自動車ディーラーの残業や休日出勤の実態


カーディーラーの仕事は激務だと言われることも多いけど、みんなどれくらい残業しているのかな?残業を減らす方法はないものだろうか?

本記事はそんな疑問に答える、自動車ディーラーの平均的な残業時間と休日日数、残業を減らす方法についてまとめました。

自動車ディーラーの残業量と発生する理由

自動車関連の企業に勤務している職種の多くは残業時間が長いと言われており、営業や販売を中心に仕事を行っている自動車ディーラーもまた残業が多い職種として知られています。

実際にどの程度の頻度で残業が発生しているのかは勤務している会社によって異なりますが、平均すると1か月でおよそ17時間前後です。

多い場合でも1か月でおよそ24時間程度の残業時間となっているので、1日に換算してもそこまで長い時間残業をしなければいけないというわけではないことがわかります。

ただあくまでもこれは平均的な数値なので、繁忙期の場合は平均以上に残業する時間や日数が多くなるほか、ディーラーが抱える顧客数によっても異なってくる傾向があります。

また残業の範囲としても会社に出勤して対応するだけではなく、顧客からのメールや電話での問い合わせへの対応も含まれているので実際にはもっと残業時間は多い可能性が指摘されています。

このように自動車ディーラーに残業が発生してしまう理由としては、客の都合に合わせて動かなければいけない仕事が多い点が挙げられています。

ディーラーが対応するのは企業ではなく個人の客なので、契約や車の引き渡し・納車や営業フォローなどの業務は全て個人の客に対して行われるのです。そのため客が自宅に帰った後でもメールや電話での対応をしたり、場合によっては客の自宅まで出向かなければいけない場合もあります。

特に多くのディーラーが悩んでいる点として言われているのが、「車を売れば売るほどアフターサービスの件数が増えるので残業が増えてしまう」点です。

アフターサービスは営業時間だけではなく営業時間外にも対応しなければいけないので、その分残業を余儀なくされてしまったりプライベートの予定を変更せざるを得なくなってしまう人も多いとされています。

このような営業業務のスタイルから、どうしても残業して対応しなければいけない場合が多く、営業すればするほど残業のリスクも高くなっていくと言えるようです。

自動車ディーラーの休日出勤と発生する理由

自動車ディーラーの休日は年間でおよそ100日前後ある会社が一般的で、休みは土日ではなく平日に設定されているケースが多いです。

その理由としては客が車を見に来るタイミングは土日が多いためであり、客足が少なくなる平日に休みを設定しておく方がしっかり休めると考えられています。

このため、そこまで休日出勤はないのではないかと思われがちですが、繁忙期などの時期や会社によっては月に何度か休日出勤を強要される場合もあるようです。

明確な頻度や程度に関しては実際の資料がないので不明ではありますが、場合によっては1か月に休みが1日あるかどうかという状況に追い込まれた事例もあると言います。

自動車ディーラーに休日出勤が発生してしまう理由としては、会社から課せられているノルマの存在があります。ディーラーは営業職なので車をより多くの客に売ることが仕事であり、会社によってはディーラー一人一人にノルマが課せられているところも少なくありません。

そして厳しいノルマが課せられている場合は数値を達成できないと評価が大きく下がってしまいますし、給与査定に影響を与える可能性も低くないです。そのためノルマを達成するために休日を返上させられるケースも多く、繁忙期になると休日出勤を強要させられてしまうというディーラーも多いと言われています。

このように営業職であるためにノルマに縛られてしまった結果、休日出勤を余儀なくされてしまう人たちが出てきているのが現状とされています。

自動車ディーラーが残業や休日出勤を減らすためのテクニック

自動車ディーラーの残業や休日出勤の有無に関しては、営業ノルマと客の動きによって異なってくるため完全になくすことは不可能だとされています。そのため対策としてはある程度残業時間や休日出勤の回数を減らしていくことで、自分たちにかかってくる精神的または身体的な負担を軽減するという方向性が重要です。

では実際にはどのような対策やテクニックがあるのかというと、現状では「ノルマが厳しくない会社に転職する」ことが一番だとされています。基本的に厳しいノルマはこなすだけでも残業や休日出勤を余儀なくされてしまいますし、仮にノルマを達成したとしても抱える顧客が増えてしまうだけなので、休日出勤そのものは減る可能性がありますが残業は増える一方です。

このため残業や休日出勤を減らすためには転職してノルマの設定が厳しくないところに移るのがおすすめされていて、転職エージェントを利用して実際の企業の情報を収集しながら検討するのが最大のテクニックと言われています。また転職をせずに残業や休日出勤を減らしたい場合には、労働組合を結成したりすでに結成されている労働組合を利用して会社に掛け合うという方法もあります。

営業する上でのテクニックとしては、客の職業から販売する相手を見極めるというものもあるようです。こうすることで営業時間外に連絡が来るリスクを回避できますし、客の都合も把握しやすくなるので事前に対策しやすくなるとされています。