転職は何歳で検討すべきか?職種ごとの35歳限界説の実際

転職はするべきなの?と聞かれたら、貴方がその会社で骨を埋めると思わないならするべきだと答えます。

ただ退職する会社から学べることをなるべく学んだ状態で退職することをお勧めします。

離職の動機は人それぞれです。

20代の退職理由はキャリアアップや他の仕事に挑戦してみたい!という前向きな気持ちが多いかもしれません。

しかし、ブラック企業と言う言葉が横行するこの時代、労働環境や残業時間、人間関係で悩んで辞める人も少なくないはずです。

「自分の会社が倒産してしまえばいい」と考える方は転職をおすすめいたします。

そんなとき、40代・50代の中高年の方々は「もういい!こんな会社辞めてやる!」と辞める人よりも退職後の不安で動けなくなる人も多いと思います。

この年齢層の方々を苦しめるのは30歳まで、35歳まで、40歳までといったような求人応募条件の年齢制限です。

では40代・50代の中高年は我慢し続けないといけないのかといわれると、過労死や鬱になるくらいならば辞める方が得策です。

そうなる前に辞めることを躊躇しなくても良い誇れるものが必要になってきます。

自分はどういう仕事をしたいのか、どんな専門性を身につけるのかは非常に大事になっていきます。

20代の転職

20代の転職と言うのは自由が利きます。少なくとも年齢制限でひっかかることはあまりないと思います。

この時期が一番未経験の業種に飛び込めるチャンスになります。

20代で大事なことはこれから働いていく中で一生使えるよう経験を身につけること、いわば勉強の時なのです。

転職をするときは自分が何をしたいのか?どんな仕事に就きたいのか?を重視してください。

適職診断などを行っても良いですが、自分のしたいことと向いていることは一緒ですか?

自分の胸に語りかけてください。現在の年金受給年齢は65歳、20代の人の定年はもう少し伸びて70歳前後になる可能性があります。

およそ40〜50年間向き合っていく仕事です。自分が何をしたいのかを考えて未経験でも挑戦することが大事です。

万が一その会社が自分に合っていない場合は学ぶべきことを学んで辞めてしまえばいいのです。

そのスキルは次の転職に役立ちます。転職年齢が30代後半になっていても、この20代の経験を活かす仕事の専門性が高ければ高いほどに次の転職が有利になります。

20代はいわば勉強する期間にあたります。

30代の転職

30代は前半までなら未経験の業種に就けるかもしれませんが、30代後半以降になったらそれまでの経験を活かし、責任ある役職に就いているほど転職しやすいと思います。

30代で大切なのは一生働いていける企業かどうかを吟味することだと思います。

20代で一生モノのスキルを、30代ではそのスキルを基に仕事内容や労働条件も重視することをお勧めします。

20代で培った知識や経験を開花させるのが30代の転職で行うことです。

35歳転職限界説というのが一般的に言われています。

これは特に職種によっても変わってくるものなので、職種ごとにまとめてみました。

40代・50代の中高年の転職

この年齢の転職は専門性という武器があればあるほど有利になっていきます。

それだけ積み上げた経歴というものがおのずとついてきます。

武器がある人は責任者の役職で転職できるかもしれません。

中高年転職の大変さ

一方で、専門性といった武器やマネージメント経験がない中高年の人の転職は大変さがつきまとうようになってきます。

30代以降転職をすると年下の指導員が就く可能性が高くなっていきます。

自分はこれが出来る!と言い切る武器がないまま中高年になっていき、年齢制限に引っかかると年齢不問の仕事を根気よく見つけるか人手不足の業界に行って雇ってもらうなどのどちらかになると思われます。

歳を重ねてから新しいことを覚えるのはかなり大変です。

鍛えていない限り体も衰え、物覚えが少しずつ悪くなるため思うように動けませんし覚えられません。

そんな中、40代・50代の結婚している人は子供と同世代の若者に仕事を教えてもらうなんてことになる可能性もあります。

年齢で考えれば人生の先輩だとしても、社歴で考えれば相手が先輩です。

先輩に仕事を教わっているという気持ちで説明を聞き、メモを取り、相手の言うことに反応しながら、わかったふりをするのではなくわからないことがあれば素直に質問をするなど良い後輩になることを心がけることが大事です。

年齢別理想のキャリアプラン

20代は経験を得てこれから先、仕事に困らない経験や技術を勉強し一生の仕事にする職種に飛び込む期間だと思います。

30代は可能ならば一生働きたいと思える職場に会えるように条件や職務内容を見て、年齢制限に引っかかっても諦めずに企業に交渉するのも一つの手です。可能ならば骨を埋める職場に巡り合いたいところです。

40代・50代で転職する場合は誰にも負けない武器を持った状態で転職することをお勧めします。

少子高齢化と働き手

年齢の話をこれまでしてきましたが、日本が抱えている大きな問題があります。

少子高齢化による働き手の減少です。

これから先、若い労働者が減っていくにつれて年齢制限をすることで求人をだしても人が来ない為、募集年齢の引き上げにかかる可能性も大いにあり得ます。

ただ、そのころに強力なライバルとなるのが海外からの移民です。

東南アジアやインド、中国など発展途上国の急速な発展により教育レベルも上がり、しっかりと日本人と同等かそれ以上のクオリティで仕事を出来る人がどんどん日本に来ています。

またAIやロボットもライバルになるでしょう。

少子高齢化により少なくなった労働者人口をAIが補う、これはこの国が辿る未来の一つかもしれません。

そうなったとき、ライバルはAIであり、AIに負けない、AIでは出来ない仕事スキルを磨いていくことが重要になっていきます。

また、AIや日々進化している技術により新しい技術はどんどん生み出されていきます。

その新しい技術に携わる仕事というものは増えていくと思われます。そのため新しいことに対して関係ないと思わず、興味を持って学んでいくことも必要になっていきます。

仕事は探している期間よりも働いている期間の方が長い

最後に転職をする中で気を付けて欲しいことがあります。

転職期間が長引けば長引くほど、不採用を貰えば貰うほど、自分は世界から必要とされていないのではという気持ちになってしまいます。

そうなると最初の目標を忘れて片っ端から求人を出していき、内定をだしていただいた企業に飛びつきたくなるかもしれません。

しかし、転職期間というのは仕事に就いてる期間に比べると短いものです。

自分が何をしたいのか、どんな仕事に就きたいのか、その仕事に対して自分に何が足りていないのか、なるべく焦らずにしっかり見つめて転職活動をしていきましょう。