派遣ネットワークエンジニアのメリット・デメリットと正社員になる方法

本記事では、ネットワークエンジニアで派遣社員として働くことのメリット・デメリットや正社員になるステップについて解説します。

ネットワークエンジニアの派遣という働き方

派遣社員よりは正社員の方が収入が安定していて良いというイメージが強いですが、ネットワークエンジニアの場合はあえて派遣社員という働き方を選んでいる人もいます。

実をいうと派遣社員の方が正社員よりも働くことが出来るという例もあり、人によっては派遣社員の方が待遇が良いということもありえるのです。

正社員でも、大手でネットワークエンジニアとして働く場合は自社開発なので待遇も良く問題なく働くことが出来ますが、中小企業の場合は派遣先の企業で働くことが大半となっています。

しかし、その場合、派遣先も出来るだけ安い人件費でネットワークエンジニアを雇いたいので、給与も安いですし、そこから会社の取り分を考えると給与が上がることもあまり見込めません。

そのため、場合によっては派遣社員の方が稼げるという例も多いです。このように正社員として働く場合でもデメリットがあるため、正社員と派遣社員のメリットとデメリットを比較して自分に合う働き方を見つけましょう。

派遣ネットワークエンジニアのメリット

派遣社員でネットワークエンジニアとして働く場合のメリットとして大きいのが、色々な現場を経験することが出来ると言う点です。

一つの現場だけでなく色々な職場に期間を決めて派遣されるため、色々な仕事を短期間で経験することが出来ます。

場合によっては、派遣社員として大手企業のプロジェクトに参加することも出来、レベルの高い仕事を早いうちから経験したいけれども自分のレベルでは大手に受かる自信がないという方におすすめです。

また、実を言うと正社員よりも派遣社員の方が給与が上がりやすいです。その理由としては、派遣社員の場合では担当する案件を自分で選べるため、一つの仕事に関するスキルを上げることに集中出来る点が挙げられます。

ネットワークエンジニアの仕事も色々な仕事があることから、自分が得意な仕事に特化した勉強もしやすいと言えます。エンジニア業界は年功序列よりも実力主義の面が強いため、スキルに応じて給与が上がっていく傾向があります。

派遣社員であればなおさらであり、自分のスキルを磨いて給与アップを狙うことが出来ます。

派遣ネットワークエンジニアのデメリット

派遣社員の場合、正社員と違って雇用が保証されていません。そのため、担当していたプロジェクトが途中で終わってしまった場合、給与が支給されないことがあります。

それに、派遣社員が同じ職場で働く場合3年までという制限が派遣法改正法によって定められているため、3年経過したら気に入っている職場でも正社員になるか他の職場を探すという選択肢しかありません。それに雇用条件によっては交通費が支払われなかったり、福利厚生制度が利用出来なかったりとやはり正社員よりも労働条件の面で劣ってしまう面もあります。

ある程度貯蓄に余裕がある場合は問題ありませんが、ギリギリで生活しているのであれば正社員を目指して働くのが良いと言えるでしょう。

また、20代のうちは問題ありませんが、30代に入ると基本的にプロジェクトをまとめるのは正社員のため、年下の部下のもとで働くことが増えていきます。年下に指示されることに不快感を示す人も多く、そのような人には派遣社員として働くことは向いていないと言えるでしょう。

派遣から正社員になるなら紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、最長6か月間の派遣社員としての労働の後、正社員として企業で働くことが出来る雇用形態のことを言います。

紹介予定派遣の場合、派遣社員として働く期間は企業にとってのお試し期間であり、会社との適性を見極める期間を設けて働くことが出来るため、企業側だけでなく求職者側のメリットも大きいです。

やはり正社員として働くにしても、企業の雰囲気は実際に働いてみないとわかりません。紹介予定派遣の場合であれば、最長半年間企業で働くことが出来るので、自分に職場が向いているのかどうかを判断しやすいですし、向いていないのであれば次の職場をすぐに探すことが出来ます。

このように企業の雰囲気を実際に働いて判断することが出来ることからブラック企業の求人も少ないです。

それに、正社員雇用を見越しているため、派遣会社からのサポートも手厚く転職もしやすいと言えます。紹介予定派遣のメリットとしては、正社員雇用を見越した雇用のために正社員になりやすいという点が大きいですが、もちろんデメリットもあります。

あくまで紹介「予定」派遣のため、あまりにも仕事が出来なかったりすると派遣社員として働いた後に正社員にならずに、雇用が打ち切られてしまうということが紹介予定派遣ではまれにあります。

基本的には書類選考、面接、入職と正社員と同じ流れで入職まで進んでいくためこのようなことはありませんが、正社員になるまでは派遣社員と同じ扱いであるということを忘れてはいけません。

それに、紹介予定派遣はまだ普及している雇用形態ではないため、求人の数も少ないです。

大手やITエンジニアに特化した転職エージェントに登録をして、求人情報が出たタイミングで直ぐに連絡が来るようにしておくことをオススメします。