ネットワークエンジニアの職務経歴書の書き方とフォーマット

ネットワークエンジニアの職務経歴書の書き方とフォーマット

転職をしようと考え始めてまずしなければいけないことは、職務経歴書を書き始めることと転職エージェントへの登録です。

本記事では、ネットワークエンジニアの魅力的な職務経歴書の書き方について解説します。

職務経歴書を準備するのは転職に興味が出たタイミング

実際に応募する際は企業ごとに職務経歴書の内容は適宜変える必要がありますが、ベースになるものは転職活動をしていなくても、半年に1回くらい定期的に作っておくのが理想です。

遅くても転職活動を開始する時には作っておくべきです

職務経歴書を応募前から準備しておくメリットは下記のようなものがあります。

  • 転職エージェントのキャリアアドバイザーに見せることで、あなたの希望やキャリアに合った求人情報を紹介してもらいやすくなる
  • キャリアアドバイザーに、より魅力的な職務経歴書にするアドバイスをもらえる
  • 自分のキャリアを振り返ることで、スキルの棚卸しが出来る
  • キャリア振り返りによって、自分のキャリアプランが明確になる

職務経歴書に書くべき4つのこと

まずは職務経歴書に書くべき4つのことをおさらいしておきましょう。

1.職務要約

今までのキャリア全体の総括を3〜5行くらいでまとめたものです。

キャリアの目次的な役割を持っており、ここが一番最初に採用担当者に読まれる部分であり、その後の職務詳細のどの部分をしっかり読んでくれるかが決まる場所でもあります。

2.職務詳細

経験してきた職務内容を具体的にまとめたもので、職務経歴書の大半を占める部分です。

具体的に、でも冗長にならないように、経験してきた仕事を簡潔に伝えましょう。

各職務には、それぞれどんな実績を上げたのかを書くようにしてください。また実績はなるべく数字を使って書くのがポイントです。
(例:四半期ごとに平均○件の新規顧客訪問を行い、○件の新規受注を達成した。)

何をやって、結果どうだったのか、の2点が簡潔に読んで分かることが大切です。

3.貴社で活かせるスキル・経験

職務詳細のなかで得てきたスキルや経験のなかで、特に応募先職種・ポジションで役立つものを3~5行くらいで書く部分です。

ここは必ず応募先企業に合わせて、書き直しましょう。

応募先企業のことをしっかり研究しているからこそ書ける具体的な内容が印象が良いでしょう。

4.自己PR

応募先企業の発展のために、あなたという人物がどのように貢献できるかを伝える部分です。外資系企業への転職では書かない場合も多いです。

熱意を込めて書くべきですが、熱意だけの理想論ではなく、自分のスキルと応募先企業を客観的に見て、なるべく現実的に書く方が良いです。

3で上げなかったスキルや経験を伝えたり、採用担当者が感じそうなあなたのハンデ(年齢やキャリアブランクなど)を先回りしてフォローしておくような書き方も良いでしょう。

職務経歴書の重要性と見られるポイント

営業職の職務経歴書の書き方

職務経歴書は、転職活動において、最初に採用担当者にあなたについて知ってもらうための「第一印象」です。

社会心理学には「初頭効果」というものがあります。複数の情報に基づいて、態度や印象を形成したり、判断を下したりするときに、最初に提示された情報が、特に影響を与えることが分かっています。

人は一度思い込んでしまった場合、自分の中で出来上がった人物像が間違っていないと確認したがる心理が働き、その人物像と逆であることを否定する材料を探します。

第一印象は一度ついたら修正には多大な努力が必要であると言うことです。

それだけ職務経歴書で与える第一印象というのは大事なものですので、しっかり魅力的な書き方を身につけておきましょう。

採用担当者は、職務経歴書を見る時に下記のような点をチェックしますので、それに答える形でまとめるようにしましょう。

  • 求める実務能力を満たしているか
  • 任せたい業務への経験があるか
  • 仕事に対してモチベーションが高いか
  • 情報を分かりやすく伝わりやすくまとめる能力があるか
  • プレゼン能力があるか
  • 転職理由・志望動機が納得できるか

職務経歴書のフォーマットを決めよう

職務経歴書のフォーマットを決める

職務経歴書の書き方には大きく3パターンがあります。

  1. 編年式
  2. キャリア式
  3. コンビネーション式

それぞれメリット・デメリットがありますので、あなたの経歴がより魅力的に見えやすいフォーマットを選ぶようにしてください。

編年式(Chronological Resume)

最もオーソドックスな作成方法で、採用担当者も見慣れているため読む負担が少なくなります。下記のような感じで、年代の古い方から新しい方へ書いていきます。

編年式の職務経歴書の書き方例

出典:リクナビNEXT

  • メリット
    • 時間軸と勤務先と職務ごとに書いていくので読みやすい
    • どのようにキャリアを積んで成長してきたかが伝わりやすい
  • デメリット
    • 転職回数や異動が多い場合に目立つ
    • 30代後半以降など業務経歴が長い場合、冗長になりがち

また年代順で古い年代から書いていく方法と、逆年代順で新しい年代から書いていく方法があります。

30代後半以上の転職であれば、新しい職歴がそのまま次の転職先で活かされるケースが多いので、逆年代順で書いていくのがオススメです。

キャリア式(Functional Resume)

経歴やスキルごとに箇条書きにして書いていくフォーマットです。

下記のような感じで、年代の古い方から新しい方へ書いていきます。

キャリア式の職務経歴書の描き方例

出典:リクナビNEXT

  • メリット
    • 違う部署やプロジェクトで同じ業務を行っていた場合などでも、内容が重複しない
    • 斜め読みでも、どのようなキャリア実績があるかが伝わりやすい
    • 転職回数が多くても目立ちにくい
  • デメリット
    • キャリア形成や成長の過程が見えづらい
    • 古い日系企業の担当者の場合、見慣れていないので読みづらい
    • 応募先企業に合わせて書かないと、的はずれな内容になる場合もある

プロジェクトごとに配属が変わることが多かったり、派遣業務を長くやっていたり、転職回数が多かった場合にオススメの書き方です。

特にネットワークエンジニアとして派遣、客先常駐として多くのプロジェクトに関わってきた場合は、キャリア式の方が重複無く分かりやすく書けます。

コンビネーション式(Conbination Resume)

職務経歴や自己PRなど書くべきことは盛り込んだ上で、記述内容を上手く絞ることでA4サイズ1枚程度にまとめる形式です。例えば下記のような書き方になります。

  • 貴社で活かせるスキルや経験
    • ○○の経験
      ○○といった業務や○○を4年間行ってきた中で、○○といったスキルや知識があります。
  • 自己PR
    • 計数感覚の強さ
      エピソード
  • 職務要約
  • 職務詳細
  • 誇るべき実績
  • メリット
    • コンパクトにまとめることで読んでもらいやすくなる。
    • 伝えたいイチオシのポイントがしっかり伝わる。
    • 未経験職種への転職でも、未経験のハンデが伝わりにくい。
    • 職歴や転職回数が非常に多い場合にも目立たずにコンパクトにまとまる。
  • デメリット
    • 内容がコンパクト故に、上手くまとめないと内容が薄く見える
    • 書くのに文章力・要約力のテクニックが必要

保守的な人の多い日系企業では、あまり見慣れられておらず、書く難易度も高いので、基本的には編年式かキャリア式を選んでおけばいいでしょう。

分量はA4 1~2枚程度。書きすぎに注意

箇条書きにしたり、表でまとめたりと見やすい職務経歴書を書くのは当然ですが、それで書きすぎには要注意です。

文字がぎっしり詰まった読みてに負担をかける書類は、仕事上でもほとんど役に立たないのと同じで職務経歴書でもマイナスになります。

要点をまとめて相手に魅力的に伝える書類作成能力不足とみなされて、書類選考で落とされる結果もあります。

A4用紙で2枚程度に押さえておくようにしましょう。

ネットワークエンジニアのNGな職務経歴書の書き方とはどんなものか

単に時系列に入社した会社と期間、案件名と機器構成のみを書いたようなものは、魅力を感じません。

作業期間と案件名と使用機器のみでは、やってきた仕事の旨みが伝わりません。同じ仕事でも、どのくらい案件内容を理解して作業に取り組んできたのか?採用者は見た時に理解できます。

単にメンバーとして作業をしていたにしても、構築する際は設計書を渡される訳です。論理構成、物理構成、使用サービス、設定ポリシーなどNEとして理解しないと作業できない情報がたくさん記載されております。

勿論案件名は情報漏えいの観点からN社、F社など具体名は記載しませんが、上記の設計ポリシーや製品ラインナップ、作業人数、自分のポジションは是非記載してください。これらが、経歴書に見られないものはNGです。

得意分野の記載は、応募するポジションの業務内容を理解して、それに合ったものにしましょう。募集要項や必要スキル歓迎するスキルをよく見て、自分の得意分野とどう適合するかを考えます。

キャリアアドバイザーに必ず相談をして、応募先企業のことを具体的に聞いて、その企業に魅力的に見えるように適宜、書き直しましょう。

ネットワークエンジニアの職務経歴書の書き方例

ネットワークエンジニアの職務経歴書の書き方例を下記に掲載します。

ネットワークエンジニアは、扱った経験のある機材やツールも具体的に書く必要があります。

  • 職務経歴
  • 得意分野とこれまで勤めてきた会社におけるポジション
  • 案件規模
  • 機器構成
    例:Cisco7200、Catalyst2900XL、NETSCREEN(F/W)
  • ネットワーク構成
    サーバー台数や具体的なシステム名
  • 通信キャリア(VPNなどサービス名)

などがはっきり分かる形で表現されると伝わりやすく好感を持たれるでしょう。

面接の際も具体的なスキル名などが載っていると、担当者も的確な質問をしやすくお互いにとってメリットになります。

[職務経歴]

2006年4月~2009年6月B株式会社:ネットワーク設計構築に携わる
2010年1月~現在業務委託形式でフリーのエンジニアとして勤務

[職務詳細]

期間業務内容使用環境役割
2006年4月~
2009年6月
募公益法人向けネットワーク運用管理業務

障害1次調査
ネットワーク機器の監視(リモート含む)
リプレイス、設定
トラブルの切り分け等を行い、ベンダーにエスカレーション
運用手順マニュアルの提案及び作成

※ネットワーク規模サーバ500台
(F/W, Router, S/W,
DNS(bind), FTP, Mail, Web(Apatch)

※LAN:FDDI,IP(RIPver1)、AppleTalk, Netware

Windows2000 CiscoIOS

Cisco2500,
3500,
Cisco4000,
7200,
7600,
12000

Catalyst2900
XLFoundry(BigIron)

ネットワークエンジニア(自分の役割:メンバー)

体制10名PM1名
PL1名
サーバエンジニア4名

ネットワークエンジニア4名

[得意分野・活かせるスキル]

  • ネットワークの設計、構築、運用管理業務
  • システム(汎用機)運用管理業務
  • ソフトウエア・システムの設計、開発
  • ヘルプデスク、PCおよび周辺機器のユーザテクニカル サポート業務およびマネジメント管理等
  • ITIL準拠サービスヘルプデスクの移行に伴う運用設計および実施

[自己PR]

これまで、業務用通信アプリの開発や富士通製品のPCおよび周辺機器のテクニカルサポート、またCisco製品でのネットワークインフラの運用管理と障害解析、トラブルシューテングや、運用監視ツールを利用した運用設計を経験してきました。
自分の性格の売りでもある何事にも好奇心旺盛を積極的に生かし様々な仕事の場面において適用できればと考えております。新たなステージで今までの経験を生かしていければと考えております。

職務経歴書はキャリアアドバイザーに事前に見てもらうこと

ネットや転職サイトにも参考例はありますが、あくまでも参考で流用は出来ません。

転職エージェントに無料登録をして、転職のプロであるキャリアアドバイザーに事前に見てもらい添削をしてもらうことをオススメします。

転職者がどのように経歴を書けば、応募先企業からより魅力的に見てもらえるか、書類選考と面接を突破できるかを、数百人、数千人にアドバイスをしてきたプロの目は確かです。

ネットワークエンジニアの転職にオススメの転職エージェントを2社紹介します。

セカンドオピニオンも重要ですので、2~3社に無料登録をして面談をして、自分の適正な年収や転職の可能性を把握することが第一歩です。

最初の登録先としてはリクルートエージェントをまず登録するといいでしょう。

転職業界1位リクルートエージェントの特徴と評判

やはり転職業界No1だけあって求人数と実績がトップですので、自分の転職可能性と適正年収を把握するために登録しておくべきです。

リクルートエージェント無料登録

2つ目のオススメが、ITエンジニアに特化した転職エージェントの「レバテックキャリア」です。

レバテックキャリア

ITエンジニア業界に特化しているため、キャリアアドバイザーも技術的な知識が豊富で、より正確な適正年収が分かりますし、あなたのキャリアプランに沿ったアドバイスをしてくれます。

ITエンジニア/Webエンジニアの求人が常時5,000件以上あるので、ネットワークエンジニア求人も多数紹介してもらえるでしょう。

ネットワークエンジニアとしてキャリアを積んでいくなら登録必須ともいえます。

レバテックキャリア無料登録