経理職種のキャリアデザインの考え方

経理職は営業職などの他の業務と比較して、目立たない窓際職のようなイメージもありますが、経営面から会社を支えるディフェンス的な大切な役割を果たす専門職です。

他の職に比べ比較的出向や降格などの環境の変化も少なく、安定職でありながら経験を積むことで会社の経営にも携わることも可能。

経験はそのままキャリアとして積み重ねられ、転職や起業にも役立ちます。高齢であることのハンデキャップも少なく再就職が可能です。

良いことづくめのようにみえる経理職とはどのような仕事人生を歩めるのか、その具体的なキャリアデザインについて考えてみました。

未経験者、経験が少ない人の経理業務について

経理に配属された当初の主な業務内容としては、

  • 交通費や消耗品費などの諸経費の清算
  • 入出金などの伝票管理
  • 請求・納品書作成
  • 振り込みや出金など銀行手続き

などがあります。

この段階ではpcスキルや経理の専門知識も必要ありません。

ただし、納品伝票や請求書など、会社の信用問題につながる取引先に送付する書面には正確さが求められます。

品目や数字にミスはないか2度3度の確認をくり返す作業は肝要。たとえ経験が浅いからといって数字のミスを繰り返すようでは経理職としての適正に欠けると判断されても仕方がありません。

この時期には自分にとって経理職に向いているか否か、適職かどうかを確認するための期間であると認識すべきかもしれません

経験を積んだ人の経理事務について

ある程度の経験を積んだ経理職種の人の業務は、

  • 試算表管理
  • 売掛・買掛金管理
  • 給与計算
  • 年末調整
  • 銀行融資申請

などになります。

月次決算・月次決算補助、収益管理など、実質的な会計管理業務を行います。

対社内に向けては、社員の給与控除額の変更や初手当てなど待遇の管理を行います。

対社外に向けては、顧問税理士との打合せ業務、支払や手形処理、融資申請などの銀行担当スタッフとの折衝などの機会も多くなります。

この期間の経理職は部下の管理や銀行担当者、税理士との打ち合わせなど交渉事も増えてきます。

もし「人との付き合いが苦手だから」という発想で経理職を選ぶとすれば、その選択には無理があるかもしれません。

けれどこの時期は、キャリアを積んでゆくにつれて経理職の醍醐味や奥の深さが見えてくるやりがいのある時期でもあります。

製造原価や売上原価、ランニングコスト、粗利・純利益など、具体的な数字を把握することで会社がどのように動いているのかその実態を目の当たりにします。

自分の存在価値ややりがいを実感する時期でもあります。

経理職種で出世をするとどんな立場になってどんな業務があるか

経理職で出世をしていくと、社内では経営陣の一員として予算編成や資産管理を行います。

会社を運営する最終目的は「如何に利益をあげるか」です。

その為には明確な目標設定とそれを実行するための具体的な計画が必要となります。それが予算編成です。

前年比、これまでの実績を比較・分析することで当年の具体的な指針が明らかになります。

その参謀として能力を発揮できることは会社員としての経理職のキャリアデザインのゴールの1つとなるでしょう。

また、投資や有価証券など、会社を運営するための資産管理も業務内容に含まれてきます。

現在を視点に経営を考える予算編成に対して、資金管理は長期的な視点に立った経営につながってゆきます。

会社を成功に導く秘訣は、その生産性のクオリティも要因のひとつですが、経営手腕も同じほどに必要な要因です。実際に会社を支えることを実感できる経営陣に参画です。

経理職の年収の変化は

経理職種の平均年収は2017年マイナビ調査によると478万円となっています。

さらに以下の表は、大手転職エージェントDODAが作成した、職種別の平均年収調査です。

経理職の年齢別、平均年収データ

平均年収ランキング2017職種別 経理の平均年収:DODA

2016年9月~2017年8月にDODAに登録をした約29万人のデータから抽出した数値となっています。

経理職の年齢別の平均年収は、

  • 20代:383万円
  • 30代:496万円
  • 40代:604万円
  • 50代:687万円

という数値になっています。

29万人もの母数データになるので、かなり市場での実際の価格と一致しているかと思われます。

ただ、そもそも転職エージェントに登録をして転職をしようとする人は、キャリア意識の高い人が多いため、若干高めの数値になっているかもしれません。

経理職としてのキャリアデザインと収入の推移についてはこのあたりの数値を目安にすれば良いでしょう。

経験を積んだ経理職にはどんなキャリアチャンスがあるか

経理の知識は、どのような働き方にも活かせる

経理の知識は、事業が利益を得るためのすべての業務に必要となります。

起業をする人、フリーランスとしての活動している人、ネットを活用して働くクラウドワーカーも今では珍しくはありません。それら、どのような業種でも、どの地域で活動しても税務申告は必要となります。

海外転職や外資系転職にもチャンスが多い

簿記や会計はビジネス社会の共通ルールです。

日本で勤めた経理事務の経験は海外でも活かせることができます。

プロフェッショナルを採用する傾向の強い海外では有利になりますので、外資系企業への転職も大いにチャンスがあります。

また、自分が住みたい国で展開している日系企業への転職であれば、英語力がさほど自信なくても海外転職をするチャンスは大きいです。

年齢が上がっても仕事を見つけやすいのが経理職

経理職種のキャリアは経験・職歴が重要視されます。

これまでどのような業務に携わっていたか、どのような職務を任せられるか。

たとえある程度の年齢を越えていたとしても必要な人材であると判断されれば待遇も優遇されます。

そして、経理職には年齢的なハンデキャップはありません。

高齢の税理士が多いのもそのことが原因しているのではないでしょうか?

企業が顧問税理士を選ぶ場合に、基準に年齢はあまり関係なく、お互いに信頼関係が築けるか否かで判断します。むしろ多くの経験を積んだ年齢の高い人の方が信頼されることも多々あるでしょう。

起業をして会計事務所を立ち上げる道も

さらに経理事務の経験を生かし、会計事務所を起業するのも夢ではありません。

そのチャンスは逃すことなく自分が貢献できると感じる期間であればいつでも続いているのです。

その他、起業を考える場合、利益を上げるための大まかな数字を把握していることの強みは全ての業種に生かしてゆくことができます。

その可能性は経営を理解していないものに比べれば大きな差として現れて行きます。

まとめ

経理事務職は、「地味で目立たない安定職、一生を無難に過ごすには最適」そんな選択肢も可能です。

けれど起業や転職など、もっと突き詰めて可能性を追い求めるためにも役立つ必要な知識です。

もし、数字を扱うことが苦でなく自分の夢を追ってみたい希望があるなら、経理職も選択肢のひとつとして加えてみるのはいかがでしょう?