未経験でゲームプログラマーに転職する難易度と方法

ゲーム業界では、多彩な人材を必要としています。

ゲーム業界というと、IT業界の中でも特殊なイメージがあるかも知れません。ゲーム以外の一般のソフトウェア開発では、利便性が最も重要視されますが、ゲームはエンターテインメントなので、お客さんを楽しませることが最も優先されます。そういった意味では、特殊と言えます。

しかし、プログラムを用いてコンピュータを動かすことには、何も変わりはありませんので、技術力と情熱さえあれば、業界未経験でも全く問題ありません。

ゲーム業界以外から、ゲーム業界へ転職を考える場合、コンシューマよりはPCやスマートフォンのオンラインゲームの方が転職しやすいでしょう。

コンシューマの場合、そのゲーム機独自の開発キットを用いることになるので、特殊な知識が必要になることがあるからです。

ゲームプログラマーに転職するメリット

ゲームプログラマーのメリットといえば、まず何よりも、楽しみながら仕事ができることです。ゲームを作るというのは、業務アプリやシステムを作るのとは全く違います。

わかりやすく言うと、学校の文化祭の様なイメージです。はっきりした上下関係もなく、皆でそれぞれのアイデアを出し合いながら、どうやって楽しい文化祭(ゲーム)にできるかを考え、作っていきます。

ゲーム好きの人ならなおさら、仕事が楽しくて仕方がなくなるでしょう。

また、会社にもよりますが、仕事に追われることがあまりないというのもメリットの1つです。

ゲーム以外のソフトウェア開発では、だいたい納期が決まっていて、それまでにデバッグも含めてすべて終わらせる必要があります。

何かバグが発見されれば、当然、納期までに直さなくてはなりません。

ゲーム開発では、もちろん期限は決めて開発を進めますが、重大なバグが発見された場合は、期限を伸ばすなどの柔軟な対応が可能です。

残業が多いというイメージがあるかも知れませんが、これは他のIT業界企業と同じく、会社によりけりです。

ゲームプログラマーに転職するデメリット

まず、会社の浮き沈みが激しいということが挙げられます。変化の激しい業界なので、当初は順調に業績を伸ばしていても、数年後には経営が傾くこともあるかも知れません。

ゲームづくりはある意味ギャンブルで、売れるかどうかは、実際に出してみるまで全くわかりません。会社としては、いくつかゲームを出して、そのうちどれか1つが売れれば、それで元は取れるというやり方になります。

よって運が悪ければ、会社が危なくなるということもありえます。

ただし、プログラミングの腕があれば、仮に会社がなくなっても、また別の会社に行けばすむ話なので、そんなに心配する必要はありません。実際、ゲーム業界内での転職はとても多く、5年同じ会社にいれば長い方です。

フリーランスで、いろいろな開発現場を廻っている人も多くいます。

また、ゲームづくりでは、決まった開発プロセスがありません。サッカーの様に、それぞれのポジションがありつつも、お互いの動きを見ながら自由に動き、チームとしての目的達成に向かっていきます。

よって、誰かの指示や、明確な仕様書がないと動けない人や、コミュニケーション能力の低い人には、つらいかも知れません。

未経験からゲームプログラマーに転職する方法

上にも書いた様に、技術力と情熱さえあれば、未経験でもゲームプログラマーに転職することは難しくありません。

ただ、いざ転職活動となると、不安も多いものです。未経験からゲームプログラマーになる場合、どんなプロセスを踏むと良いのでしょうか。

アルバイトや契約社員から始める

もし、プログラミングを実務で経験したことがなく技術力に自信がないなら、収入は下がってしまうかも知れませんが、まずはアルバイトや契約社員で入るという方法もあります。そこで経験を積むことで、正社員に採用されることもありますし、正社員に転職をするチャンスがあります。

採用イベントに参加する

人材を探すために、採用イベントを行っている会社もあります。興味がある会社をチェックしておき、イベントをやっている様であれば、積極的に参加していきましょう。

ゲーム業界の人と触れ合う機会も増え、不安も減っていくでしょうし、自分がどんな会社に向いているかもわかってくるはずです。

自分でゲームを作って、提出する

キャリア採用の場合、やはり企業は即戦力になってくれる人を求めます。採用試験では、面接もありますが、作品の提出を求める企業もあります。

今は無料の開発ツールもありますから、まずは何か自分で作って、それを提出することで、自己アピールをしましょう。

パソコン一台あれば、簡単なスマホのゲームは数日で作れてしまいます。

ゲームプランナーではなくプログラマーの採用なので、企画力を見せる必要は必ずしもありません。世の中に既に出ている自分が作れそうなレベルのゲームを見て、同じものを作ってみるのがいいでしょう。(リバースエンジニアリングと言います。)

人脈を使う

もし、ゲーム業界に友人がいるなら、その人の助けを借りるのも良いかも知れません。企業によっては、人を紹介してくれた社員に報酬を出すところもあります。

友人の話を聞けば、その会社のことも良くわかりますし、その友人を通じて、あなたの技術力や人柄を会社にアピールできます

資格は必要ない

特にゲームプログラマーの採用に関しては、資格は、ほとんど意味をなさないと考えて良いです。資格を持っているからといって、それがそのまま実践での力とはならないからです。

資格を取る勉強をするくらいなら、先程紹介した自分でゲームを作ってみて提出することのほうが圧倒的に採用に有利になります。

最後に

企業がその人を採用するかどうかは、最終的には、その人と一緒に働きたいと思えるかどうか、です。

そこで何より大事なのは、「ゲームを作りたい」「お客さんを楽しませたい」といった思いがあるかどうかです。

採用面接で良く聞かれるのは、技術に関することは当然ですが、なぜゲームを作りたいのか、どんなゲームを作りたいと思っているのか、といったことです。

これがはっきりと言えない人は、ゲーム業界に入っても長続きしないでしょうし、採用する側も、一緒に働きたいとは思いません。

強い思いと向上心を持って、是非ゲーム業界への転職にチャレンジしてみてください。