アパレル販売職の残業や休日出勤の実態


アパレル販売員は激務だと言われることも多いけど、みんなどれくらい残業しているのかな?残業を減らす方法はないものだろうか?

本記事はそんな疑問に答える、アパレル販売職の平均的な残業時間と休日日数、残業を減らす方法についてまとめました。

アパレル販売職の残業が発生する理由

アパレル販売業は、店舗により異なるものの一般的に残業の多い業種と言われています。一年中残業続きであるというわけではありませんが、セール前・セール中の時期には、残業が多くなる傾向にあります。

セールが実施される「7〜8月」「3月中旬以降」だけではなく、ゴールデンウィークや新春の初売りの際の繁忙期は残業が多いです。

売り場の変更や品出し、セール商品のシール貼りや在庫管理などが通常時よりも多くあります。その作業のほとんどはお客様がいる時にはできないので、開店前や閉店後に作業をしなければいけません。

繁忙期には、通常時より早く出社し、遅く退社するのが現状です。

また、セール時期ではなくても残業は発生します。特に、シフトが遅番の場合は、早番や中番の場合よりも残業が増えやすいです。

遅番は閉店作業のほか、品出しや店頭整理、日報・週報の作成、検品作業などを行います。

また、接客用の店舗共有資料を作成したり、SNSやブログの更新をしたりするなどの業務も閉店後に行うことが多いです。

清掃業務や売上管理などの閉店作業に時間がかかれば、必然的にそのほかの業務に取り掛かるのも遅くなるので、残業が発生しやすくなります。

アパレル販売職の休日出勤が発生する理由

残業の発生ともつながりますが、セール前・セール中の繁忙期には、通常時よりも業務量が増えます。

セール時には扱う商品量も多いので、大量に商品が入荷されます。その分、品出しやタグ付けなどが増えます。

また、大勢のお客様が来店するので、乱雑になった商品を畳み直すなど店内を整える業務も普段より時間がかかります。

セール時にはスタッフ総出でセールの準備をするので、1週間以上休みが取れず、連勤になるということも珍しくありません。

また、土日や祝祭日、ゴールデンウィークや年末年始などのお客様の来店が多い日には、当然出勤が多くなります。

店舗によっても異なりますが、アパレル販売業は離職率も高いため、スタッフの入れ替わりも激しく、常に人手不足である場合も少なくありません。自分の所属の店舗以外にも、人手が足りない系列の店舗へのヘルプなどを頼まれることもあります。

勤務は基本的にシフト制ですが、そのような他店舗へのヘルプやほかのスタッフが急に休んだ際などには、休日でも呼び出されることがあります。代休休暇をとるよう言われることもありますが、現実的にはそのような休暇を取ることが難しい場合も多いでしょう。

さらに、キャリアアップをして店長になった場合には、休日に店長会などのミーティングが重なってしまい出勤しなければならないということも考えられます。

アパレル販売職で残業を減らすために

接客メインのスタッフになる

アパレル販売職の中でも、その業務内容によって担当が分かれています。魅力的な売り場づくりを行うVMDメインになると、店内のディスプレイやマネキンのコーディネートの変更など、閉店後の作業がどうしても多くなってしまうので、残業になりがちです。

また、VMD担当だと、シフトも遅番が多くなります。閉店作業を行なった後に、自分の担当業務を行わなければいけないので、その分残業が発生しやすくなります。逆に、接客メインだと、早番や中番などが多くなります。早番・中番ともに商品の在庫管理や検品作業などの業務ももちろんありますが、遅番に比べると定時退社もしやすい環境になります。

VMDメインに限らず遅番は業務量が多いので、残業を減らしたいのであれば遅番担当になるのは避けた方がいいでしょう。

業務を効率よくこなし、無理な業務を背負い込まない

自分の業務を効率的にこなすことが残業を減らすことにつながります。そのためには、事前にスケジューリングをしっかりと行なったり、勤務前にシミュレーションをしたりすることが大切です。

全ての業務に当てはまるわけではありませんが、そうすることで無駄なく働くことができる業務もあります。また、売上のノルマ達成や常態化した人手不足などから、明らかに作業量が多いタスクを限られた時間で頼まれることもあります。

実現が難しいことは、毅然とした態度で断るのが理想です。そうは言ってもなかなかできないという場合は、ほかのスタッフに手伝ってもらうなどして、一人で全部を取り組もうとしないことが大切です。日頃からスタッフ同士でもコミュニケーションを取るよう心がけておくと、いざという時にチームで対応することが可能になります。

「残業をして当たり前」の意識を変える

アパレル販売業では、「残業をして当たり前」という昔ながらの意識が残っているところも少なくありません。また、上下関係の強い縦社会でもあります。自分の業務が終わっても、先輩スタッフが業務をしていると帰りづらいものです。

帰宅しようとして非難の目で見られることもあります。コンプライアンスが厳しくなっているので直接残業を強要されることはなくても、自主的に残る形を取らされてしまうことが多くあります。

根本的には、企業体質に問題がありますが、サービス残業や長時間労働などは労働基準法に違反しています。空気に流されることなく、自分の業務が片付いたら、潔く帰るということも必要です。