自動車ディーラーのよくある転職理由5選


転職して職場を変えたい。でも他の自動車ディーラーの人達って、どんな理由で転職しているんだろう?本音を知りたい。

本記事は、こんな疑問に答える、自動車ディーラーのよくある転職理由について解説していきます。

ノルマが厳しすぎる

自動車ディーラーになると、毎週厳しいノルマを課せられます。

車両販売のノルマだけでなく、ローンやクレジットカード獲得、車検や保険の獲得、タイヤ交換やJAF獲得など様々なノルマを課せられます。

このノルマが終わることはありません。自動車ディーラーとして勤め続けている限り、ノルマと戦い続けることになります。

そのため、精神的に追い込まれることも多々あります。車は高い買い物なので、誰でも購入を判断するまで慎重になります。

実際にお客さんに車を買ってもらえるまで数ヶ月かかることもあります。お客さんに買ってもらえるまでずっと接客対応を行い続けなければならず、辛抱し続ける日々が続くため、ずっとハラハラし続けることになります。

精神的プレッシャーに悩まされる

高級車を売った人であれば職場でヒーロー扱いされますが、一方で売れなかった人は職場で肩身の狭い思いをすることになります。

このような精神的プレッシャーが毎週繰り返されるため、耐えられなくなることがよくあります。

向いていない人にとっては、メンタル的にかなりダメージを受ける仕事なので、耐えられないようであれば我慢せずに、早めに見切りをつけて転職する方がいいと思います。

残業が多い

帰宅時間が毎日遅くなる

自動車ディーラーの仕事は、お店が閉店した後も続きます。基本的な勤務時間は18時半までですが、この時間に帰れることはほとんどありません。お店が閉まった後も、顧客へのアフタフォローやクレームなどの対応に追われるため、帰るのが22時すぎになることもしょっちゅうあります。残業を強いられてるわけではありませんが、この残業をしておかないと売り上げに響くため、やめたくてもやめられないのが現状です。

家族との時間が取りにくい

毎日残業してから帰宅するため、家に着くとすでに子供が眠っていて、ろくに会話することもできません。独身であっても、毎日帰宅が遅くなるため、恋人や友人とろくに会うこともできません。営業職は安い給料で働き続けるため、家族を養うのも難しい状況です。自動車ディーラーとして働き続ける限り、家族との時間も犠牲にしなければなりません。プライベートな時間をしっかり確保したいのであれば、早めに転職するのが無難です。

残業代の支給がない

いくら頑張って残業しても、残業代の支給がない会社も珍しくありません。事務職であれば多少支給されますが、営業職は一切支給されません。体力的にも精神的にもかなりハードな仕事なので、追い込まれる前に早めに見切りをつけるのが無難です。

病気になる可能性も

長時間労働を続けていると、体調不良を引き起こす可能性があります。体だけではなく、うつ病などの精神的な病気を発症する場合があります。健康的で生き生きとした人生を送りたいなら、早めに転職するのが無難です。

休日もろくに休みがとれない

土日祝日も深夜まで仕事

自動車ディーラーはお客さんの都合に合わせて働くので、土日祝日も夜遅くまで残業することが多くなります。打ち合わせが夜遅くまで長引いたり、事務処理に追われたり、雨やホコリで汚れた展示車の洗車作業を行うこともあるので、土日祝日も深夜まで勤務することはザラです。車の数が多いと、スタッフ総出で水洗い作業に追われることもあるため、真夏や真冬だとかなり体力的に厳しいものになります。スーツを着た自動車ディーラーのイメージと異なり、実際は体力勝負の仕事になるので、年齢を重ねるにつれて体に響いてくるようになります。

プライベートな時間が取れない

車を売りさばくのは簡単なことではありません。残業を減らすのも難しいので、休日返上で仕事をすることも多々あります。独身者であればまだしも、子持ち世帯であれば家族の関係にヒビが入る可能性もあります。家族や自分のプライベートな時間を大事にしたいのであれば、早めに転職を決意した方がいいでしょう。

「車が好き」というだけでは、気持ちが持たない

理想と現実は程遠い

車が好きで自動車ディーラーになった人も多いですが、営業職になるとノルマに追われる毎日が待っています。いくら自動車が好きで仕事をしていても、営業マンとしての素質がないと結果を出せません。自動車が好きというだけでは仕事を長続きできないのが現実です。逆に言えば、車に興味がなくても営業の素質があれば向いている仕事だと言えます。

クレーム対応に追われる日々

自動車ディーラーの仕事にはクレーム対応も含まれています。お客さんからの度重なるクレームに耐えられなくなって、仕事を辞める人もたくさんいます。自動車ディーラーは車とは関係ない才能が求められる仕事なので、安易な気持ちで長く働くのは困難です。

モチベーションを保つのが難しい

毎日遅くまで残業しても、売り上げに直結するわけではありません。むしろ努力が報われないことが多々あります。そもそも車は高額商品のため、売りさばくのが厳しく、努力しても成果を上げづらいのが現状です。結果が出づらく、モチベーションを保つのが厳しい仕事なので、もっとやりがいを感じたいなら早めに他の仕事に転職するのが無難です。

自動車業界は先行きが不透明

国内での需要は頭打ち

国内での自動車の需要は頭打ちの状態です。海外ならまだ可能性がありますが、国内で販売するとなると、先行きは不透明だと言わざるを得ません。国内担当者であれば、この先も難しい状態が続くことを覚悟しなければなりません。

販売方法が変化する可能性も

技術の発達により、自動車業界は年々進化を遂げています。それらの問題に対応するとなると、この先、自動車の販売方法が変化する可能性もあります。自動車ディーラーとして経験を積んでも、この先この経験を活かせるかどうかは不透明です。

自分の将来も先行きが不透明

自動車ディーラーとして安定した稼ぎを得られるのは、全体の中のほんの一握りです。ほとんどの営業職は安い給料で働き続けることになります。しかも、毎日残業する日々が続くため、プライベートな時間も確保するのが難しくなります。そうなると、結婚を逃したり転職のチャンスを逃す可能性もあります。転職は早いに越したことはありません。年齢を重ねると転職するのも難しくなってくるので、自分の将来に不安を感じたら、早めに見切りをつけた方がいいといえます。