人事の転職。魅力的な志望動機の考え方と書き方

人事の転職。魅力的な志望動機の考え方と書き方

転職活動をする上で、「なぜその会社で働きたいのか」を応募先の企業ごとに書いたものが志望動機です。

あなたなりの転職理由を、応募先の企業ごとにカスタマイズして出来上がるものとも言えます。

志望動機は履歴書・職務経歴書の作成から面接まで、全ての段階で大切となるものです。

  • 「他にも人事の求人があるのになぜ当社に応募したのか?」
  • 「なぜ当社はあなたを採用するべきだと考えたのですか?」

これらの問いに対する答えを、採用担当者に納得してもうために書くのが志望動機です。面接官の立場になって考えると良い志望動機が書けるでしょう。

本記事では、人事職の人が転職をする際の志望動機の考え方と書き方を解説します。

尚、志望動機の元になる、人事職の本音の転職理由については下記の記事を参考にしてください。

⇒人事のよくある本音の転職理由5選

志望動機の重要性について

採用担当者の元には、1人の採用希望者から履歴書と職務経歴書の2通の書類が届くわけですが、採用担当者が必ず読む部分は志望動機です。

もちろん応募者のこれまでの仕事歴は、採用を大きく左右しますので、履歴書の職歴欄と職務経歴書は気合を入れて書く必要があります。

一方、志望動機は「御社に入りたい理由」を書く欄ですので、あなたの転職希望先企業は、そこも注目する部分です。

  • うちの会社にどれくらい貢献する気持ちがあるのか
  • すぐ辞めずに頑張ってくれるのか
  • 募集しているポジションの仕事をしっかり遂行してくれるか

という採用担当者の気持ちが志望動機を読ませるのです。

面接で自己PRや受け答えのベースになるのも志望動機

志望動機というのは、

  • 御社で働きたい理由
  • 御社でなければだめな理由

と言い換えられます。

これらの理由は、面接での自己PRや受け答えのベースになるものです。

「自分の経歴とスキルを活かして、御社に貢献したい」といくら言っても、「なぜ御社じゃなければいけないのか」がしっかりと伝えられないと説得力が生まれません。

だから、志望動機を考えることは、転職活動を成功させる上でとても大切です。

志望動機を考えるコツ

志望動機を考えるコツ

説得力のある志望動機を考えるコツを2点紹介します。

業界の志望動機→企業の志望動機→職種の志望動機の順で考える

相手に何かを伝えて理解してもらうために必要なのは、「大枠から説明して、詳細に入っていく」ことです。

いきなり詳細について細かく説明しても、聞いている側は全体が理解出来てないので、すんなりと頭に入ってきません。

つまり、説得力のある志望動機を書くためには、下記の順番で考えるべきです。

  1. 応募している「業界で働きたい理由」を考える
  2. その業界の中で「なぜその会社で働きたいのか」を考える
  3. その会社の中で「なぜその職種で働きたいのか」を考える
  4. その職種で「あなたは何が出来るのか?」を考える

例えば、不動産業界で営業職として働く人が、不動産業界の他社の営業職への転職をするのであれば、「業界で働きたい理由」をさほど深く考える必要はありません。

しかし、不動産業界で営業職として働く人が、IT業界の営業職へ転職を希望するのであれば、「不動産業界ではなくIT業界で働きたい理由」からしっかり考える必要があります。

つまり、しっかりとした志望動機を考えるには、

業界研究⇒企業研究⇒自分のキャリアプラン

の順で考えていく必要があります。

志望動機を書く3ステップ

志望動機を考える3ステップ

それでは実際に、業界研究⇒企業研究⇒自分のキャリアプランの順で志望動機を考えるステップを解説していきます。

業界研究のやり方

人事という仕事は、すべての企業にある機能なので、あらゆる業界で働く可能性があります。

転職先の企業が、今までの業界と違う場合は、「その業界で働きたい志望動機」を考えるためにも業界研究が必要になります。

人事という仕事は、企業が長期的な発展をするための人材を採用して教育するのがミッションです。業界研究をしないで、その業界の現状の課題やこれからどう変化していくかを知らないと、その業界でどんな人材が必要とされていくかが分からないので、人事の仕事は出来ません。

業界研究をする上でのチェックポイントは下記を意識して情報をインプットしましょう。

  • 業界の現状
  • 業界を構成する企業の状況
  • 業界の景気動向
  • 業界の将来性
  • 業界の国際性
  • 業界の社会性

業界の現状は、グーグルで「業界名」関連のワードで検索すると色々なニュースを一通り読めるはずです。例えば「業界名+矢野経済研究所」「業界名+動向」といった検索ワードです。

さらに業界を構成する企業名のリストを作成し、TOP数社の企業名で検索をして色々なプレスリリースやインタビュー記事を読んでみましょう。

その上で、業界を全体的に解説した書籍を数冊読むと、大まかな状況は理解出来るはずです。

その上で、業界の将来に大きな影響を与えそうな技術をリストアップします。例えば、IT化・ロボット・AIなどですが、業界によって異なります。

「業界名+今後」などのワードで検索をすると、影響を与える技術や動きのヒントがあります。

それらの技術名と業界名・企業名を組み合わせて検索をすると、その業界で起きている技術的な変化が分かり、業界の将来性を理解するのに役立ちます。

業界の国際性については、TOP数社の「企業名+グローバル」「企業名+海外事業」「企業名+海外拠点」といったワードで検索してみます。

グローバル化には大きく、

  • 労働力や土地を海外に移転させてコストを抑える
  • 販売先に海外を増やして売上を増加させる

の2方向がありますので、その点を意識して理解するようにしましょう。

企業研究のやり方

業界研究が一通り出来ると、次は応募先企業の研究です。

  • 会社の企業理念やミッション、目指していること
  • 会社の経営状況と課題
  • 募集している仕事の内容

を理解するようにしましょう。

業界研究の時と同様に一通りニュースに触れ、ホームページも一通り目を通します。

上場企業であれば、決算報告書にも目を通しておくとより理解が進みます。

求人情報を確認して募集している仕事内容はしっかりと理解しておきましょう。

ただ、求人情報に書いてある内容は大抵の場合、理解するに十分ではないので、転職エージェントを必ず利用して、キャリアアドバイザーから応募先企業のことについてはちゃんとヒアリングをする必要があります。

人事の仕事は幅広い為、多種多様に書かれていることが多いです。どんな仕事を中心となって担当するのか。労働問題を担当してほしいのか、給与計算やデータ管理などなのか、それとも管理職として部をまとめてほしいのか。会社で課題・問題となっていることがあるはずです。それを事前に確認しましょう。

最も重要なのは「会社の企業理念を理解していること」です。

面接でも気を付けなければいけません。

「●●という御社の企業理念に感銘をうけ・・・」と抽象的に述べるのではなく企業理念に沿った働き方や言動が具体的にできているかどうかを述べるのです。

いくら能力があり、即戦力があっても、その会社の企業理念に沿って仕事ができなのであれば、その人は会社にふさわしくない為採用されません。

また、企業のサービスや商品に実際に触れられる場合は触れておくといいです。

面倒くさい作業に思えますが、これをしておくと志望動機に具体性が出て、書類や面接で非常に説得力のある伝え方が出来ます。

あなたのキャリアプランと照らし合わせる

業界と企業のことをしっかりと理解した上で、そこで働きたいという気持ちと、あなたのキャリアプランとを照らし合わせて、一致した部分が志望動機になります。

キャリアプランとは今後あなたがどのように仕事人生を歩んでいきたいかです。

キャリアプランを実現する上で、この業界のこの企業で働きたいんだ、という部分が志望動機になるわけです。

自分がその職務に適任であること、即戦力があること、応募先ポジションで結果を出せることを含めて考えられるといいでしょう。

迷ったら、なぜ人事をやりたいのか振り返ってみる

前職が人事職であっても、より説得力のある志望動機を考えるのであれば、その業界と企業でなぜ人事の仕事をしていきたいのかを考えておくといいです。

人事部の主なミッションは、

  • 採用と教育を通して、企業の成長を支える人材をそろえる
  • 社員がより快適に働ける環境を作り、優秀な社員を辞めさせない

という2点です。

自分がなぜ人事職を目指したのか、振り返ってみるのも、良い志望動機を考えるのに役立ちます。

※本音では、前の会社の年収が良くないから収入アップしたい、前の会社での人間関係が辛かった、という転職理由があったとしても、志望動機とはこのように半分、建前を考えるものだったりします。

人事転職でNGな志望動機とはどんなものか

NGな志望動機の書き方

NGな志望動機は、下記のようなものです。

抽象的すぎる。

  • 御社の企業理念に共感し・・・
  • 昔から御社の製品のファンであり・・・

など具体的に書けず、本当に分かっているのかどうか疑わしいものはNGです。

具体的に書けない場合は、業界研究や企業研究が足りていないかもしれません。

マニュアル本やネットなどで観たことのあるもの。

マニュアル本での具体例をそのまま使っていると、非常に多くの人の志望動機を読んでいる採用担当者からすると直ぐにバレてしまいます。

この場合、職務経歴書や面接で整合性が取れなくなるのでやめましょう。

待遇ばかり気にしていることがバレる内容

  • 御社は毎年利益をだしており・・・
  • 将来性があり・・・
  • 安定した企業なので・・・
  • 福利厚生が充実していて・・・

自分が恩恵を受けたいだけという見え方になる書き方は避けたほうがよいでしょう。

本音の転職理由は、今の給料が不満で年収を増やしたい、人間関係が上手くいかなくなったなどネガティブに聞こえやすいものも多々あることと思いますが、志望動機はあまりネガティブな転職理由には触れないほうが良いです。

自分の能力を高く評価しすぎている。

自分の能力や結果を高く評価していることは、会社の担当者もわかっているのですが、あまりにも高い内容だと疑われます。

また高スペックすぎて、雑務を頼むのは後ろめたいから。という理由で書類選考が通らないこともあります。

ある程度、実績を盛って書くのはOKですが、嘘は書かないでください。必ずつじつまが合わなくなります。

人事職の志望動機ならこういう書き方が良い

人事は人を相手にする仕事です。人の成長と活躍を陰ながら支える仕事です。

上から目線や勝ちたいという姿勢の文章は避けたほうが無難です。

  1. 協力する。助け合う姿勢
  2. 和解する姿勢
  3. 負けて勝つ姿勢(議論で負けても結果として目標が達成できればよいとする姿勢)

といった姿勢で書くのがオススメです。

例えば給与計算担当者の求人に応募した場合、下記のように書いてみてはいかがでしょうか。

「私は約10年間、IT企業の人事部の勤務経験がございます。

担当してきた業務は、中途採用、労務管理が主になります。
採用面ではIT業界という変化の大きな業界で必要な人材のスキルも変化するなかで、情報収集を欠かさず、高いスキルとポテンシャルの人材採用をノルマ達成してきました。

また、労務面では混乱した給与支払い状況を立て直すプロジェクトを担当しました。同僚や関係部門のヒアリングを行い課題を見つけ、上司や部門管理職の協力をへて試行錯誤しながら3か月で給与支払い状況を通常に戻しました。

今回御社の給与計算の担当募集の求人を拝見し、「IT技術で中小企業を強くする」という企業理念に共感し、ぜひとも御社の力になりたいと応募いたしました。

私の経験し学んできたことが御社の労務管理業務の効率化や改善の力になると思い、そしてお役に立ちたいと思い今回の求人に応募いたしました。」

面接でそのエピソードを詳しく聞いてみたい。と思われるはずです。

人事に限らず転職者において職務経歴書とおなじように志望動機も大切です。

そして人事の求人に応募する際の志望動機は、チームで協力し合う姿勢をアピールしましょう。

志望動機の作成はキャリアアドバイザーと相談しつつ進めよう

人事職の志望動機の考え方と書き方について見てきました。

もう簡単に一度まとめると、

業界研究⇒企業研究⇒自分のキャリアプラン

の順番で考えを整理しつつ、

自分の経験とスキルでどのように貢献できるかを踏まえて書く

という流れです。

応募先ごとにこれらを行うのは大変ですので、転職エージェントは是非利用しましょう。

企業の人事部と繋がって課題や欲しい人材などの情報を握っているキャリアアドバイザーからヒアリングをしつつ書けば、説得力のある志望動機がより簡単に書けるようになります。

転職業界1位リクルートエージェントの特徴と評判

転職自体を具体的に検討していなくても、大手の転職エージェントに無料登録をして面談をするだけで、様々なキャリアの選択肢が見えてきます。

最初の登録先としては業界No1で求人数と実績も日本一のリクルートエージェントをまず登録するといいでしょう。

セカンドオピニオンもあると良いので、実際に転職活動を開始する段階でさらに1〜2社に登録をして自分に合いそうなキャリアコンサルタントを選ぶ方法が鉄則です。

リクルートエージェント無料登録