SE(システムエンジニア)に35歳転職限界説はあるのか

転職35歳限界説、IT業界にいるとよく聞く言葉です。

一説には、転職で給与が上がるかどうかのラインは「35歳」といわれています。これ以上年齢が上がると、転職によって給料が下がる確率が高くなる、ということです。「転職35歳限界説」といわれたりしています。

システムエンジニアにもこの説は当てはまるのでしょうか?

SEとして10年以上働き、転職経験も3回ある30代後半の筆者の経験からすると、35歳以上でも不安になる必要は無いと考えます。

但し転職活動に踏み切り、転職後も成功するためには幾つか考慮すべき点があると思いますのでご紹介します。

これまでのスキルや経験をより活かせる企業を選択する

SEの仕事は幅が広く、IT企業が手掛けている事業も幅広いです。企業の求人内容は様々ですが、これまでにのスキルや経験を活かせる局面が少ない企業は選択すべきではありません。

特定の技術を求めており未経験の場合は要注意です。35歳以上でもまだ伸びしろはあると思いますが、20代の頃に比べると新しいことを吸収出来るキャパは限られてくると思います。

新技術を身に付けていくことは転職に関わらず必要なことですが、一方でマネジメントやコミュニケーションスキルなど、経験してきたことが普遍的に通用しそうな企業を選択することは大切です。

過去の実績にこだわらない

筆者自身が転職した当初に失敗したことです。

あまりにも転職前後での立ち位置が異なり、入社早々に上司に反発して私一人だけ孤立しました。

転職前の責任範囲や待遇を基準にしても、会社が異なるのですから何ら保証されるものではありません。

私の場合は会社がマッチしなかったのでなく上司がマッチしなかっただけであることに後で気付きましたが、いずれにせよ過去の実績はゼロクリアする意識が必要です。

新たな会社において、過去のスキルと経験を基に出来ることを一から開拓していくという姿勢で転職を決断すべきです。

体力的に厳しい会社は選択しない

35歳を超えて現実的に考えなければならないのが体力の低下です。

新たな会社で馴染めるかも分からないのに、残業や休日出勤が常態化している会社を選択すべきではありません。これらは求人の情報からはなかなか把握出来ませんが、面接ではっきりと確認すべきです。

もちろん条件が良く、体力的にも自身がある人にとってはこの限りではありません。

プロジェクト上流工程から下流工程まで一通りやり遂げる自信がある

35歳以上のSEともなると、プロジェクトを牽引する立場での即戦力を求めている企業が多いため、これまでにプロジェクトマネージャやプロジェクトリーダとしての経験を重ねてきた人は特に心配することは無いと思います。

こうした経験が少なくてもプロジェクトの上流工程から下流工程までを一通りやり遂げることについては実績と自信を有しているべきです。

35歳以上ともなれば一担当者以上のリーダーレベルの働きを期待する求人が多いと思います。

また後輩や若手を育成出来る立場を期待されますので、それまでに別の会社で身に付けたノウハウをメンバーや若手に示していく意識は大切にした方が良いでしょう。

スキルを証明するために資格を取得する

転職活動を有利なものとするため、資格取得は目指した方が良いです。携わったシステムに関係するベンダー資格でも良いと思います。

国家資格の高度情報処理技術者試験であれば、プロジェクトマネージャ、ITストラテジスト、システムアーキテクトは説得力を高める資格になると考えられます。採用する企業が求めている35歳以上の人材にマッチし易い領域の内容であるためです。

 

いかがでしょうか。

SEは35歳くらいになるとスキルに大きな差がついています。

年齢が限界なのではなく、向上心を捨ててしまうことが限界を招くことにつながります。35歳以上でも向上心を磨き、新天地では一からの謙虚な気持ちで臨むことで良い転職につなげられるものと思います。