アパレル販売スタッフからVMD担当を目指すには


販売職の経験も積んだし、VMD担当になってもっと店舗運営に関わる仕事にチャレンジしたい!でも、どうやって目指せばいいの?

本記事は、そんな疑問に答えます。

アパレル業界で欠かせないVMD担当の仕事とは

アパレルで働いているとよく耳にするVMDとは、ビジュアル・マーチャンダイジングのことで、常に顧客の視点に立ち、見やすく買いやすい売り場をつくるマーケティングのことです。

VMD業務には、主に3点のポイントがあります。

  • VP(ビジュアル・プレゼンテーション)
    売り場の中核となる、ショーウィンドウのディスプレイ
  • PP(ポイント・プレゼンテーション)
    棚の上やマネキンなどに当たる中規模のディスプレイ
  • IP(アイテム・プレゼンテーション)
    商品を買いやすく、見やすいように展示する

VP、PP、IPを店舗に反映させる役割がVMDであり、店舗のプロデューサーとしてショップコンセプトやブランドイメージを表現するポジションです。

販売スタッフとして兼任しているか、VMD専任かによって多少業務内容は異なりますが、VMDの具体的な業務として、例えば下記のようなことがあります。

  • ショップの内装プランの構築
  • 什器やマネキンの手配
  • ブランドより発信されるテーマに基づいたイメージプランの作成
  • 店舗レイアウトの変更
  • ディスプレイの変更やメンテナンス
  • 販売スタッフのトレーニング

ショッピング中のお客様に魅力的に感じてもらって、足を止め店舗に入ってもらい購入してもらうために、販売する商品やブランドについての知識を深め、アパレル業界の流行を把握しておくことも大切です。

また、什器や照明、インテリアなどを使用して、イメージしたビジュアルを店舗に反映させるスキルも必要となり、経験と専門性が求められます。

単にキレイにディスプレイやレイアウトを作れればよいわけではなく、売上データなどを元に、商品配置やレイアウトを考え直して改善していくといった試行錯誤が大切になります。

売り場を変えるだけでなく、販売スタッフへトレーニングを行い、売り方自体をアドバイスする場面もあり、人に伝えるコミュニケーションスキルを求められる場合もあります。

VMDが担う業務内容は多岐にわたりますが、最終的に顧客の「買う」というアクションに繋げることが重要な目的です。

売上に繋がるディスプレイを作り出す作業は、試行錯誤と根気が必要になり、気力体力ともにタフさが求められますが、その分売上を大きく左右するポジションなので、とてもやりがいを感じられる仕事です。

店舗付きVMDと本社VMDの違い

店舗付きVMDと本社VMDはどのような違いがあるのでしょうか。

店舗付きVMDは、販売スタッフとVMD担当を兼任している場合が多く、店長や副店長が兼任している場合もあります。

専任ではないためVMDに集中できる環境ではない場合が多く、特に店長と兼任している場合は店長業務と並行して行うことになり、VMD業務にかける時間が十分に取れないケースもあります。

繁忙時となると営業中は接客や事務作業に追われ、閉店後にディスプレイや店舗レイアウトの変更に深夜まで取り組むなど残業が多くなる時期もあるでしょう。

VMD職の経験を積みたい気持ちが強い場合、VMDより通常業務にかかる時間の割合が大きいなどバランスが取れず悩む人も多いと思います。

また、店舗間で異動があるため、家庭を持ちづらく、プライベートとの両立が難しい場合もあります。

本社VMDとなると、デザイナーと並びブランドのクリエイティブを担うポジションです。基本的には本社オフィス勤務となり、残業時間が店舗付きVMDより抑えられ、転勤もない場合が多くプライベートの時間を確保しやすいメリットもあります。

ただ、全国展開しているブランドの場合は各支社にVMDを配置しているケースもあり、転勤や各店舗への巡回、VMD指導のため出張が多いケースもありますが、VMD専任として業務に打ち込めるため、好きな方にはやりがいのある環境だと思います。

販売スタッフからVMD担当へのキャリアアップのポイント

販売スタッフからVMD担当を目指す際にポイントとなるのは、店舗の売り上げをアップさせる考え方や行動ができるかどうかです。

VMDはディスプレイや商品配置など、魅せる売り場づくりの役割だけでなく、売上のアップに繋げられるかが重要です。販売スタッフの時から、常に売り上げをアップするにはどうしたらよいか考え、実践し、改善するサイクルの癖をつけることが大切です。

日常的に買い物に出たときなど、異業種の店舗も含めて、なぜこの什器を使用しているのか、この商品配置やレイアウトにしているのはなぜなのかと、周りを観察する意識を持つだけでスキルが磨かれます。

VMD担当は専門性が高いポジションなので、自己研鑽を怠らず、知識を深めセンスを磨かなくてはなりません。

VMDを目指すために身につけておくべきことは、店舗マーケティング、空間デザイン、商品ディスプレイ、色彩心理学、データ分析とたくさんあります。色彩心理学は、色が人間に与える印象について学べる学問です。

色彩心理学の知識があれば、青なら信頼感、赤なら行動的など色によって異なるイメージを商品ディスプレイやレイアウトに活かせるでしょう。

データ分析は、商品ごとの売り上げ状況を把握し、売れ筋商品と動きのよくない商品の確認だけでなく、いつどの商品が動くかを分析することで、商品配置やレイアウト変更に活かし、売り上げアップを期待できます。

データから状況を読み取り、活かすスキルはかなり重要なポイントです。データの見方や活かし方を常日頃から意識し、経験を積みましょう。

VMDは資格が必要な職種ではありませんが、効果的な売り場づくりを学べる商品装飾点字技能検定を持っていると、VMDの仕事に対し一通り理解があるとプラスの判断に繋がるでしょう。

また、外資系ブランドの場合は、海外の手法を日本の店舗に反映させるため、語学力が求められるケースがあります。

高いセンスやモチベーションに加え、語学力があればVMDを目指す上で強みになります。

副店長や店長の経験がVMD昇格の必須条件となる場合、シンプルなルートは、売り上げアップに貢献し、販売スタッフから副店長や店長の経験を経てVMDへ昇格となることです。

ただ、ブランドによってはマネジメント経験がなくとも、販売スタッフからVMDへ抜擢される場合もあります。

ブランドにはこだわらずVMDに携わりたいのであれば、VMDを重視していて、キャリアアップへの道が開かれているブランドを選ぶことで、経験よりセンスやモチベーションの高さを買われVMD担当へキャリアアップできる場合もあります。