ネットワークエンジニア転職の志望動機の考え方、書き方

ネットワークエンジニア転職の志望動機の考え方、書き方

転職活動をする上で、「なぜその会社で働きたいのか」を応募先の企業ごとに書いたものが志望動機です。

あなたなりの転職理由を、応募先の企業ごとにカスタマイズして出来上がるものとも言えます。

志望動機は履歴書・職務経歴書の作成から面接まで、全ての段階で大切となるものです。

本記事では、ネットワークエンジニア職の人が転職をする際の志望動機の考え方と書き方を解説します。

尚、志望動機の元になる、ネットワークエンジニア職の本音の転職理由については下記の記事を参考にしてください。

⇒ネットワークエンジニアのよくある本音の転職理由6パターン

ネットワークエンジニアが志望動機を書く3ステップ

志望動機を考える3ステップ

転職活動における志望動機とは、

  • 「なぜネットワークエンジニアとして働きたいのですか?」
  • 「他にもネットワークエンジニア求人があるのになぜ当社に応募したのか?」
  • 「なぜ当社はあなたを採用するべきだと考えたのですか?」

これらの問いに対する答えを、採用担当者に納得してもうためのものです。

つまり、

  1. なぜネットワークエンジニアとして働きたいか
  2. なぜその企業で働きたいのか
  3. 自分の経験がその企業でどう活かせるか

の順で考えていけば志望動機が書けます。

①なぜネットワークエンジニアとして働きたいか

特に未経験からネットワークエンジニアに転職する場合では、ここはしっかりと考えておく必要があるでしょう。

またネットワークエンジニアとして経歴がある程度ある人であっても、ここを考え直すことで、自分のこれからのキャリアプランが明確になり、次の「なぜその企業で働きたいのか」が考えられるようになります。

なぜネットワークエンジニアとして働きたいかは、

  • ネットワークエンジニアとはどんな仕事をするのか
  • これからの社会においてネットワーク・インフラがどんな役割を果たすのか

の2点を勉強をしておかなければ考えられません。

未経験転職の方は、ネットワークエンジニアの業務内容については、下記の記事を参考にしてみてください。
⇒ネットワークエンジニアの仕事内容とやりがい、年収相場、必要スキル

2点目のネットワーク業界のこれからについては、クラウド・IoT・AI・VR・ブロックチェーンといったトレンドに関して、それぞれ数冊程度は専門書を読んで理解しておきましょう。

勉強を進めていくほど、これから自分がどんなネットワークエンジニアになっていきたいかが明確に考えられるはずです。

②なぜその企業で働きたいのか

なぜネットワークエンジニアとして働きたいのか、これからどんなネットワークエンジニアになっていきたいのかが明確になったら、「その道筋に位置するのが御社だからです」と言えるようになるはずです。

応募先の企業ごとにホームページをしっかり読んで、上場企業であれば最近の決算資料を読んで、企業理念や経営状況を理解しておくことは最低限必要です。

ただ、ネットワークエンジニア職の転職においては、応募先企業が「他社とは違う独自性を持っている」わけではないことがほとんどなのが実際のところです。

大手ベンダーなどであれば、「大規模案件を上流工程から携わることができ・・・」といった志望動機にもなりますが、中小Sier企業では他の会社とほとんど変わらないでしょう。

もちろん採用担当者もそこは自覚しているので、その企業の独自性が見つからないのであれば、「自分の目指すネットワークエンジニアとしてのキャリアプランにマッチした業務経験が積めるから」という志望動機で十分です。

入社できたら「こういうことに挑戦したい。大規模系の設計構築に携わりたい。CISCO製品につき更に知識を深め高みを目指したい。技術力をさらに磨きお客様に効率のいい運用を提案したい」など、ネットワークエンジニアとして具体的にしたいことを列挙するといいでしょう。

ここに関しては、求人情報に書いてある内容は大抵の場合、理解するに十分ではないので、転職エージェントを必ず利用して、キャリアアドバイザーから応募先企業のこと、担当できる業務についてちゃんとヒアリングをして理解をしておく必要があります。

③自分がその企業でどのように貢献できるか

単にやってきたこれまでの経験を述べたり、一般的な言い回しでは、とても説得力があるとは言えません。

またスキルの高いところを見せようと技術用語や製品名を記してもそんなに伝わりません。

あなたの志望動機を見るのは人事担当者だけではなく、現場の経験豊富なネットワークエンジニアも見るかもしれません。

未経験であってもネットワークエンジニアの仕事に活用できる経験は必ずある

現に筆者も、以前勤めていた会社で人事部に頼まれて何人かの志望動機を読ませていただきました。

例えば、以前に未経験者の応募書類を拝見したことがあります。ゲームセンターの雇われ店長で28歳未経験である方がネットワークエンジニアに応募してきました。全くの素人です。

でも、その志望動機の書き方に魅力を感じました。職務経験や人生観が次にどう生かしたいかが伝わってきました。

アルバイト店員20名の要員管理、お客様の種々クレーム対応、ゲームメーカへの種々視察提案、店内のサービス向上(その他店舗にない唯一のサービスの企画)などが記載されてました。

一見ネットワークエンジニアと何の関係があるかと思うかもしれません。しかし、その方は、以前の仕事とIT業界に生かせる共通点を自分の視点で書かれていました。

また、その方はネットワークエンジニアへの転職活動をする為に、UNIXやCISCO製品のライセンス資格や構築を日中、夜間に自費で授業料を1年近く払って準備されてきました。

業界が違っていても自分の役職や成果、得た経験や実績をアピールすることが大切です。

店長経験者で、20名の要員管理ということであれば、管理者・マネジメントの素養は十分に見込めます。

会社によって環境は違い、未経験で知識がない分野ではあるものの、入社後3年くらいみっちり実践スキルを磨き、実務を経験することでネットワークエンジニアとして働くことは十分可能でしょうし、その後プロジェクトマネジメントや提案営業など道が開かれるかもしれません。

ネットワークエンジニアの転職でNGな志望動機とはどんなものか

NGな志望動機の書き方

志望動機で是非とも避けたい内容は、抽象的な文面です。

「御社の事業方針に魅力を感じました」と表現しても具体的にどんな方針に魅力を感じたのか?よく伝わりません。単に応募する会社のキャッチコピーを並べたてても採用者は関心しません。

WEB上にある志望動機の例文をコピーはやめましょう。似たような文面を彼らも目にしてます。例え稚拙な文章であっても、あなたの気持ち・やりたいことを目一杯に伝えましょう。

また待遇系をメインの志望動機として伝えるのはNGです。

また、応募企業が社員へ向けて現在取り組んでいる分野、例えば、個人の生活環境を重視してフレックスや育児休暇に力を入れていたりといった特徴がある場合は志望動機の1つになりえます。

しかし、こういった待遇や給料などがベースとなった志望動機は、あくまでも補足的なものにとどめておきましょう。待遇系をメインの志望動機にしてしまうと、美人女性へのプロポーズで「あなたと結婚したい理由は美人だからです」と言っているようなものですので。

ネットワークエンジニアの志望動機の例

下記のような例が筆者が以前に転職活動を行った時に記載した志望動機です。

Cisco製品でのネットワークインフラの運用管理と障害解析、トラブルシューテングや、N社とF社の運用監視ツールを利用したサーバ構築を経験してきました。

また、外資系Sier企業において国内、および欧米中国などのエンジニアおよびベンダーと英語を使って業務を行う経験を積みました。

この業界で8年働いてきた中で、ネットワークエンジニアの業務も様々な技術で効率化、自動化が進んできているのを実感してきました。

また家電を含めたあらゆるものがネットワークに繋がるこれからの社会において、自分ならではの経験やスキルで貢献していけるネットワークエンジニアになりたいと強く思うようになりました。

そのためにも、より上流工程の業務経験を積み、PMとして、客先常駐し、お客様の業務の改善提案から要件定義を中心に行い、ネットワークに必要なプロダクトの選定、導入提案と設計までをおこなえる御社で貢献したいと思っております。

以前と違い、ハードソフト共に製品仕様や提供形態等において技術の移り変わりが激しい為、日々学ぶ事や挑戦することが多くありますが、自分の性格の売りでもある何事にも好奇心旺盛を積極的に生かし様々な仕事の場面において適用できればと考えております。

志望動機はキャリアアドバイザーに事前に見てもらうこと

ネットワークエンジニアとして転職を成功させるために、転職エージェントの活用は必須になります。

キャリアアドバイザーが転職を成功させるために様々なアドバイスをしてくれますが、志望動機を事前に見てもらって添削をしてもらうことは、面接での受け答えの説得力にもつながり大切です。

ネットワークエンジニアの転職にオススメの転職エージェントを2社紹介します。

セカンドオピニオンも重要ですので、2~3社に無料登録をして面談をして、自分の適正な年収や転職の可能性を把握することが第一歩です。

最初の登録先としてはリクルートエージェントをまず登録するといいでしょう。

転職業界1位リクルートエージェントの特徴と評判

やはり転職業界No1だけあって求人数と実績がトップですので、自分の転職可能性と適正年収を把握するために登録しておくべきです。

リクルートエージェント無料登録

2つ目のオススメが、ITエンジニアに特化した転職エージェントの「レバテックキャリア」です。

レバテックキャリア

ITエンジニア業界に特化しているため、キャリアアドバイザーも技術的な知識が豊富で、より正確な適正年収が分かりますし、あなたのキャリアプランに沿ったアドバイスをしてくれます。

ITエンジニア/Webエンジニアの求人が常時5,000件以上あるので、ネットワークエンジニア求人も多数紹介してもらえるでしょう。

ネットワークエンジニアとしてキャリアを積んでいくなら登録必須ともいえます。

レバテックキャリア無料登録