SE転職の求人の選び方と志望動機の書き方

SE・システムエンジニア職の転職活動で大切な、自分にあった求人の選び方と魅力的な志望動機の書き方について解説します。

「出来ること」と「やりたいこと」を分けて考えてみる

どういう転職先がいいのかわからない、応募すべき求人情報が見分けられないという方も多いでしょう。

そういった際のコツとしては、あなたが「出来ること」と「やりたいこと」を区別して考えるというものです。

転職理由によって、この「出来ること」と「やりたいこと」のバランスを取って求人情報を探すのです。

  • やりたいことが見つからない、でも成長したい、年収アップしたい
    ⇒「出来ること」を軸にして、将来の成長が感じられる、責任範囲が広がる、より高度なタスクにチャレンジできる企業や求人を選ぶ
  • やりたいことがあるけれど、転職先が具体的に思いつかない
    ⇒「出来ること」だけでなく、「やりたいこと」を実現できる企業や求人を選ぶ

参考:転職先・求人情報の選び方は「出来ること」と「やりたいこと」を分けて考える

SEで自分にあった求人の選び方、見分け方

志望動機は応募先の求人・企業によってそれぞれ異なりますので、まずは自分にあった求人を選ぶ必要があります。

SEの仕事の領域は幅が広すぎるため志望される仕事と求人内容がマッチしていることは大切です。

求人内容に含まれるキーワードから有る程度類別することが可能ですので、紹介したいと思います。

経験不問の求人

この用語を用いている企業は要注意です。

SEの仕事は経験無くしていきなり通用するほど甘くはありません。

若い人をターゲットにしている求人なのであれば問題ありませんが、経験不問ということは間口が広いものの、離職率が高く、常に求人が必要な企業である可能性もあります。

業界全体が人手不足の傾向がある中で一概に判断することは出来ませんが、基本的には間口が狭く、自身が持つ強みにフィットする企業を探すことが原則です。

プログラミング経験、特定の言語のスキルを求める求人

SEとしての求人でありながら、プログラミング経験・特定プログラミング言語スキルを重視する企業は業務範囲がプログラム設計・プログラミングといった下流工程を中心としているものである可能性が高いです。

現場のコーディング寄りの仕事を中心にキャリアを積んでいきたい人であれば、検討する余地がありますが、一方でプロジェクトマネジメントなど上流工程を中心としたユーザーに近い立場で仕事をしていきたい人は避けるべきです。

インフラ、ネットワーク、データベース、組み込みソフトウェアといったスキルを求める求人

これらの用語はSEの中でも専門領域の求人です。

インフラやネットワークはアプリケーション技術領域とは随分と異なります。

当然、顧客ニーズに立つことは変わりませんが、同時に高度な技術力が求められます。

実際に経験を重ねてきて、転職後も同様の専門領域を望む人が真剣に検討すべき求人です。

SEキャリアが長くても未経験の技術であったりする場合は、業務内容以外の条件に惹かれて志望するのは避けるべきです。

逆に、強みとする専門領域が企業の求める人材とマッチしていれば転職後も安定的に活躍できる可能性があります。

何らかのシステム開発経験を求める求人

「何らかの」といった表現を用いていながらもSEとしてのシステム開発経験を積んでいる人を求めている求人は、幅広いITサービスを手掛けている企業である可能性があります。

企業によって事業の範囲や職場環境は大きく異なると思われるため、具体的にどのような仕事を手掛けているのか情報を入手する必要があります。

少なくともSEとしてシステム開発の一連の流れを経験してきている人はマッチする可能性があるため、注目して良いと思います。

上流工程というキーワードを含む求人

上流工程という言葉を含む求人は元請けとして顧客から注文を取れる企業か、ユーザー系で直接の仕事が保証されている企業であるケースが多いと思われます。

上流工程から活躍することを志望動機としている人は注目すべき求人です。

ただ、企業によっては下流工程を担当する機会が失われ、その分上流工程における業務知識、コミュニケーション能力、調整力といったスキルを高いレベルで求めている企業である可能性があります。

 

キーワードからある程度、企業が求める求人の傾向は推測することが出来ます。しかしいずれにしても、個々の企業の風土や業務内容、職場環境は大きく異なるものです。応募に向けては転職エージェントのアドバイスも含め、その企業の実態をよく調べて臨むことが大切です。

SEの説得力のある志望動機とはどんなものか

志望する企業の事業や募集している求人内容に対する強い関心を持っていることをまずは書くことです。

関心を持っている要素を具体的に記述することが必要です。関心を持っていること自体が立派な志望動機です。

さらにSEとして培ってきたスキルと経験を具体的に前職ではどのように発揮しており、転職後にはどのような形で貢献したいのか、違いを対比した形で表現することが望ましいです。

違いを示さないと採用担当者は志望者の動機が掴みづらいです。前職では満たされない何かを改善したいからであることを採用担当者も承知しているからです。

SEとして大切なスキル・能力は技術力、コミュニケーション能力、マネジメント能力などを発揮できることです。説得力のある志望動機はこれらのスキル・能力を相手の企業にとって、どのように生かすかを結び付けて書けることです。以下に例文をご紹介します。

前職では、SEとして〇〇のシステムを中心に〇年間、プロジェクトリーダの業務に従事しておりました。

日々顧客折衝を重ねながら、業務知識を身に付け、顧客に満足頂ける最適なシステムの姿を予算に収める形で提案するスキルを身に付けました。システム開発の上流から下流全ての工程を経験してきており、顧客、社内、協力会社との調整にも幅広く力を発揮してきました。

貴社の事業領域は幅広く、ビジネスモデルを把握して広範な関係者をリードできるSEを必要とされていると判断致しました。私は長年の顧客折衝の経験とプロジェクトリーダとしての立場から、コスト・品質・スケジュールをバランス良く守りながらシステムを完成させることの難しさは熟知しております。

これまでのスキルと経験から、貴社の事業背景を理解し、持ち前のバランス感覚を発揮して関係者を幅広くリードしながら、あるべきシステムを提案出来るSEとして貢献させて頂きたいと考えております。同時に私自身が更に成長させて頂けることを確信して貴社を志望させて頂きました。

少し長いかもしれませんが、その企業に対する熱意と具体性が伝わる志望動機とすることが説得力を持つ鍵になると考えます。

SEの転職でNGな志望動機とはどんなものか

典型的にNGな志望動機はその企業でなければならない理由付けが為されていないことです。

例えば社内SEへの転職を目指しているときに、社内SEになりたいということ自体が志望動機であれば企業は採用する意欲がわかないと思います。

何故その企業で働きたいと思ったのか、ご縁があればどのような形で貢献したいと考えているのか、企業に目を向けた志望動機を書くことが大切です。

あらゆるサイトに紹介されているようなありきたりな志望動機を書き連ねても採用担当者の心には響きません。

もう一つは前職の状況を述べるときに現状からの逃避と受け取られかねないネガティブな表現を含めることです。

例えば社内の人間関係や長時間労働を苦にしており、その環境から脱却したいことを直接的でなくとも仄めかす理由としたものです。

難しいことにこれらはいずれもSEの本音の志望動機としては上位にくるものだと考えられます。私は面接まで進めばこれらの本音は前向きな志望動機と合わせて述べることが出来るならば、示しても良いことだと考えます。

しかし書面上では避けるべきです。機微が分かりませんので採用担当者を警戒させてしまう恐れがあるからです。