未経験からアパレル販売職へ転職をする難易度と気をつけること

本記事では、未経験からアパレル販売職へ転職をする際に気をつけること、難易度や効率的な進め方について解説します。

未経験でアパレル販売職へ転職する難易度

「オシャレな服やアクセサリーに囲まれて働きたい」と、アパレル販売員に憧れる人は多くいます。「未経験だけど大丈夫だろうか」という不安を持っている人もいるかもしれません。そのような人には、アパレル販売員は未経験でも十分に転職できる仕事だと伝えたいのです。ただし、アパレル販売員には2つのスキルが必要です。

1つ目は「接客技術」。お客さんとコミュニケーションを上手に取るスキルです。喜んで商品を買ってもらうために、明るい笑顔とサービス精神は必須です。お客さんを和ませるためには、できれば少々の話術もあると良いですね。なじみのお客さんについて細かく記録して記憶し、「〇〇さん、このトップスは、この前買っていただいたスカートと合うと思いますよ」などと、まるで友達のように話かけるテクニックを発揮するカリスマ店員もいます。

2つ目は「ファッションに関する知識とセンス」。店員さんからアドバイスをもらいたいと思うお客さんもいますから、「このブラウスとこのパンツを合わせて、ベルトを締めると素敵ですよ」などとコーディネートを提案できるセンスがほしいですね。お客さんから服の手入れ方法や保管方法まで尋ねられることもあります。どんな質問にも的確に答えられる最低限の服飾知識は持っておきましょう。

しかし、最初からそのようなスキルが身についていなくても、働く中で先輩から学んでいくことは可能です。「服が好き」という気持が強いのなら、未経験でもアパレルの仕事に飛び込むことはできます。

接客業からアパレル販売職へ転職するメリット

飲食店や化粧品店など、アパレル以外の接客業から転職する人も珍しくありません。お金の受け取り方、品物の渡し方、レジ打ちなど似たような経験を積んでいますし、何と言ってもお客さんの応対に慣れているので、アパレルの仕事ですぐに活躍できるようになる人が多いです。

頼りになる新人という評価をされるでしょう。ただし、その店にはそこの方針があるのですから、「前の店ではこうだった」など、前の店と比較して今の店を批判するような態度を取ってはいけません。謙虚に先輩を立てる姿勢を見せておきましょう。

オフィスワークからアパレル販売職へ転職するメリット

デスクワークよりも身体を動かす仕事がしたい、大好きなファッションブランドで働きたいという理由で、一般企業からアパレル販売職に転職する人もいます。企業でしっかりと働いていた人の多くは真面目に仕事をこなし、時間の使い方も上手いです。

最初は接客技術が未熟でも、一生懸命やる癖がついていますから、しばらくたてば見違えるように優れた販売員になる人が多いと言えます。服飾と無関係に見える経理やパソコン技術などはアパレルでも役立ちます。

ですから転職する際の面接では、前職で身につけた技能は何でもアピールしてください。どんな企業も店舗も、利益を出すという最終目標は同じですので、自分で課題を見つけ目標へ向かって最善を尽すことができる人は、たとえアパレル販売職は未経験でも重宝されます。

ブラックなショップやブランドを選ばないように

ショップやブランドによって働く環境は大きく異なります。勤め先を選ぶときは、好きなブランドだからという理由だけではなく、労働条件を十分検討して転職しましょう。

アパレル販売職は土日出勤が基本で友達と休日が合わない、立ち仕事のため体力的にキツいなどと言われることもありますが、労働条件はブランドによって違います。

労働時間の割に給料が安く、希望する休日がなかなか取れないブラックなショップも中にはあるようです。

しかしそのようなショップばかりではなく、土日に休むのは難しくても希望する日に休日をもらえて、残業も少なく条件の良い職場もたくさん見つけられます。最初は非正規雇用でも、真面目に働いていれば正社員に登用してくれるブランドもあります。

一般論ですが、全国展開しているような大きなブランドであれば、研修制度や昇格・昇給制度も整っていることが多いです。

ですから最初に働くお店は、できれば大手で、働きやすく研修制度のあるショップが良いでしょう。そういう職場環境の整った店では、先輩の店員さんたちも新人に優しく接してくれる確率が高いですよ。

転職を成功させるにはどうすればいい?

未経験でアパレルで働こうとする人は、ファッションへの憧れから転職を決意することが多いようです。確かに憧れや好きという気持ちは大切ですが、それだけで勤まる仕事でもありません。

見かけが華やかだけに、実際に働いたらキツい仕事でがっかり、というのではショックが大きいでしょう。ですから、未経験者がアパレルで働こうとする場合には、特に情報収集が大事になります。

働きたいと思うショップで店員さんに話しかけて、働きやすさや職場の雰囲気を聞いてみましょう。

他のブランドやショップで働いた経験のある店員さんならば、「ウチより〇〇のブランドの方が働きやすい」「〇〇は残業が多かった」など、経験者ならではの情報を教えてくれることもあります。

しかし、あくまでその人の個人的な感想ですから、一部の人からの情報に踊らされてはいけません。インターネットの口コミサイトを参考にするのもいいでしょう。

転職エージェントや転職サイトに登録して、アパレル求人の情報を集め、比較検討することも大事です。

特に転職エージェントでは、キャリアアドバイザーがアドバイスをくれますから、転職経験の少ない人は積極的に利用することをおすすめします。