未経験からマーケティング職へ転職をする難易度やメリット、デメリット

マーケティング職はひとくくりにできない幅広い分野の職種です。

消費者調査のような人と統計学を扱う仕事、広告制作のような代理店や監督とともにするクリエイティブな仕事、もしくは製品開発やパッケージデザインといった仕事もマーケティングにおさまる仕事です。

そんな幅広く、色々なことができる仕事を魅力的に思う方は少なくはないでしょう。

自ら考え、作り、消費者に何かを届ける仕事ですのでやりがいも十分にあります。

今回は、未経験からマーケティングに転職をしたいと思っている方に、メリットやデメリットと転職の難易度について書いていきます。

未経験でマーケティング職に転職する難易度について

全くの未経験からマーケティング職に転職をするのは、「第二新卒」の枠が該当する間はチャンスが多いです。

日系企業の新卒採用や第二新卒採用は、キャリアの実績よりも、意思や今後の成長(ポテンシャル)を重視して採用を行う会社がまだまだ多いです。

第二新卒採用をもうけている企業であれば、本気でマーケティングをやりたくて、その理由が明確であれば未経験であっても十分チャンスはあるはずです。

「華やかであるから」や「かっこいいから」はもちろん真剣な理由にはなりませんので、なぜマーケティングでしかやりたいことができないのかを明確にして応募することが必要になります。

第二新卒採用にあてはまらない方は、マーケティング以外の経験が長すぎると難しさが増すので、できるだけ早くマーケティング職に移れるとベストです。

その中でも消費者に近い仕事、売る戦略に携わる仕事、もしくは製品・サービス開発などにかかわる仕事の経験があると、共通する部分が多いため未経験でもマーケティング職に転職しやすいでしょう。

他職種からマーケティング職に転職するメリット

マーケティング職の仕事では、何かを生み出し、それを売り出すために、会社内のほぼ全ての部署と連携しプロジェクトを進める必要があります。

他職種からマーケティングへ転職した方は、こういった他部署との連携をとる際は、マーケティング部としての視点だけではなく相手の立場や利害関係を理解しているので、仕事を進める上では大きなメリットとなります。

例えば筆者の同僚の例では、彼は印刷会社の営業から消費財のマーケティングに転職をし、デザイン開発に携わっているので、印刷技法のことは熟知しているうえ、元々勤務していた印刷会社が取引先なので話はとてもスムーズに有利に進むそうです。

もう一つのメリットは、一度マーケティングに転職をし、ある程度の経験を積めば、その後の転職先がかなり広がることです。

繰り返しになりますが、マーケティングは幅広い職種ですので、広告・販促よりの仕事であれば広告代理店やPR会社への転職や、製品開発であれば業界を超えた転職も割と簡単になります。

他職種からマーケティング職に転職するデメリット

未経験からマーケティング職に転職をするデメリットは、メリットと同様にマーケティング職の仕事の幅広さに由来するものです。

仕事に慣れるまでがかなり大変

未経験でマーケティング職に転職をするデメリットの1つは、仕事に慣れるまでが大変であることです。

マーケティングは一つの仕事を極めるより、オールラウンドで様々な知識やスキルを使って物事を進めるので、プロジェクトの立案から実行まで1年かかるのは普通です。

1つのプロジェクトを最初から最後まで完遂してみないと体験できないタスクもありますので、学ぶまで時間がかかってしまいます。

それに加え、マーケティングは統計学など学問からも大きく影響を受けるため、消費者理解や競合分析、戦略提案や価格設定などと色々なビジネス理論を使い仕事をします。(有名なところでいうと、SWOT分析や3C分析などといったフレームワークです。)

それらを学び、日々飛び交う謎のマーケティング用語を習得するまでは大変かもしれません。

やりたいマーケティングの仕事をすぐやれるかは分からない

幅広い知識や経験が必要とされるマーケティング部に未経験で入って、いきなりやりたい仕事をするのはなかなか難しいかもしれません。

営業がやりたくて入社すればすぐ営業活動ができる人は多いと思いますが、マーケティング職はなかなかそうはいきません。

広告・プロモーションの仕事をやりたくても、カスタマーデータの管理や分析といった仕事にアサインされたり、その逆もあります。

もちろんマーケティング職でくくられる全ての仕事は密接に連携しているものですので、目の前の仕事をしっかりとこなしていれば、色々なチャンスが得られることでしょう。

未経験からマーケティング職に転職する方法やステップ

第二新卒採用制度を利用する場合は、その企業の方法に沿い応募をするだけで十分です。しっかりと志望動機は熱意のこもったマーケティングをしたい理由にし、率直に想いが伝わればきっと検討してくれるでしょう。

もし通常の転職でマーケティングにいきたい場合は、転職エージェントは必須になります。直接応募する場合はどうしても人事担当者が経歴をみてマーケティング経験を重視する場合が多いので、エージェントを通じてしっかりと採用されるチャンスを上げましょう。

転職エージェントはマーケティングに特化した企業と担当者を探しましょう。行きたい業界かつマーケティング担当としてしっかりと経験のあるエージェントは、その企業の人事だけではなくマーケティングの現場マネージャーやダイレクターと親密な関係を築けているはずです。

人事担当者は現場からの依頼で中途採用を行うことが多いのですが、どうしても現場が本当になにを必要としているかがわからず、企業が求める人材像にマーケティング経験を持っている人に採用が偏りがちです。

その一方、現場マネージャーなどは実際一緒に仕事をする人で、マーケティング経験より熱意や他部署での経験、もしくは論理的思考力や圧倒的な行動力を重視しているかもしれません。このような現場のニーズを把握しているエージェントがいれば、チャンスは格段と上がります。

また、しっかりとしたエージェントであれば、今までのマーケティング以外の経験からもマーケティングに応用できるスキルや能力を把握してくれ、一緒にアピールの仕方も考えてくれます。

そのように今までの経験を活かしてマーケティングに転職できるよう最大限の努力をともにできるパートナー的な存在になるエージェントを探しましょう。

 

最後に、マーケティングは本当に幅広い分野で、様々なものやサービスを生み出し、世に送り出せる仕事です。

マーケティング職が未経験であっても、しっかりと転職をしたい理由を明確にし正しいステップで行動に進めば、きっとチャンスはあるはずです。