アパレル販売職の業務内容、やりがい、大変なところ、向いている人

本記事では、アパレル販売員の仕事内容、仕事のやりがい、向いている人についてまとめました。

アパレル販売職の業務内容は多岐にわたる

販売スタッフの業務には、以下のようなものがあります。

接客

勤務のうち最も多くの時間を占める重要な業務です。商品の説明やコーディネートの提案を行うことで、お客様のニーズに応えた商品やその情報を提供します。店内にお客様がいない際にも、自分からお客様に声かけをして店内に呼び込むことも重要です。

レジ応対

自分が接客したお客様をレジまで誘導して会計をし、見送りをするケースが多くあります。また、レジ応対の時間は、新商品の入荷情報やセール情報などを案内する貴重な時間でもあります。

商品の検品や整理

入荷した商品は、開店前や閉店後、空き時間などに検品を行います。商品数やサイズなどを伝票と照らし合わせて確認したり、傷や汚れなどがないかをチェックしたりします。タグ付けも行います。また、品出しをしたり、店頭に並んだ洋服を整理したりして、店内や商品を常に整った状態に保ちます。

在庫管理や発注

商品の在庫の有無を確認し、必要に応じて商品の発注を行います。商品の発注は、店によって店長や店員しか行わない場合や、アルバイトでも発注業務に携わる場合もあり、さまざまです。

店内清掃

開店前や閉店後に、店内の清掃を行います。お客様に気持ちよく利用していただけるよう、床・棚・フィッティングルームなどの清掃を定期的に行うことが大切です。

ディスプレイの変更

商品の魅力を伝えるために、店内のレイアウトやマネキンのコーディネート、商品の陳列の仕方などを変更します。

VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)業務と言われ、お店のディスプレイの良し悪しが売上に大きくかかわり、センスが問われる重要な業務です。

参考:アパレル販売スタッフからVMD担当を目指すには

ブログやSNSの更新

お店に公式のブログやツイッター、インスタグラムなどがある場合には、商品の入荷情報やセールの案内などを発信します。SNSでの情報発信は、近年重要な集客方法の一つとして注目されています。

ミーティング

店舗によって頻度は異なるものの、定期的にスタッフ同士でミーティングを行い、より良い店舗づくりのために意見交換をします。お店のコンセプトや販売方針などの考えを共有したり、スタッフ同士のコミュニケーションをとる場としても欠かすことができません。

 

さらにキャリアアップをして、店舗マネージャーとなった場合には上記の販売スタッフの業務の他に、以下の業務があります

売上管理

年間、シーズン、月ごと、日ごとなど期間ごとに売上情報を分析し、どのように売上を伸ばして目標を達成するかを考えます。特に日々の売上情報は大切です。売上を見ながら改善を図り、店舗の運営を行っていきます。

スタッフの採用、指導と育成、管理

効率のよい店舗運営を行う上で、スタッフの採用、指導や育成は欠かせません。

副店長やチーフなどの部下を育て、部下がその下のスタッフを育てると行った組織立った運営が必要です。

また、店舗内の人間関係を円滑にし、スタッフが働きやすい環境を作ることも店舗マネージャーの大切な役割です。シフトの作成など勤怠管理も行います。

店舗管理

より多くの集客ができる店づくりをするために、販売促進やイベント、セールの企画を行います。また、商品の管理や顧客情報の管理など店舗経営にかかわる仕事も多くあります。さらに、クレーム対応や百貨店・本社との対応などもします。

アパレル販売職の「楽しさ」や「やりがい」

ファッションセンスや専門知識が身につく

商品の提案をするために、ブランドのシーズンコンセプトやテーマカラー、背景や意味を知る必要があります。最新のトレンドについての理解も欠かせません。また、個々の商品についても、その商品の魅力や特性だけでなく、コーディネートの仕方などを学びます。また、ブランドの最新アイテムに触れたり、他のスタッフから刺激を受けたりすることで、トレンドに敏感になるだけでなく、ファッションセンスが次第に磨かれていきます。

お客様に喜んでもらえる

自分が提案したコーディネートをお客様が購入したり、自分が携わったディスプレイやマネキンを参考にしてお客様に喜んでもらえたりすることが、やりがいになります。また、お客様に気に入っていただければ、自分の顧客となり、リピーターとして来店してくれるので、売上の達成にもつながります。

自分の売上が店の売上向上、キャリアアップにつながる

個人の売上が、店舗全体の売り上げ成績を大きく左右します。また、個人の売上は、昇給やボーナスの金額、昇進などの判断材料にもなります。売上目標を達成できた時の充実感は特別です。成績によっては、若くして店長になるなどキャリアアップも目指せます。

アパレル販売職の「苦労」や「大変なところ」

体力勝負

基本的に、一日中立ち仕事であり、休憩時間以外座ることがありません。直接接客をしている時以外も、在庫管理や商品の整理などの業務があるので、常に体を動かしています。また、在庫の棚卸しなどの力仕事もあります。さらに、早番・遅番などのシフトによって生活リズムが崩れたり、繁忙期には1週間連続勤務したりして休みが取れないことも少なくないので、体力が必要な仕事といえます。

売上のノルマ

スタッフ一人一人に、毎月、売上ノルマがあります。ノルマを達成しないと、店長や本部・本社の人に指導されるだけでなく、昇給や昇進などにもかかわります。また、店舗によって異なりますが、スタッフは自分のお店の洋服を身につけ、宣伝をするという重要な役割があります。社員割引があるものの、毎シーズン自社の商品を買わなければならず、費用がかかります。

参考:アパレル販売員の売上ノルマの厳しさ

お客様とのコミュニケーション

アパレル販売のスタッフは常に人と接する仕事です。初対面のお客様ともスムーズにコミュニケーションをとる必要があります。店内にお客様がいない場合にも、どんどん声かけをして集客をしなければいけません。また、接客の仕方が個人の売上を大きく左右するので、お客様が気持ちよく買い物ができるよう言葉遣いや接客作法などを身につける必要があります。

アパレル販売職に向いている人

ファッションに興味がある

アパレル販売職に最も重要なのは、ファッションが好きであるということです。お客様に商品を提供する上では、ファッションに関する専門的な知識や理解が必要なだけではなく、トレンドに敏感であることなども大切です。販売スタッフは日々ファッションの勉強をし、地道にセンスを磨いていく必要があります。ファッションに興味があれば、無理なく楽しみながら働くことができます。

社交的で、観察力がある

業務の中では接客の占める割合が多いので、初対面の人に対しても自分から明るく話しかけたり、お客様の様子をよく観察してタイミングよく関わったりすることが大切です。

スタッフには、親しみやすく、人当たりのよい接客が求められます。また、店舗の売上を上げるためには、スタッフ同士のチームワークも重要です。一緒に働くスタッフとも円滑なコミュニケーションがとれることが求められます。

さらに、お客様のニーズに応える商品を提供するためには、お客様を細かく観察し、好みのものや似合いそうなものなどを提案することも必要になってきます。お客様の気持ちに寄り添った接客が大切です。

ポジティブで気持ちの切り替えが早い

明るく前向きな性格はお客様とコミュニケーションをとる上で重要です。

また、それだけではなく、たくさんのお客様に心地のよいサービスを提供するためには、気持ちの切り替えが大切です。

仕事上でうまくいかないことや嫌な気持ちになるようなことがあっても、気持ちを切り替え、すぐに笑顔で次のお客様の対応ができることが重要です。