社内SEには35歳転職限界説はあるのか

一般的には35歳転職限界説があり、転職には若い方の方が有利というイメージがあります。tだ社内SE職に関しては、35歳転職限界説はあまり関係無いと言っていいでしょう。

社内SEを中途採用する会社の求人は、新人としてまっさらな状態を期待していないことがほとんどです。

SEとしてある程度いろいろな経験を積んだ人を募集している場合が多いです。社内SEの仕事は多岐に渡る場合が多いです。サーバやシステム、ネットワークの導入・更新・運用・保守などの仕事をする必要があるからです。

いきなり社内の重要な部分をITが何もわからない人に任せることはできません。ある程度技術や経験を持つ人が必要になります。

また、会社によっては、社内での新人の教育制度が整っていない場合もあります。特に中小企業では、社内SEは必要だけれども、新人を入社させて育てていく人もいなければ、教育制度がない場合も多々あります。

社内のシステム部門も完全に整備されていない場合もあり、そこまで手が回らない場合は、それなりに経験を積んだ30代の方を求める場合があります。社内SEとして採用してすぐに現場で働いてもらうためです。

また、社内SEを求人している会社によっては、管理職や上流工程経験のある人を募集している場合もあります。システム部門のプロジェクトのまとめ役や上流工程ができる人を募集している場合は、リーダやマネジャーの経験者を探しているので、30代後半や40代での求人もあります。

 

ただ、あまりに年齢が高い方が転職しにくのは確かです。

35歳くらいでは自分のキャリア棚卸をして、将来的なキャリアを築くために長期的なビジョンを持って、それが実現できる方法を考える時期だと思うのです。

35歳が転職限界説と言われているのは、そういったキャリアの棚卸しが無い、未経験分野でのチャレンジや転職が難しくなる年齢だということでしょう。

就職してすぐのころや若いころは残業も厭わず仕事をしてきて、特に疑問を持たなかったのですが、30代になり、体力的にも厳しくなる頃に定年まで働けるかとか、この仕事でキャリアビジョンが持てるかとかを見極める必要があります。この時期にどうするかで人生が変わってきます。そういうことがあり35歳での転職限界説が出たのだと思います。

社内SEにも様々な種類があるので、それらをじっくりと精査する必要があります。中途採用なので、遅くなると他の応募者に採用が決定してまうこともありますが、焦らずに企業研究や社内SEの仕事内容をキチンと確認することが重要だと思います。

自分自身のキャリアと募集している社内SEの求人の内容に大きなずれがあれば、採用はされないですし、採用されてもギャップがあり合わなくて辞めてしまう可能性もあるからです。せっかくキャリアップのために転職したのに、辞めてしまうのは勿体ないです。

社内SEの求人は少なく、転職を検討して、応募してもうまくいかない場合も多いです。そうなるとよけい不安になるかもしれません。

しかし、そこであきらめずに自分にある会社の社内SEを丹念に調べて応募してみることをおすすめします。必ず、自分のキャリアと合う会社はあると思います。