30代広報・IRの刺さる履歴書・志望動機の書き方

履歴書を書き上げて「さあ、封筒に入れてポストに投函しよう」というタイミングの方にお伝えしたいことがあります。

「履歴書の志望動機欄を今一度チェックしてください」

何度も読み返した、という方も、封筒を糊付けする前に、ぜひこの記事を最後まで読んでください。きっと「書き直そう」と思っていただけるはずです。

というのは、30代の広報・IR経験者を採用しようとしている採用担当者は、志望動機欄に注目しているからです。

志望動機の重要性

企業の全情報を知ることになる広報・IR担当者は、経営者や管理職からかなり信頼された人物のはずです。
広報・IR担当者が、プロジェクトの企画段階の打ち合わせに呼ばれるのも、優秀だからです。

しかもその広報・IR担当者の年齢が30代に達していれば、企業の期待は相当大きなものです。

転職希望先企業は「あなたのような人がなぜ」と思っている

ですので、転職希望先企業の採用担当者は、30代広報・IR担当者から郵送されてきた履歴書を見たとき「ほほう、こんな優秀な人が応募してくれたのか」と嬉しく思う一方で、「これだけ見事な履歴なのに、なぜうちに来たいと思うんだろうか」といぶかるのです。

その疑念を払拭するのが志望動機欄です。

結論から先に申し上げます。志望動機に書くことは「だから御社に入りたいんです」ということです。

志望動機を書くための準備

志望動機欄に「だから御社に入りたいんです」と書くためには、「だから」を探さなければなりません。「だから」には2種類あるので、準備には時間がかかるでしょう。

御社が素敵「だから」

最初の「だから」は、「御社が素敵だから」の「だから」です。転職といっても、ある企業の広報・IRから別の企業の広報・IRに移る場合、やることはあまり変わりありません。ということは、企業の特色が違うことが、転職動機になっているはずです。

あなたは、その転職希望先企業の、どこに魅かれたのでしょうか。それを考えることが志望動機を書く準備の1つです。

例えば、同業他社への転職を考えている場合、ライバル社社員として憧れてきたことを書き込むといいでしょう。

今の会社に不満「だから」

履歴書の書き方を指導する人の中には、志望動機に現在の会社の不満を書くことはNGと言う人がいますが、筆者の見解は少し異なります。

30文字くらいは不満を書いた方がリアルです。リアルということは、信憑性があると感じてもらえる、ということです。

しかも、30代まで広報・IRをやり遂げてきた方ならなおさらです。転職希望先企業の採用担当者も「これだけの人が、なんの不満もないのに転職はしないだろう」と考えながら履歴書を読みます。

例えば、こんな文面はいかがでしょうか。

  • いまの会社の報酬に満足できず、転職を検討しました
  • もっと大きなマスコミの取材対応がしたいと思うようになりました
  • 現在の会社では広報予算が少なく、大規模プロジェクトが組めません

3つも書くのはさすがに「不満が多すぎる人」となってしまいますが、このうち1つに当てはまれば、それを志望動機にそっと忍ばせてみてください。

以上2つの「だから」を見つけるのはなかなか大変な作業なので、準備期間を設けてじっくり検討してみましょう。

面接官にとって説得力のある志望動機とは

「履歴書はラブレターである」と言った人がいます。ラブレターの送り主は、「私はあなたのことが好きです。振り向いてください」ということを伝えたくて、手紙を書きます。

なので履歴書は「私は御社の事業に敬服しています。採用してください」という手紙なのです。

業界の志望動機→企業の志望動機→職種の志望動機の順で考える

相手に何かを伝えて理解してもらうスキルの全てに当てはまるのは、「大枠から説明して、詳細に入っていく」です。

いきなり詳細について細かく説明しても、聞いている側は全体が理解出来てないのですんなりと頭に入ってきません。

つまり、説得力のある志望動機とは下記の順で書かれているものです。

  1. 応募している「業界で働きたい理由」を説明
  2. 「その中でなぜ御社で働きたいのか」を説明
  3. 「その中でなぜこの職種として働きたいのか」を説明
  4. 「その職種であなたは何が出来るのか?」を説明

ストーリーを考えよう(ただし嘘は厳禁中の厳禁)

履歴書は読みやすくなければなりません。丁寧な文字や正確な記述はもちろんのこと、ストーリーをつくることが重要です。

ストーリーには起承転結が必要で、履歴書の志望動機欄は「承」になります。つまり志望動機は物語のメインイベントとなるので「御社を敬服する気持ち」はたっぷり書いてください。

例えば、美容クリニックをチェーン展開している医療法人の広報・IRへの転職を希望していれば、「○○という手技は、貴法人が全国に広めたといっても過言ではありません。この点をもっとPRすることで、△△に悩む女性たちに希望の光となるでしょう。」と書いてください。

「敬服の気持ち」は強ければ強いほど良いのですが、ただ嘘は厳禁です。そう思っていないのにそう書いてしまうと、書類選考を通過しても、採用面接で必ずボロが出てしまいます。自然にわき出てきた気持ちを強調して書いてください。

NGな志望動機とは

例えば、ラブレターを送る相手に3つの長所があったとします。

  1. 顔が良い
  2. 収入が良い
  3. 気持ちが優しい

このうち、ラブレターで②を強調するのがNGなのはご理解いただけると思います。

「私はあんたの年収に魅かれました。お付き合いしてください」と書いて、付き合えるはずがありません。

①を強調するのも微妙です。
ラブレターを受け取った方は、「じゃあ年を取ってシワが増えたら嫌われるの?」と思ってしまうでしょう。

褒められて嬉しくない長所については書かない

人には「褒められて嬉しい」長所と、「そこを褒められても不愉快」な長所があります。

志望動機でも同じです。例えば「御社は給料がいいので、入社したいと思いました」と書かれた履歴書を、楽しく読める採用担当者はいないでしょう。「自宅に近いから」というのもどこか投げやりな印象を受けます。

そうではなく、広報室長が喜ぶ志望動機を考えましょう。

例えば志望動機欄に「マスコミの企業イメージ調査で御社がいつも上位にランクインするのは、広報活動の賜物であると想像します」と書かれた履歴書に、気分を害する広報室長はいないでしょう。

広報・IR職の志望動機の書き方

すでにある企業の広報・IRの職に就き、それなりに実績を重ねてきたあなたが、別の会社の広報・IRに転職したがるのは「よりインパクトのある、もっと予算をかけた広報・IR活動を展開したい」と考えたからです。

志望動機にはそれを書きましょう。

もしあなたが、広報・IRの勉強をする中で、たまたま転職希望先企業の広報・IR活動の事例を見かけたら、志望動機欄には「教科書のお手本になるような仕事をしている御社に入って、広報・IRのエキスパートを目指したいのです」と書いてください。

志望動機欄の文章に込めた熱い気持ちがきちんと伝わったとき、採用面接の日時を伝える手紙が届くでしょう。