マーケティング職の転職活動。職務経歴書の書き方について

履歴書に加え、転職では必須となるのは職務経歴書です。

よくこの2つの書類の違いが分からない方がいますが、今回はマーケティング職における職務経歴書の役割と重要性、良い例や悪い例をご紹介します。

マーケティング職における職務経歴書の重要性

どの職種でも転職時には重要なものですが、職務経歴書はあくまでの履歴書の書き換えではなく、履歴書に書いていない職務の詳細についての書類です。

マーケティング職は非常にスキルや能力に加え、仕事の仕方や行動力が重要ですので、履歴書でわかる勤め先や勤続年数ではほぼ何も伝わりません。

職務経歴書で実際どのような職務を実施してきて、それによってどのようなスキルや能力をもっているのかを把握する必要があるので、マーケティング職にとって職務経歴書は非常に重要なものです。

職務経歴書に書くべき4つのこと

まずは職務経歴書に書くべき4つのことをおさらいしておきましょう。

1.職務要約

今までのキャリア全体の総括を3〜5行くらいでまとめたものです。

キャリアの目次的な役割を持っており、ここが一番最初に採用担当者に読まれる部分であり、その後の職務詳細をしっかり読んでくれるどうかが決まる場所でもあります。

2.職務詳細

経験してきた職務内容を具体的にまとめたもので、職務経歴書の大半を占める部分です。

具体的に、でも冗長にならないように、経験してきた仕事を伝えましょう。各職務にはそれぞれどんな実績を上げたのかを書くようにしてください。また実績はなるべく数字を使って書くのがポイントです。(例:○○業務の効率化により、部内の残業時間が○%削減された)

3.貴社で活かせるスキル・経験

職務詳細のなかで得てきたスキルや経験のなかで、特に応募先職種・ポジションで役立つものを3~5行くらいで書く部分です。

4.自己PR

応募先企業の発展のためにあなたという人物がどのように貢献できるかを伝える部分です。外資系企業への転職では書かない場合も多い。

3で上げなかったスキルや経験を伝えたり、採用担当者が感じそうなあなたのハンデ(年齢やキャリアブランクなど)を先回りしてフォローしておくような書き方も良いでしょう。

まずは職務経歴書のフォーマットを決めよう

職務経歴書の書き方には大きく3パターンがあります。それぞれメリット・デメリットがありますので、あなたの経歴がより魅力的に見えやすいフォーマットを選ぶようにしてください。

転職回数が多かったり、担当していたプロジェクトが多かった場合は、編年式で書くと膨大な量となり、また内容の重複が多く出てしまう場合があるので、キャリア式をオススメします。

編年式(Chronological Resume)

最もオーソドックスな作成方法で、採用担当者も見慣れているため読む負担が少なくなります。

  • 2000年3月〜2012年4月
    • ○○株式会社 ○○部配属 職位○○
    • 職務内容
    • 実績や身につけたスキル等

メリット:時間軸と勤務先と職務ごとに書いていくので、一通り読むことで、あなたがどのようにキャリアを積んで成長してきたかが理解出来ます。

デメリット:転職回数や異動が多いのが目立つ

また年代順で古い年代から書いていく方法と、逆年代順で新しい年代から書いていく方法があります。

30代以上の転職であれば、新しい職歴がそのまま次の転職先で活かされるケースが多いので、逆年代順で書いていくのがオススメです。

キャリア式(Functional Resume)

経歴やスキルごとに箇条書きにして書いていくフォーマットです。

  • ○○関連業務 (6年3ヶ月間)
    • 職務内容
    • 実績

メリット:経験やスキルが多い場合や、違う会社で同じ業務を行っていた場合などに内容が重複して冗長になりにくい。
また斜め読みでも、あなたのキャリアが応募先企業に役立つことが伝わりやすい。
転職回数が多くても目立ちにくい。

デメリット:キャリア形成の経緯が見えづらい。古い日系企業等の場合、採用担当者が見慣れていない。応募先企業での働くイメージがしっかり出来ていないと的はずれな内容になってしまう場合も。

コンビネーション式(Conbination Resume)

職務経歴や自己PRなど書くべきことは盛り込んだ上で、記述内容を上手く絞ることでA4サイズ1枚程度にまとめる形式です。例えば下記のような書き方になります。

  • 貴社で活かせるスキルや経験
    • ○○の経験
      ○○といった業務や○○を4年間行ってきた中で、○○といったスキルや知識があります。
  • 自己PR
    • 計数感覚の強さ
      エピソード
  • 職務要約
  • 職務詳細
  • 誇るべき実績

メリット:コンパクトにまとめることで読んでもらいやすくなる。伝えたいイチオシのポイントがしっかり伝わる。未経験職種への転職でも、未経験のハンデが伝わりにくい。職歴や転職回数が非常に多い場合にも目立たずにコンパクトにまとまる。

デメリット:内容がコンパクト故に、上手くまとめないと内容が薄いと一蹴される危険性がある。書くのに文章力・要約力のテクニックが必要。

魅力のあるマーケティング職の職務経歴書とはどんなものか

職務経歴書とは自分自身の「マーケティング」です。職務経歴書の「消費者」は転職先の人事担当者です。

人事担当者のニーズは何で、それに応えることを書き、さらに「競合他社」にあたる自分以外の応募者とどう差別化できるかをしっかりと考える必要があります。

そのような状況では、職務経歴書が売り出したい「自分という商品」をいかに魅力的に書くかが大切です。

応募先の企業の人事はどのような人材像を求めていて、その応募先のポジションはどのようなスキルや能力が必要か確認したうえで、それに応えるように書けばニーズを満たすことになります。

ただし、応えるだけではほかの応募者と同等で終わるので、今まで実施してきた仕事や企画の結果やそれの数値的な実績を記載しましょう。

ビジネスですので、今までやってきたことが成功だったのかそうでなかったなのかを人事担当者は見ます。

その上、採用の候補に上がればマーケティング現場のマネージャーに書類を見てもらうこともあるので、その人が見たときに「この応募者は会ってみたい」もしくは「一緒に働きたい」と思わせる必要があります。

マーケティング職のNGな職務経歴書の書き方

マーケティング職に限りませんが、職務経歴書が履歴書と同じ内容であるものは完全にダメです。

別の書類をわざわざ作るうえに、人事担当者も同じものを別々の書き方で読んでも時間の無駄です。履歴書は個人情報のデータシートのようなもので、職務経歴書は華やかな実績のストーリーです。

職務経歴書も履歴書同様で必要な情報だけを明記し、できるだけわかりやすく短く書きましょう。

ストレートに伝えたいことが伝わるように不必要な情報はいりません。応募しているポジションと全く関係ないものはむしろ書く必要がないので、削除してその分該当するスキルや能力に読み手の集中を集めましょう。

マーケティング職の職務経歴書の良い書き方

実績と数値を明確化

職務経歴書は華やかな実績のストーリーですとお伝えしましたが、その逆の暗い、曖昧なストーリーは誰も魅了できません。自分で自分のことを書きだすので謙遜しがちですが、自分の経歴を売り込んでいることを忘れずに、できるだけ魅力的にすることを目標に書く必要があります。

今までやってきたことは自分からすると当たり前に思えますが、他人からみて「すごい!」と思われるものが無数にあるはずです。それらを明記するだけではなく魅力的に書き、加えて必要なのは数値です。

今まで実施してきた企画で売上が〇〇%上がった、担当商材は売上トップになった、等、採用をしたらこの人は会社に明らかに貢献するであろうということが伝わらないともちろん採用には至らないでしょう。

マーケティング職は他の職種に比べ、今までやってきた仕事が形になり世に出る機会が多いはずです。

もし一般公開されているキャンペーンや商品などの成果物があれば、それの実績に加え商品名やキャンペーンURLなども記載してみるといいかもしれません。

文章で説明するより、今までの努力が形になった状態で採用側に見てもらえるのはなによりもの証拠になります。

どれだけ会社に貢献してきて、転職後も貢献できるかは実績と数値がなければ人事担当者も現場の担当者もわかりません。自分がやってきた仕事がどのような影響を及ぼしたかを考え直し、しっかりと書きましょう。

異動や昇進はその評価理由を明記

職務経歴書では社内の異動や昇進も書くことができますが、この場合はただただ書くだけではなくその理由も書きましょう。せっかく何かが評価されて異動をし、力が実り昇進をしているわけですから、その評価理由を明確に書くべきです。

転職先でも評価をされることになるので、今の職場でどのように評価をされているのかを書けば、人事担当者も現場の担当者もどのような期待をすればいいかわかります。

評価点を書くことは、自らの強みを証拠とともにかくようなものです。

マーケティング職は特に「アシスタントブランドマネージャー」や「ブランドアシスタント」など、ポジションの上下が分かりにくい場合があります。

同じマーケティング職でも企業によって組織とポジション名や責任範囲が違いますので、一般的に見てわかる基準をポジション名の後に記載しておくと丁寧です。(例:アシスタントブランドマネージャー(課長補佐))

加えて、昇進でポジションが上がった際はその責任範囲も簡単に記載しましょう。

同じ「ブランドマネージャー」でも商品やキャンペーンのみを担当するマネージャーもありますが、ブランド経営を担当し予算管理や経営戦略の策定をするマネージャーもあります。

採用側に過小評価されないように明記しましょう。

転職はその理由をポジティブに

同時に職務経歴書では転職経験も書きますが、これは理由が書いていないと人事担当者の想像に任せてしまいます。

しっかりと目的があって転職をし、それがポジティブな理由であったことを書きましょう。

「転職」だけが独り歩きするとネガティブや逃げととらわれがちですが、「〇〇の経験を求めて」や「〇〇に携わりたい強い思いの上」など、理由があれば戦略的にキャリアを積んできて、転職後も目的意識を持ち仕事をするのであろうと想像してもらえます。

マーケティング職では転職の際に担当商材が変わることはもちろん、企業によってマーケティング職が担当する仕事も大きく変わります。

転職は「やめる」という意味ではネガティブにとらえられがちですが、せっかく様々な企業でのマーケティング職を経験しているのであれば、そこでどのような特徴的な仕事やどの分野を集中的に学んだかなどを明記し、それが今回応募しているポジションにどう繋がるかの一連を自分の中で明確にしましょう。

転職をするたびに迷っていると採用側は入社してもらってもまたやめてしまうと思ってしまいます。

都度戦略的に転職をし、得るものは得ているのであればポジティブなステップととらわれます。

転職が頻繁な人はもちろんうちに来ても転職するのでは?と思われがちですが、もしやりたい事が今までの会社ではできず、新しい会社ではできると信じているのであれば、担当者の不安は解消できます。

最後に、履歴書に加え様々な情報を伝えられる職務経歴書はむしろ面接の始まりだと考えてください。

面接で聞かれる点はほぼ網羅する資料ですので、必要な情報を、簡潔にまとめましょう。

実際の面接に繋がるかどうかは職務経歴書でのアピールにもよりますので、しっかりとご自身の経験を振り返り、魅力的にまとめましょう。