30代転職の効率的な求人情報の探し方

転職活動や転職後キャリアの成功・失敗を大きく分けるのが求人情報の探し方。

自分に合った、より良い条件の求人を見つけられるかが大切です。

求人情報を探す方法にはハローワーク、求人雑誌、転職サイトなど色々ありますが、それぞれにはメリット・デメリットがあり、自分の転職状況にあったものを使わないと上手く行きません。

ここでは30代の人のための効率的な求人情報を探し方や見分け方を紹介します。

30代が利用すべき求人媒体。おすすめ順

①転職エージェント

職業紹介会社、人材斡旋会社とも言われ、リクルートエージェント・DODA・JACリクルートメントなどが有名どころです。

応募者の入社が決まった段階で、求人を出す企業から紹介料をもらう仕組みで成り立っている会社ですので、転職者は完全無料で全てのサービスを受けることが出来ます。

キャリアコンサルタント・キャリアカウンセラーと呼ばれる人たちが在籍しており、転職者それぞれと面談をして、あなたの希望やキャリアに最適な求人情報を提案してくれます。

また利用者の転職成功を導くための下記のような様々なサポート・アドバイスが受けられるのがメリットです。

    模擬面接履歴書・職務経歴書の添削面接日程の調整内定後の年収交渉

 

サービス以外のもう一つの大きなメリットは、転職エージェントに複数登録することで「自分の適正な市場価値を知れる」ことです。

キャリアコンサルタントは多数の転職者を見てきているので、面談をすることで、あなたがチャレンジできそうな求人や待遇条件、年収アップの可能性などを客観的にアドバイスしてくれます。

既に何らかの職務経歴を持っている30代転職者は、まず転職エージェントに登録してください。2〜3社登録して求人情報を集めるのが最もオススメな方法になります。

②転職サイト

求人情報サイトとも言われます、リクナビNEXT・マイナビ転職・日経キャリアNETなどが有名です。

求人を掲載する企業から掲載料(求人広告料)をもらう仕組みで成り立っている会社ですので、こちらも利用者は完全無料でサービスを受けられます。

転職エージェントとは異なり、自分自身でサイト内で色々な求人を見つけて、自分に合うと思ったものに応募する形式になります。

より多くの求人をじっくり比較して自分のペースで少しずつ転職活動が進められるのがメリットです。

一方で、求人数は膨大な数になりますので、どれが自分の経歴や転職動機に合っている求人なのかを判断するのが大変というデメリットがあります。

転職サイトで幅広く求人情報を集めつつ、転職エージェントに紹介された求人を客観的に判断しつつ進めていくのが30代転職の王道パターンと言えるでしょう。

③ハローワーク

全国各地に約600箇所あるハローワーク(公共職業安定所)は、厚生労働省の指示の下、各都道府県の労働局が運営を行っています。

国のサービスなので利用者は完全無料で利用できます。

求人情報保有数はナンバーワンで、年齢や地域で様々な求人情報を検索できます。また最近では、自宅にいながらインターネットで求人情報を検索することも可能になりました。(ハローワーク求人検索サイト)

求職者のサポートとして、格安で職業訓練校に通うことも可能です。教材費1万円前後で、パソコン基礎、OA経理、介護・医療事務OA、CAD製図、IT・プログラミング、介護など様々なコースがあります。

ただ30代の転職求人はあまり多く掲載されていないことや、求人情報掲載が無料なので広告費をかけられない待遇の悪い企業の求人も多くあるなどがデメリットです。

特に30代のキャリアアップ転職であれば、利用するメリットはあまりないでしょう。

④新聞

全国紙の日曜版には求人が掲載されています。

ただ最近はインターネットサイトと連動しているので、わざわざ新聞紙面で求人を探すメリットは無いでしょう。

⑤求人雑誌・チラシ

求人情報をまとめて掲載した雑誌で、タウンワーク・とらばーゆ・アイデムなどがあります。

社会保険未加入の企業でも求人掲載ができるものがあり、パート・アルバイトが多いため、待遇面では期待できない求人が多いです。

職務経験が無い方の場合は、こういった求人から職務経験を積んでステップアップしていく方法もあります。

30代転職の求人情報の見極め方

転職エージェントを利用する場合は、あなたの経歴と動機にあった求人情報を紹介してもらえますが、自分で求人情報を探して応募する場合には、求人情報の見極め方が大切です。

そうでないと、書類選考に落ち続けて面接にすら進めなかったり、せっかく何社も面接に訪れても内定が取れず時間と交通費ばかりかさむといったことになりかねません。

では30代の応募者は、求人情報のどのような点に気をつけて応募するべきなのでしょうか。

求人情報の本音と建前を理解する

労働法では、募集・採用時に年齢制限を設定することが禁止されていますので、求人情報に年齢制限が書かれることはありません。

ですが当然ながら、各企業では埋めたいポジションに合わせて「だいたい何歳くらいの人を採用しよう」という意思を持って求人情報を出していますので、そこを理解する必要があります。

例えば30代であれば、下記のように書いてある求人情報には書類選考で通過しない可能性が高いです。

  • 第二新卒歓迎
    新卒入社後3年くらいの25~29歳くらいの年代を採りたいという意思があります。
  • 会社の平均年齢27歳
    求人がリーダー・マネージャー候補でない場合は、できれば20代を採りたいという意思があります。
  • ポテンシャル採用
    ポテンシャル採用は第二新卒採用に近いニュアンスです。30代の転職では経歴を元にした即戦力が求められますので合致しません。
  • 20代中心の職場
    求人がリーダー・マネージャー候補でない場合は、できれば20代を採りたいという意思があります。
  • 20代社員の写真ばかり掲載されている
    できれば20代を採りたいという意思があります。30代後半だと応募は難しい場合もあります。

「出来ること」と「やりたいこと」を分けて考えてみる

どういう転職先がいいのかわからない、応募すべき求人情報が見分けられないという方も多いでしょう。

そういった際のコツとしては、あなたが「出来ること」と「やりたいこと」を区別して考えるというものです。

転職理由によって、この「出来ること」と「やりたいこと」のバランスを取って求人情報を探すのです。

  • やりたいことが見つからない、でも成長したい、年収アップしたい
    ⇒「出来ること」を軸にして、将来の成長が感じられる、責任範囲が広がる、より高度なタスクにチャレンジできる企業や求人を選ぶ
  • やりたいことがあるけれど、転職先が具体的に思いつかない
    ⇒「出来ること」だけでなく、「やりたいこと」を実現できる企業や求人を選ぶ

参考:転職先・求人情報の選び方は「出来ること」と「やりたいこと」を分けて考える