転職を成功に導くコツは、時期、タイミング、エージェントの利用

近年は景気の好調が続く傾向にあり、企業側が即戦力を求めることが多くなってきました。そのため転職は以前に比べて、そのハードルは低くなっています。

上級職を目指す、給与をアップさせたい、思い切って本当に就きたかった職種に転じるなど、転職の動機は人それぞれです。

しかし、そこで十分な知識を持ち、適切な行動をとることができるかどうかが、成功か失敗かの分かれ目となります。

そのために必要なのは、転職の時期やタイミングについて知ること、そして転職エージェントを上手に利用することです。

転職を成功させるためには、様々な準備が必要

まず基本として、キャリアを積んで身につけた技能や成果を振り返り、相手先に自信をもって自分を売り込めるようにしておかなくてはなりません。

そのためには十分時間をかけられることが大切になります。

ライバルに差をつけ、内定を得るためにはどれだけ自分が業績に貢献できるかを、企業にうまくアピールできなくてはなりません。

職務経歴書を作成し、希望の就職先の状況や業界の動向を調べておきましょう。

具体的には、実際に転職活動を開始する一ヶ月前から準備を始めたいものです。

現在の職場の都合や仕事上のトラブルなどで時間が取れなくなることも考え、焦らずにすむよう、しっかりと計画を建てましょう。

転職求人数が活発化して増える時期

時期をうかがうことも重要です。

企業からの求人数が高まる時期を見据えて、活動を行う必要があるのです。

ただし、新卒の場合と転職では事情が異なるため、求人の量だけでなく、質についても知っておかなくてはなりません。

企業の採用活動が活発化する時期は年に二度です。

年度の変わり目が近づく2月から3月頃

事業計画が完了し、後に引き継ぎやすくなるため、それを区切りとして退職者が多く出る時期だからです。不足した人員を補うべく、募集が行われます。

また、業績が好調な企業において、人材確保のために募集が行われることが多くなるのもこの時期です。

この場合は前年度から続く事業の拡大、もしくは新年度(多くの企業は4月)から開始する新規事業のために募集が行われます。

求められているのは即戦力となる人材です。これらは募集する企業と応募する転職希望者の双方にとってメリットのある、理想的な求人となります。

2-3月の転職活動の注意点

この2~3月の時期には同時に、年間の新卒採用目標を満たすことができなかった企業が、追加の人員募集を行っている場合があります。

せっかくキャリアアップのために技能を磨き、研鑽を重ねていても、新卒と同じ扱いをされてしまっては正当な評価が得られません。

また、人員不足のためにいきなり過酷な状況で働くことになってしまうかもしれないのです。

より良い仕事環境を求めての転職であれば、これでは意味がなくなってしまいます。

給与が高くなったとしても割が合いません。

希望の職種だとしても、あまりに過酷な職場では仕事に対するモチベーションが低下してしまいます。

より良い転職のためには、あらかじめ企業情報を集め、十分に把握しておくことが大切なのは、ここに理由があるのです。

もちろん、中には手堅い事業展開のもと、毎年着実な採用を行っている企業もあります。

しかしそのような優良企業を個人で見極めるのは非常に困難なので、転職エージェントを利用することをオススメします。

8月から9月頃

転職人材の採用活動が活発化するもう一つの時期は、8月から9月頃となります。

上半期の業績の結果で、あらためて人材補強を行う企業が多くなるためです。

そのためこの時期には、通常では表に出てこないような企業の求人情報が公開されることがあります。

もちろん、4月入社の人材で退職者が出た場合、不足分を補うことを目的にした企業も出てくるため、求人情報の収集と見極めはここでも大切です。

1月と6月

1月と6月は、ボーナスをもらってから転職、退職する人が増えるため、欠員がでやすくなります。

また12月は何かとプライベートが忙しくなるため、転職活動を行う人が減り年明けから転職活動が本格化するからです。

つまり6月と1月は意外な募集が期待でき、12月はライバルが減る時期になります。

現在の仕事の都合で、準備や活動の期間を合わせづらいという人は、この辺りを狙ってみるのも一つの考え方です。

転職活動を成功させるための転職エージェントの活用法

転職活動に有利な時期というものは確実に存在しますし、それに合わせて活動を行うのが良いのは間違いありません。

ただし、これはあくまでも需要と供給の問題です。

転職活動の成功、不成功は、結局は転職希望者と企業、お互いの求めるものがどれだけ合致するかによって決まります。

そこで最も必要になるのが情報です。

就職先として希望する企業がどういった方面に力を入れているのか、その業界で求められているのはどんな能力かなど、知っておきたいことはいくらでもあります。

しかし、情報収集や分析にばかり気を取られてしまうと、肝心の自分自身についての準備がおろそかになってしまいます。

必要書類の作成や、面接に向けての対策など、するべきことができないのでは意味がありません。

そこで転職エージェントの活用が大切になってきます。

転職エージェントには企業の情報が直接集まっています。

また、長年にわたって蓄積された情報分析のノウハウにより、求人内容について見極め、適切なマッチングを行ってくれるのです。

先程の話にあったような、ブラックっぽい求人を選んで応募してしまうリスクを最小限に減らすことが可能になります。

そのほか、転職エージェントは、職務経歴書の作成方法や、面接についてもサポートを行ってくれます。

また、転職希望者の経歴や人となりを把握したうえで企業に推薦してくれるため、採用を念頭に置いた面接を受けることができるのです。

言い出しにくい部分である勤務体制や給与などについても、その条件があらかじめ伝えられているため、気後れすることがありません。

また直接の転職活動にも、転職エージェントは有効に利用できます。

もしも相手先がエージェントと取引のない企業であっても、エージェントで得られた情報や、受けたサポートはそのまま応用できるのです。

転職エージェントの利用は、全て完全に無料なので、有利に働くことこそあれ、不利になることはありません。

転職活動の成功を確実にするために、ツールの一つとして考えれば、これほど便利なものはないのです。

転職エージェントは数多く存在し、中には特定の業界に特化したものもあります。それぞれの特徴を比較検討し、自分の希望に強いエージェントを選んでください。