未経験から人事に転職する難易度や方法

未経験から人事に転職する難易度や方法

人事職に未経験から転職をするのは難しい印象を持つ人も多いのですが、当然のことながら全ての人事職は元々未経験からスタートしています。

本記事では12年人事をやってきた筆者の経験も踏まえて、未経験から人事への転職の難易度や方法についてまとめました。

まずはおさらい。人事の仕事内容

人事部の最大の役割、ミッションとは

会社の長期的な成長を支えるための人員の確保

と言えます。

ですから、人事の業務内容は、基本的に

  1. 会社が健全な営業活動をするために一番大切な「人」を採用し、育てる
  2. 必要な人材が働いてくれるように、社員が働きやすい環境を作る

の2点に関連しています。

人事部の業務内容は大きく4つに分かれます。

  • 人材採用
  • 労務
  • 社員教育研修
  • 人員計画や制度の設計と運用

人材採用

新卒採用と中途採用、アルバイト・パート・派遣の採用に関連する業務です。

人材市場から人を採用するための、募集から採用、入社までを行います。

下記のような業務があります。

  • 経営層や各部門長から採用したい人材をヒアリング
  • 転職エージェントとの契約
  • 人材サイトへの投稿
  • 自社採用サイトの更新
  • 会社説明会の企画・運営、書類選考
  • 面接対応
  • 内定者フォロー

労務

社員の勤怠情報の管理、給与計算や各種保険の手続き、福利厚生の手配などを行います。

労務の業務を外注している企業も増えてきていて、その場合には外注先企業との進捗管理や確認などの業務を行います。

  • 健康診断など従業員の心身の健康管理
  • 給与計算
  • 福利厚生運営
  • 社会保険、雇用保険、労災保険、厚生年金などの手続き
  • 社員旅行などイベントの仕切り
  • その他、従業員のサポート

社員教育研修

社員を育てるための教育研修の企画・実行などを行います。新人研修、マネージャー研修、スペシャリスト研修など。

  • 経営陣や各部門長から課題をヒアリング
  • 研修プランの企画
  • 外部研修企業との折衝
  • 研修の実施

人員計画や人事制度

自社の経営状況とビジョン、市場の状況、労働法改正などに応じて、経営陣との議論の上で、会社の中長期の人員計画やそれに伴う人事制度の改革・実行などの業務です。

人事評価制度の変更と実施は、従業員のモチベーションと直結する部分でもあるため、各部門や経営層との入念な議論の元で行われます。

経営戦略の人の面から支えるこれらの業務は人事部の中でも、最も難易度が高く重要といえます。

未経験で人事に転職する難易度

未経験で人事に転職する難易度

どんな職種でも未経験から転職をするのは、経験者に比べて難易度は高くなりますが、世の中には未経験者歓迎の求人が沢山あります。

大切なのは、最初から理想の仕事探しをしすぎないことです。未経験であればなおさら、最初からやりたい仕事が出来る可能性低いです。

最初は理想とは違う会社だとしても、まずは人事として少しずつ業務をこなして実績を積んでから、キャリアアップ転職をして理想の仕事を掴んでいけば良いだけです。

まず人事は人を相手にする仕事ですので、未経験でも採用されるには

  • 人が好き
  • 人の成長を支えることが好き
  • コミュニケーション能力が高い

といった点を見られます。

それに加え、やる気、フットワークの軽さ、そして謙虚な姿勢が必要となります。

20代の転職なら

20代の新卒・既卒・第二新卒の転職市場はポテンシャル採用が積極的に行われているので未経験でも人事に転職出来るチャンスは多いです。

特に、急成長中のベンチャー企業は、バックオフィス系の人材が不足していて積極的に未経験者の採用をかけている求人も多いです。

いきなり人員計画策定や人事制度の制定や変更など難易度の高い業務を行えるはずは当然ありませんが、労務管理や採用業務からスタートすることになるでしょう。

30代以上の転職なら

30代以上で未経験で人事に転職するのは、当然ながら経験者に比べて難しいです。

しかし働き方改革など人事の仕事には新しい課題が増えているので30代で未経験から人事に転職するチャンスは大いにあります。

30代は、他の職種で経験を現場で積んできた人たちです。人事部は会社の各部門と密に連携して、業務改革や採用活動を行っていく使命がありますので、現場のことを理解している人事スタッフは会社としても採用したいものです。

また30代は即戦力をもとめられ、管理職もしくは管理職候補として採用となります。リーダーや管理職経験があると人事への転職にさらに有利になると考えられます。

人事に転職するメリット

人事に転職する最大のメリットは下記のようなものがあります。

  • つぶしの利く人事職の実務経験がつめる
  • 経営に関わる重要な業務を担当できるようになる
  • 人の役に立っていると実感しやすい仕事
  • 残業がそこまで多くない

人事の仕事内容は、どの業種でもほとんど一緒なので、人事職経験と知識があればかなりつぶしが利きます。全ての業界へ転職するチャンスが広がります。

また、人材は企業の生命線でもあるため、人事として出世するほど経営に関わる重要な業務を担当するようになります。経営戦略をしっかりと理解した上でないと、人員計画や人事制度、教育は行うことが出来ないからです。人事は、会社全部署の社員の成長と活躍を目指すため、自然と会社全体を俯瞰した経営視点で業務を行う力が身についていきます。

また、裏方で目立たない仕事ではありますが、人の活躍と成長を支える仕事であるため、人から感謝されることも多く、キャリアを積めば積むほど社会的に評価をされるようになる職種とも言えます。

また、DODA調査によると、人事職は全95職種中で残業の少なさ34位、休日の多さ19位と上位にランクインしています。

繁忙期はあるものの、基本的に人事職種は他の職種と比較して残業が少なく、年間休日も多いです。

未経験で人事に転職するデメリット

人事に転職するデメリットとしては下記のようなことが考えられます。

  • 新しい仕事をはじめから覚えなくてはならない。
  • 人間関係を新たに構築しなくてはならない
  • 年下の後輩に仕事を教えてもらうことになる
  • キャリア転職や有名企業からの転職の場合、実力を試されるプレッシャーがある

など転職活動先で一般的にぶつかる壁があります。

さらに下記のような人事独特の悩みに直面するというデメリットがあります。

  • 人事の仕事や言動に対する他部署からのチェックが厳しい
  • 機密情報を扱うため、社内で人事以外の親しい仲間ができづらい
  • 他部署から常に質の高い対応を求められる
  • 結果が数値化しづらいので、実績評価を強くアピールできない

未経験から人事に転職する方法

未経験から人事に転職する方法

未経験から人事に転職する方法についてみていきます。

まずは定期的に求人情報をチェックする

人事職は、欠員募集という形で求人が出るケースも多いため、未経験から人事へ転職したい場合は、定期的に求人サイト情報を見ておく必要があります。

転職エージェントに登録をして、希望職種の求人メールを受信したり、キャリアカウンセラーから良い求人がある時に連絡をしてもらうのも効率的です。

転職業界1位リクルートエージェントの特徴と評判

最初の登録先としては業界No1で求人数と実績も日本一のリクルートエージェントをまず登録するといいでしょう。

未経験の人事求人が出た際に、連絡が来るようにメール設定をして、キャリアコンサルタントにも依頼しておくと良いでしょう。

リクルートエージェント無料登録

労務業務の請け負い企業の求人情報もチェックを

最近では労務関連業務をアウトソーシングする企業も増えてきているため、未経験であればそういった人事業務を請け負う会社に転職をして、人事業務の経験を積んでから、人事部へ転職をするという道もあります。

衛生管理者資格

常時50人以上の従業員がいる職場では衛生管理者を設置しなければいけない義務あります。

入社希望の会社に資格取得者がいない場合は、良いアピールポイントとなり、未経験からの転職可能性を上げてくれるでしょう。

第一種衛生管理者資格は、合格率54%ととても難易度の低い資格ですので、取っておいて損はないでしょう。