社内SE/情報システム部の転職求人の選び方と志望動機の書き方

社内SE・社内情報システム部門の転職活動で大切な、自分にあった求人の選び方と魅力的な志望動機の書き方について解説します。

社内SEで自分にあった求人の選び方、見分け方

PCなどのサポートセンターなどに勤め、相手にコミュニケーション能力にも問題解決にも自信があたり好きな人には、ヘルプデスクのような業務のある求人が良いです。システムやサーバ、ネットワークの技術に不安があっても、求めれるのは人の話を聞き、問題解決の手段を検討し、解決策を伝えるのが得意な人です。

今までにSEとして、顧客の問題解決や提案などを多くやってきて、成功させて自信がある人は、プログラム作成などでなく、マネジメント能力を活かた業務が良いです。業務改善などのコンサル的な業務がある求人を選ぶのが良いです。

その外には自分が何が今までに合っていて、何かがあっていないかの棚卸をする必要があります。今までにシステム開発などを行っていた人には、社内でシステムを内製している求人などが転職しやすいです。しかしながら、今まで同様のシステム開発をしたくない場合は、自分にあった求人とはいいがたいです。

それでも募集していている仕事内容と今までのキャリアにあまりに開きがある場合は、採用されないこともあります。どのくらい募集している仕事内容に近づけて、自分に合った求人を選ぶかが重要になります。今までのキャリアとこれからのキャリアを考えて求人を見つける必要があります。

「出来ること」と「やりたいこと」を分けて考えてみる

でもどういう転職先がいいのかわからない、応募すべき求人情報が見分けられないという方も多いでしょう。

そういった際のコツとしては、あなたが「出来ること」と「やりたいこと」を区別して考えるというものです。

転職理由によって、この「出来ること」と「やりたいこと」のバランスを取って求人情報を探すのです。

  • やりたいことが見つからない、でも成長したい、年収アップしたい
    ⇒「出来ること」を軸にして、将来の成長が感じられる、責任範囲が広がる、より高度なタスクにチャレンジできる企業や求人を選ぶ
  • やりたいことがあるけれど、転職先が具体的に思いつかない
    ⇒「出来ること」だけでなく、「やりたいこと」を実現できる企業や求人を選ぶ

参考:転職先・求人情報の選び方は「出来ること」と「やりたいこと」を分けて考える

社内SEの説得力のある志望動機とは

自社でシステムを内製している企業の募集の場合は、プログラムをできる技術があるのはもちろんですがそのうえで、自分の特性と希望する職種はつながっている必要があります。いままではこういう仕事をしてだったので、今後こういう仕事をするために社内SEになりたいという具体性が求められます。

自分の技術や能力を発揮して、それをどのように新しい会社で貢献できるかを書く必要があります。相手の会社にも自分にもメリットがあることが含まれている必要があります。また、人事や経営陣の目に留まるためにも求人票と関連付けした動機がよりよいです。

結果を出すために努力してきた自分なりの工夫や強みを出し、それが周囲の人より頑張って成果が出せたものが重要です。自分なりの工夫を具体的かつどのような結果に結びついたか、自分はこんな長所があるだからこの募集の職種には向いているということを記載する必要があります。

いろいろな志望動機はあると思いますが、例えば、「システムを利用するエンドユーザの生の声を聴いて、改善したい。」、「社内のシステムやネットワークなどの全体を見て改善案をを出したい。」などの具体的な動機を記載する必要があります。

それらをポジティブに踏まえたうえで、希望する企業の業務内容に合わせて志望動機を書く必要があります。また、なぜこの会社なのかとういことをよく聞かれます。

他の会社でもできるのではないかということです。他社との比較検討も重要になってきます。他社と比較するとなにかしらその会社との差異が見つかはずなので、それを志望動機にできるはずです。

社内SEの転職でNGな志望動機とは

現職の会社のネガティブな情報をそのまま、「現職会社のこれが嫌で転職を希望」とする志望動機のはダメです。会社への不満や悪口を言うのはNGです。転職先でもうまくいかなかった場合に同じように不平不満を周囲に漏らす可能性があると見られます。

企業研究を疎かにしたり、募集している業務をキチンと知らなくて志望動機を考えると具体性にも欠けどの企業でも通用するような志望動機になります。そうなると、転職先の企業でなくても良いのではないかと人事に思われます。また、求人募集されている会社を志望する動機を書かなくてはなりません、会社側は社内SEになりたい理由を聞いているわけではありません。「なぜ、当社を受けてのか、当社で何ができるのか」を知りたいのですが、問題をすり替えて、自分が社内SEになりたい理由を述べるのはダメです。

具体的な志望動機を書いて中で、「技術を学びたいから」「スキルを身に付けたいから」と書いてしまう場合もありますが、書き方によっては入ってから学ぶのかというマイナスの印象を与え兼ねません。

自分だけの希望、都合だけを志望動機にするのはNGです。

今の会社で、システム開発をしていて、残業がたくさんあり自分の時間が持てず大変なので、社内SEなら残業も少なく楽できるだろうという気持ちが感じられる志望動機は、相手の企業には何のメリットもありませんし、雇いたいという企業はないでしょう。

そういった悪く受け取られる恐れのある条件を志望動機にすると悪い印象を与えてしまう可能性があります。

あくまでも自分のキャリアにあった志望動機を書く必要があります。自分のキャリアがシステム開発に関わっていたのに、まったく勉強も何もせずにインフラ系社内SEになりたいなどの理由は無謀になってきます。

相手が納得するだけの理由とその目標に対してのあなたの現在までの行動を伝えないと、理解してもらうことは出来ないでしょう。