30代が転職活動で苦戦する理由。自分の市場価値を知るためには

30代の方が転職活動で苦戦する最大の理由は、自分のキャリアの市場価値を適正に判断できていないことです。

特に、大企業・業界トップ企業で働いていた方に多いのですが、会社の名前と役職名によって社内・社外からチヤホヤされていたりすると、自分の本当の市場価値を見誤りやすく、いざ会社を辞めて転職活動をしてみると、中小企業でも採用面接で落とされまくるケースも多々あります。

また、自分の市場価値を見誤ると、せっかく内定が取れたのに「自分にはもっと待遇・条件が良い会社の内定が取れる」と内定を蹴ってしまい、結局その後に内定がとれなくなって転職活動が長期化することもあります。

30代で見誤りやすい自分の市場価値

前述の大企業・業界トップ企業の社員の例はわかりやすいですが、他にも下記のような例で自分の市場価値を見誤ります。

  • 一流大学を出ているから、学歴の低い人よりも転職しやすいはず
    即戦力が求められる30代転職では新卒採用以上に学歴は無視され、職務経歴が重視されます。良い大学を出ているのに、良い役職の経験が無いと、逆にマイナスにすらなるケースも。
  • 自分の仕事で会社の業績が○%上がった素晴らしい実績がある
    個人1人の力で会社の業績が大きく動くことは稀。実績向上のためにどんな具体的なアクションがどんな結果に繋がったのかを具体的に言えないと意味はない。
  • 前職では課長だったから、転職先でも課長にはなれるはず
    会社の規模や社員数によってマネジメント職につく難易度は全然異なる。どんなマネジメント実績があるのか、転職先企業でもしれが通用するのかを考える必要がある。
  • 社外の人脈はかなりあるから転職先でも活かせるはず
    その人脈は、企業の力を借りて得たものではないかが大切。あなた自身への信頼によって得た人脈でないと、転職先ではあまり活かせないかも。

30代の転職市場で企業が求めるものは

自分の市場価値を適切に判断するためには、まず30代の転職市場で企業が求めていることを理解する必要があるでしょう。

もちろんひとつひとつの企業で求める人材は異なりますが、大まかにまとめると下記のようになります。

30代前半の転職者に求めるもの

現在の転職市場において、30〜34歳くらいの求人数はとても沢山あります。

プレイヤー単体として即戦力が求められ、さらにマネジメント能力も求められてきます。マネジメント職歴が無くとも、チームリーダーやプロジェクトマネージャーなどもマネジメント経験といえます。入社して短期間でそういったリーダーポジションを任せられる程度のスキルがあると内定を取りやすくなるでしょう。

一般的には、未経験職種への転職は30代前半までは挑戦が出来ると言えます。

30代後半の転職者に求めるもの

35歳以上になると求人数が大きく減少しますが、2012年以降団塊の世代の大量退職による労働力不足やアベノミクス効果によって、ここ数年は増えてくる見込みと言われています。

特に中間層が足りていない企業も多いため、幹部候補・マネージャー候補として求人が出ています。

未経験職種への転職はかなり厳しく、応募職種でのマネージメント経験問われる求人が多いでしょう。

適正な自分の市場価値を知るためには

適正な自分の市場価値を知ることは転職活動で失敗しないために必須のことですが、自分自身でそれを行うのは非常に困難です。

ここは必ず転職エージェントのキャリアコンサルタントの力を借りるべきところです。

転職市場全体を把握していて、無数の転職希望者を見ているコンサルタントだからこそ判断できるあなた自身も気づいていない市場価値をしっかりと伝えてくれます。

リクルートエージェント、DODA、JACリクルートメントあたりがTOP3の転職エージェントで完全無料でカウンセリングを行ってくれます。

1社に頼らず、セカンドオピニオンとして2〜3社を同時に使うことで、適正な市場価値が把握でき、どんな企業に応募すべきか、そもそも転職するべきかどうかなどをアドバイスしてくれます。