営業の転職で魅力的な志望動機の考え方と書き方

営業の転職で魅力的な志望動機の考え方と書き方

転職活動をする上で、なぜ転職をしたいのか(転職理由)を応募先の企業ごとに書いたものが志望動機です。

志望動機は履歴書・職務経歴書の作成から面接まで、全ての段階で大切となるものです。

本記事では、営業の人が転職をする際の志望動機の考え方と書き方を解説します。

尚、志望動機の元になる、営業職の本音の転職理由については下記の記事を参考にしてください。

⇒営業職の主な転職理由の本音5パターン

志望動機の重要性について

採用担当者の元には、1人の採用希望者から履歴書と職務経歴書の2通の書類が届くわけですが、採用担当者が必ず読む部分は志望動機です。

もちろん応募者のこれまでの仕事歴は、採用を大きく左右しますので、履歴書の職歴欄と職務経歴書は気合を入れて書く必要があります。

一方、志望動機は「御社に入りたい理由」を書く欄ですので、あなたの転職希望先企業は、そこも注目する部分です。

  • うちの会社にどれくらい貢献する気持ちがあるのか
  • すぐ辞めずに頑張ってくれるのか

という採用担当者の気持ちが志望動機を読ませるのです。

営業マンが送った応募書類は、まず人事部によって開封されます。

人事部は、社内各部署の管理職から「こういう人材がほしい」という相談を受けていますので、履歴書・職務経歴書の内容をチェックするときは、その要望に沿う人物かどうかをまず確認します。

そこでキャリア的にまずは問題無さそうだなという第一ハードルを超えた後に、読まれるのが志望動機です。

面接で自己PRや受け答えのベースになるのも志望動機

志望動機というのは、

  • 御社で働きたい理由
  • 御社でなければだめな理由

と言い換えられます。

これらの理由は、面接での自己PRや受け答えのベースになるものです。

「自分の経歴とスキルを活かして、御社に貢献したい」といくら言っても、「なぜ御社じゃなければいけないのか」がしっかりと伝えられないと説得力が生まれません。

だから、志望動機を考えることは、転職活動を成功させる上でとても大切なのです。

志望動機を考えるコツ

志望動機を考えるコツ

説得力のある志望動機を考えるコツを2点紹介します。

業界の志望動機→企業の志望動機→職種の志望動機の順で考える

相手に何かを伝えて理解してもらうために必要なのは、「大枠から説明して、詳細に入っていく」ことです。

いきなり詳細について細かく説明しても、聞いている側は全体が理解出来てないので、すんなりと頭に入ってきません。

つまり、説得力のある志望動機を書くためには、下記の順番で考えるべきです。

  1. 応募している「業界で働きたい理由」を考える
  2. その業界の中で「なぜその会社で働きたいのか」を考える
  3. その会社の中で「なぜその職種で働きたいのか」を考える
  4. その職種で「あなたは何が出来るのか?」を考える

例えば、不動産業界で営業職として働く人が、不動産業界の他社の営業職への転職をするのであれば、「業界で働きたい理由」をさほど深く考える必要はありません。

しかし、不動産業界で営業職として働く人が、IT業界の営業職へ転職を希望するのであれば、「不動産業界ではなくIT業界で働きたい理由」からしっかり考える必要があります。

つまり、しっかりとした志望動機を考えるには、

業界研究⇒企業研究⇒自分のキャリアプラン

の順で考えていく必要があります。

「未来」について考える

IT化が進み、未来を予測するのが非常に難しい時代となりました。

Fintechによって、巨大な金融業界が突然IT企業に飲み込まれていくことなど、数年前から予想して出来ていた人はほとんどいないでしょう。

しかし、それでも、自分のキャリアプラン(未来)について考えることは無駄ではありません。

その業界、その企業、その職種、それぞれの未来を予測して自分なりの考えを持っておくと、志望動機はより具体的で説得力が増します。

AIやクラウド化、ビッグデータ解析、シンギュラリティなどの要因によって、これから様々な業種や職種で多くの変化が起こるでしょう。

それらの最先端技術に関する書籍を読むことで、未来を考えた将来性のあるキャリアプランと志望動機を考えられるでしょう。

志望動機を考える3ステップ

志望動機を考える3ステップ

それでは実際に、業界研究⇒企業研究⇒自分のキャリアプランの順で志望動機を考えるステップを解説していきます。

業界研究のやり方

業界研究をする上でのチェックポイントは下記を意識して情報をインプットしましょう。

  • 業界の現状
  • 業界を構成する企業の状況
  • 業界の景気動向
  • 業界の将来性
  • 業界の国際性
  • 業界の社会性

業界の現状は、グーグルで「業界名」関連のワードで検索すると色々なニュースを一通り読めるはずです。例えば「業界名+矢野経済研究所」「業界名+動向」といった検索ワードです。

さらに業界を構成する企業名のリストを作成し、TOP数社の企業名で検索をして色々なプレスリリースやインタビュー記事を読んでみましょう。

その上で、業界を全体的に解説した書籍を数冊読むと、大まかな状況は理解出来るはずです。

その上で、業界の将来に大きな影響を与えそうな技術をリストアップします。例えば、IT化・ロボット・AIなどですが、業界によって異なります。

「業界名+今後」などのワードで検索をすると、影響を与える技術や動きのヒントがあります。

それらの技術名と業界名・企業名を組み合わせて検索をすると、その業界で起きている技術的な変化が分かり、業界の将来性を理解するのに役立ちます。

業界の国際性については、TOP数社の「企業名+グローバル」「企業名+海外事業」「企業名+海外拠点」といったワードで検索してみます。

グローバル化には大きく、

  • 労働力や土地を海外に移転させてコストを抑える
  • 販売先に海外を増やして売上を増加させる

の2方向がありますので、その点を意識して理解するようにしましょう。

企業研究のやり方

業界研究が一通り出来ると、次は応募先企業の研究です。

業界研究の時と同様に一通りニュースに触れ、ホームページも一通り目を通しましょう。

上場企業であれば、決算報告書にも目を通しておくとより理解が進みます。

また、サービスや商品に実際に触れられる場合は触れておくといいです。

面倒くさい作業に思えますが、これをしておくと志望動機に具体性が出て、書類や面接で非常に説得力のある伝え方が出来ます。

あなたのキャリアプランと照らし合わせる

業界と企業のことをしっかりと理解した上で、そこで働きたいという気持ちと、あなたのキャリアプランとを照らし合わせて、一致した部分が志望動機になります。

キャリアプランとは今後あなたがどのように仕事人生を歩んでいきたいかです。

キャリアプランを実現する上で、この業界のこの企業で働きたいんだ、という部分が志望動機になるわけです。

なぜ営業をやりたいのかを考える

営業職への転職を考える場合、「なぜ営業として働きたいのか」という理由も志望動機に含まれます。

もちろん、前職が営業職であれば、そのままキャリアを活かしたいというのも十分な志望動機になり得ますが、より説得力のある志望動機を考えるのであれば、その企業での営業職の位置付けを考えてみると良いでしょう。

営業職の特徴は、

  • 顧客と直接触れ合いながら、商材を提案する
  • 会社の売上を最前線で作る

という2点です。

業界研究と企業研究をした上で働きたいと考えているということは、その商材で世の中の企業や人々をより幸せに出来ると思ったのでしょう。

営業職は、まさに最前線で、直接顧客と触れ合いながらその商材を世の中に広めていく使命をもった職種なわけですね。

※本音では、前の会社の年収が良くないから収入アップしたい、前の会社での人間関係が辛かった、という転職理由があったとしても、志望動機とはこのように建前を考えるものだったりします。

営業の転職でNGな志望動機とは

これまで300通以上の履歴書を見させていただきましたが、「やりたいこと」や「やりがい」について書かれた履歴書は多いのですが、それは単に、応募者の希望を述べているにすぎません。

採用担当者は「で?」と感じ、その次のことを知りたいのです。

次のような志望動機は、一見「普通の文章」に思えるかもしれませんが、採用担当者としては「またこのパターンかあ」と感じるでしょう。

  • 御社の北米での事業展開は目を見張るものがあり、強いブランド力に魅かれました。
  • 御社は某消費者アンケートサイトにおいて、顧客満足度ナンバー1を3年連続で取得しております。そのような企業で働けることを夢見て、履歴書を送付させていただきました。

業界研究と企業研究が終わっていれば、もっと具体性のある志望動機が書けるはずです。