経理の仕事の残業や休日出勤について

ブラック企業が世を騒がせている近年、仕事をする上で、やはり残業の多さは気になるところですよね。

経理職がこなさなければならない残業や休日出勤について考えてみました。

経理の平均残業時間と平均年間休日数

以下の表は大手転職支援サイトDODAが行った、職種別の残業時間調査の結果です。

全95職種ランキングから経理職に関連する職種をオレンジ文字にしたのが下記の表です。

[全95職種の残業時間と年間休日数]※残業少ない順

残業時間年間休日数職種
少ない順時間多い順日数
1位8.160位120.4一般事務
2位8.346位123.0翻訳/通訳
3位9.326位126.1貿易業務
4位9.357位121.3オペレーター
5位11.031位125.4秘書/受付
18位16.156位121.6経理
94位52.871位113.6編集・デスク
95位53.793位97.8映像関連
平均22.8平均121.9

出典:「残業の多い職業・少ない職業は?全80業種、95職種別の残業時間調査!」(DODA)

上の方の職種ほど「残業が少なく、休日が多い」職種です。

経理は、残業時間の少なさは95職種中18位、年間休日の多さは56位となっておりますので、95職種中で平均よりも残業が少なく、休日は平均程度ある職種と言えます。

経理職種の仕事量は予測しやすい

経理職は平常時の作業量はほぼ一定、月次決算や決算申告期も毎年の作業なので予測可能、事前に計画立てができるので残業や、まして休日出勤の必要が少ないのが通例。

もし、経理職で残業に追われ、休日出勤も頻繁にあるとすればシステムや管理体制に問題があると思って間違いはありません。

大幅な残業や休日出勤があるとすればミスを補う場合

貸借の合計が合わない、これは帰れません。

自分自身のミスであっても他のスタッフの場合でも、チームで仕事をしている場合に自分だけが帰宅するのはヒンシュクものです。

伝票チェックや仕訳のミスを探すことに時間を費やします。月単位、年単位で再チェックが必要な場合もあります。その日で終わらない、数日間神経をすり減らさなければなりません。

管理職でいる場合も、作業の見通しがつかないのに自分だけが帰るわけにはゆきません。

けれど、他のスタッフのフォローはコミュニケーションを改善させるチャンスです。良き上司、頼れる同僚に成れるかもしれません。

ゴールデンウイークや年末年始などの大型連休は休みづらい?

大企業と言えど、大型連休を想定して余剰スタッフを抱えられるほどの余裕はありません。

通常以上に就業時間が少ない月の歪みは、やはり残業するか休日に出勤することになってしまいます。

他の部署ができるとしても、ゴールデンウイークで大型連休を取ることは経理事務職では無理と覚悟するのが懸命です。

良くてもカレンダー通りになると思った方がいいでしょう。

但し、他の職種に比べて代休や有給が取りやすい部署だと言えます。

休日出勤したとしても自分の担当業務が決まっている経理職の代休は比較的取ることに引け目を感じる必要がない部署です。

経理職で残業になりやすいケースは決算期や月末月初

他の職種と比べると、仕事量に大きな波があまり無いと言われる経理職でも、やはり忙しくなる時期はあります。

決算申告期にはその仕事量が想定されていたとしても、それ以外の雑務も多く、やはりある程度の残業や休日出勤は覚悟しなければなりません。

また月次決算、月末・月初の棚卸、給与の締日、給与の支給日なども残業が増えることが多くなります。

特に年末年始は年末調整や給与・賞与の支給、棚卸とすべての業務が重なる時期です。それに加え、正月休みも加わります。

個人的には、年末が一番残業の多い辛い時期というイメージがあります。

終業日ギリギリまで仕事に追われ、年末の大掃除に加われないというのが通例でした。

他の部署に比べ、残業や休日出勤が少ない部署ではありますが、まとまった休みがとりにくいところが経理職のデメリットのひとつかもしれません。

まとめ

比較的、残業時間のあまりない経理職でも転職理由の上位に「残業が多いから」といった不満はあるようです。

経理職は残業が少ない部署のイメージがありますが、会社によっては就業時間が長く苦労しなければならない場合もあります。

会社によってどうしても異なる部分なので、残業が多過ぎることで転職したい場合には、経理職種に詳しい転職エージェントに相談をして、自分の希望にあった会社への転職を考えてみるのも1つの手といえます。