未経験からSE(システムエンジニア)に転職する難易度や方法

未経験でSEに転職するのは20代のうちであれば決して難しいことでは無いと思います。

筆者の実感では人とのコミュニケーションが好きで自信がある人はそれだけで適性があります。

プログラミングや技術的な知識は勉強さえすれば、身につけることができますので、文系・理系は関係ありません。文系出身のSEの方が世の中には多いくらいです。

それまでの社会人としての経験自体が役に立つことはあります。専門職といえど周囲との協調関係や信頼関係を築いて成り立つ仕事であることに変わりは無いからです。

30代から未経験でSE転職は難易度が高い

30歳を過ぎてから未経験でSEに転職するというのは一般的には厳しいと思われます。SEの仕事はただでさえ勉強の毎日です。

転職を果たした後にそれまでに数年以上のキャリアを積んでいる同僚たちに肩を並べるためには仕事をしながらも膨大な勉強をする必要があります。

但し、向上心が強く、体力と気力が充実しており、忍耐力がある人なのであれば30歳を過ぎてからでも臆さず志せば良いと思います。

私の周囲にいる同僚は優秀な人も多いですが、伸びしろが無く固まってしまっている人も大勢います。

それでも一定のポジションで仕事をこなしている実情を踏まえれば、30歳を過ぎたから通用しないとは全く思えません。

向上心が強い人は大して向上心の乏しい生え抜きのSEを抜き去ることが出来ます。また、SEの仕事は理系、文系といった適性の偏りはありません。

SEの適性で大切なのは物事を論理的に考える力であり、コミュニケーションスキルであり、粘り強さであり、主体性です。

技術力を身に付けるのは誰であれ、個人の努力である程度のレベルまでは到達できます。

一つ大切なことはSEの幅広い仕事の内容にやりがいを持てそうか、好きでいられ続けられそうかの確信が持てるかどうかです。辛いことに直面しても好きでいられ続けられることは成功するには大切な要素です。

他職種からSEに転職するメリット

SEの仕事は人手不足が続いており、将来的にも慢性的な人手不足となる可能性が高そうです。AIに取って代わられる職業も多数出てくる見通しの中で、SEの仕事が早々に需要が無くなることは考えにくいです。

私の経験の中で実感することには、SEの仕事は属人的過ぎます。

どの業界でもビジネスモデルが変化していき、他社対抗上、様々なIT投資は今後も欠かせないと考えます。

複雑な業界動向の変化や現場のシステム利用者の取り巻く環境に応じたシステムを提供するには機微というものが必要です。

機微を汲み取るには人同士の対面型の高度なコミュニケーションが必要です。そのような属人的なプロセスが上流工程に存在しており、属人的なプロセスを最終的に正しくシステムに反映させていく事情を考慮すると、今後も必要な職種であることが想像出来ます。

遠い未来のことは読み切れませんが、向こう数十年は需要がある職業と考えると、生え抜きのSEに肩を並べるまでに力を付けることが出来れば、専門職として長く活躍できるフィールドを確保出来たことになると思います。

他職種からSEに転職するデメリット

SEの仕事は一般的には過酷で労働時間が長い職場が多いです。

それまでの職種で残業をほとんどしないで済んでいたのであれば、その厳しさに愕然としてしまう可能性があります。

また、慢性的な人手不足からも転職を果たしたとしても一人一人に負荷が掛かる可能性があります。

SEはプログラムを組むことが仕事では無く、プログラムを組む人をコントロールすることが仕事です。

コンピュータやプログラムが好きという程度で転職を志しても、実際に任される業務は顧客との折衝、プロジェクトの管理、チーム内外、協力会社といった関係者間での調整など多岐に渡ります。

時に労働時間が長くなることも覚悟の上で、幅広い業務領域を全体的にやりがいを
持てると確信出来て、かつ日々の努力を怠らず、辛いことがあっても向上心を無くさない気概がある人でないと転職出来ても後悔することになるかもしれません。

未経験からSEに転職する方法やステップ

SEという仕事が何をするのかを未経験であっても良く研究することが第一です。

システムエンジニアという用語から、SEはシステム寄りの仕事が中心であり、システムの知識を身に付ければ通用するものと考えがちですが実際はそれだけでは足りません。

まずは客観的な証明手段及び基本的なスキルを身に付ける一石二鳥の効果を見込むものとして、国家資格である情報処理技術者試験のうち、基本情報技術者試験は取得を目指すべきです。

この資格はSEの仕事においては自動車における普通免許のような位置付けです。出題範囲は幅広く、一通りの理解をして試験に合格することが出来れば適性があります。出題範囲の中でもアルゴリズムやプログラム言語に関わる部分を深く理解することは未経験者の仕事の滑り出しとして特に役に立ちます。

SEはプログラミングをするのが本業ではありませんが、最初はプログラミングを経験することが結局は上流工程からの一通りの工程をこなせるようになるための早道です。

転職活動の方法としては転職エージェントのサービスを利用することが効果的です。

求められるスキルや業務内容を専門的な知見からアドバイスしてくれるエージェントを探し、それまでの経験で役に立てられることもヒアリングすべきです。転職先の企業で求められるスキル、労働環境、職務内容は全く同じわけではありません。

未経験といえども、よりフィットする可能性の高い企業をエージェントの情報を通じて良く理解し、自らの判断で面接に臨む企業を選定することで道が開けてくると思います。