知りたいという熱意も持ちやすいですし、車が好きであることはディーラーの適正として重要なポイントです。

打たれ強い

カーディーラーは、客商売であることやノルマなどが課せられることが多いことから、精神的なタフさが求められます。

なかなか車が売れなくて落ち込んでしまったり、クレームを受けてそれを引きずってしまったのでは、仕事になりません。

そのような場面でも冷静に対応できたり、落ち込んでも切り替えて営業をすることができるという、精神的な強さがカーディーラーには必要なんです。

コミュニケーション能力が高い

カーディーラーはお客様への営業というのが一番重要な業務になります。営業をスムーズに進めるためには、ある程度コミュニケーション能力が高くなければいけませんよね。

消極的であまり説明ができないのでは、お客様との信頼関係も築けませんし、本当にこの人から買って大丈夫なのかな、という不安を抱かせることにもなってしまいます。

ですから、積極的にお客様の求めている情報を伝えることができる、より良い提案をすることができるという力はカーディーラーにとっては必要不可欠のスキルになります。

また、アフターフォローなどをこまめに行うことのできるマメさがある人もカーディーラーには向いているでしょう。