求人サイト「はたらいく」の特徴レビュー。地方就職、Uターン就職に特化

はたらいくのサービス概要

「はたらいく」は、人材業界最大手企業リクルート運営の転職求人サイトです。

地元志向の転職希望者向けに、約8,500件に及ぶ地方の求人多数取り揃えており、週2回の更新によって定期的に新しい求人に巡り合うことができます。

求人内容には、未経験OKのものから、新卒、第二新卒の求人が多いため、職歴がない方でも応募の幅が広がるサイトです。

日本全国47都道府県ごとで独立したサイト構成のため、県をまたいでの検索ができない仕組みなので、地元の職探しにとても便利です。

関東エリアの求人が最も多く、次に関西エリアと続きますが、市区町村ごとに検索することができるため、よりきめの細かい調査が可能です。

各都道府県内に本社を構える中小企業が中心で、はたらいくにしか掲載されていないオリジナル求人93%を誇る地域密着型の転職支援サイトのため、自身に合った転職先を探すことができます。

サイトには転職するためのノウハウやコンテンツが充実しており、はじめて就職する初心者のためのQ&Aや、転職活動計画の立案、自己PRや志望動機の書き方などを分かりやすく解説しています。

職務経歴書の見本が多く掲載されており、どのようにして書いたらいいか分からない場合の対処法を細かく書かれているのが特徴です。

はたらいくを利用して転職に成功した人へのインタビュー記事が掲載されており、どのようにして転職することができたのか、成功体験を学ぶことが可能です。

未経験領域に転職した方や、企業とどのようにして出会ったのかなど、事例が数多く紹介されているのが特徴的です。

はたらいくを利用するためには、メールアドレスが必要です。

インターネットを利用して就職や転職活動をするサイトであるため、申し込み時に会員登録フォームに必要事項を記載することで、はたらいくの全機能を使うことができます。

 

はたらいくが優れている点

はたらいくの会員になると利用できる「らいくサービス」という機能の一つに、転職希望者と企業との間で「らいく」を送り合うサービスがあります。

企業に対して好意や興味を伝えることができるだけでなく、企業からもメッセージが届く仕組みで、応募する前から企業と気軽につながりを持つことができます。

よくわからない企業に応募するよりも、全然良いですよね。

らいくサービスを利用した後に応募すると、採用される確率がアップするのも魅力的です。

らいくサービスの中には「らいくレジュメ」という機能もあり、職歴や資格などの経歴を書くだけなく、今までに自分が頑張ってきたことや学生時代に打ち込んだ話など、あらゆるアピールポイントを企業に伝えることができます。

仕事に対するスタンスや、休日などのライフスタイルを登録することができるため、自分らしさや人柄などを表現することも可能です。

職務経歴に自信がない方でも、自己PRをしっかりと行うことで、興味を持った企業側から連絡が来るため、イチから仕事をやり直したい人や正社員が未経験の人に向いています。

らいくレジュメは、名前や住所などの個人情報を企業側からは見ることができない仕様のため、安心して利用することができます。

また、非公開企業を設定することが可能なため、現在の勤務先をブロックすることができ、転職活動がばれる心配もありません。

大都会であくせくするのではなく、身の丈にあった企業を探したい方や地元を離れたくない方、地元に戻って働きたいUターン就職を希望する方向けに特化している点が優れています。

他にも「せきらら求人」では、登録されている企業のセールスポイントだけでなく、厳しいところや大変なことなどを赤裸々に伝えているため、企業のことをしっかりと理解してから就職することができます。

転職してから後悔するリスクを減らすことができてとても便利です。

 

はたらいくのイマイチな点

はたらいくは地域密着型の転職求人サイトでUターン就職など地元でずっと働きたい方向けに作られています。

転職を通じて大企業やグローバル企業へキャリアアップを目指す人には向いていません。

また、らいくシステムにより、転職希望者から企業にらいくを送るだけでなく、転職希望者のレジュメを見て企業からもらいくを送れる仕組みになっており、突然企業から連絡が届くことがあるため、はたらいくの仕組みを理解していないと戸惑うことがあります。

はたらいくにはスカウト機能が付いていないため、らいくシステムがオファーの役割を果たしていることを理解する必要があります。

さらに、はたらいくの求人には、正社員だけでなく契約社員や委託契約なども含まれるため、雇用形態について企業と転職希望者とのミスマッチが生じる可能性があります。

求人情報の中に、契約社員や委託を同時に募集している場合は、正社員以外での採用を打診されることがあるため、心して転職活動に臨むことが大切です。

 

はたらいくはこんな人にオススメ。リクナビNEXTとの違い

はたらいくとリクナビNextは、どちらもリクルート社運営の転職サイトですが、主要コンセプトが異なります。

はたらいくは自分らしさをモチーフにした地域密着型のサイトである一方、リクナビNextは社会人のための転職サイトです。

どちらのサイトも全国各地に求人があるものの、

  • リクナビNextは職種や会社名で選ぶケースが多い
  • はたらいくは都道府県ごとでページが異なるため働きたい地名で選ぶ構成

といった違いがあります。

求人を募集するための広告費用は、はたらいくの方が安いことから、地元の中堅中小企業が求人広告を出しやすくなっています。

サイトの内容に独自性が生まれるだけでなく、おすすめする転職対象者にも明確な違いがあります。

リクナビNextは職務経歴が豊富な年齢層から若年層まで、幅広い年代で利用することができるため、資格や経歴、職務経験やスキルなどの豊富な人材が採用されやすい傾向にあります。

はたらいくは、特に地元で働きたい20代から30代の若者向けに作られているのが特徴で、自分らしさや人柄をしっかりとアピールすることで採用される可能性が高まります。

どちらのサイトも優れていますが、掲載企業や転職希望者のキャリアによってどちらの転職サイトを選んだ方が良いかを検討することで、ミスマッチの少ない転職活動が可能です。

地元志向を持ち、自分らしく働きたい時にははたらいくを利用することで、自身に合った転職先を見つけることができるため、上手に活用しましょう。