正しい企業分析の方法

業界研究と企業研究の重要性

転職を検討する理由には様々なものがありますが、多くの人は今の職場環境より良い条件を求めたいと考えてます。

今は1つの会社で定年まで勤めあげるスタイルが必ずしもベストという時代ではないので、1度は転職を経験している人も少なくありません。

しかし転職をしようと考えたら、すぐに転職サイトで良さそうな企業を探してしまっていないでしょうか。

実はいきなり転職先の企業を探しても、満足できる職場を見つけるのは難しいものです。

何故なら、希望する企業の姿をイメージできていないからです。より良い環境を求めて転職する人がほとんどであるため、頭の中で理想とする企業の姿を思い描けてなければ、目的地にたどり着くことができません。

そのため、希望する企業の姿をイメージせずにいきなり転職活動を進めても、こんなはずではなかったと転職後に後悔することになるかもしれません。

そのために、転職活動を始める前に業界研究や企業研究をすることが大切になります。

入りたい企業が決まっていても大切な企業分析

一方で、入りたい企業が決まっているのであれば、業界研究や企業研究にそれほど時間をかける必要はないのではないかという声があります。

確かにそうかもしれませんが、転職を希望する企業がその業界の中でどういった位置づけなのかを研究しておくことは決して損ではありません。

また業界研究や企業研究を進めていくうちに、同じ業界内でもっと魅力的な企業に出会える可能性があります。

そうすることで柔軟な転職活動を行うことができ、より希望にあった企業に転職できるかもしれないのです。

1つの企業にこだわって面接などで失敗してしまうと転職活動はそこで終わってしまいますが、複数の企業に当たりをつけておけば保険にもなるのです。

このようなことからも転職を意識し始めたら、業界研究や企業研究することをおすすめします。

業界研究の方法とは

ところで転職を検討する場合、同じ業界内で転職を進めるのであれば業界研究はそれほど必要ないかもしれません。

ただし全く別の業界に転職をする場合には、業界研究をしっかりする必要があります。例えば、あの業界はとても稼げるとイメージだけで転職活動を進めても成功することは難しいでしょう。

まずは業界全体の知識を深めることから始めていきましょう。

業界には大きく分けて、「メーカー」「基幹サービス」「高付加価値サービス」と分類できます。

そしてそれらはさらに細分化されて、たくさんの業界へと分類されています。

業界研究では、対象となる業界の動向やトピックス、更には将来像に至るまで細かくチェックしていきましょう。

大手の転職サイトや転職エージェントを活用すれば、これらの情報が分かりやすく綺麗に整理されているので調べやすいです。

また対象となる業界で実際に働いている人がいれば、直接その人から聞いてみても良いでしょう。このように、色々な情報源を活用して業界に対する知識を深堀りしていきましょう。

企業分析の方法

業界について知識を深めたら企業研究も進めていく必要がありますが、ここでは企業分析の方法について取り上げてみます。

先述した通り、まずは希望する企業のイメージをはっきりさせる必要があります。

これが決まっていなければ転職先の企業すら選べないのです。

そのため、いきなり具体的な企業を探すのでなく、「絶対譲れない条件」「できればつけて欲しい条件」「それほど重要視しない条件」などをすぐに言えるようにしておくことから始めてみましょう。

そして希望する企業のイメージをみつけたら、実際に企業の情報を集めます。

世の中には企業の数はたくさんあるので、業界や企業規模、所在地などをある程度絞ってから情報を集めると整理がしやすいです。

ここで注意したいのが、ただ企業先を探しているだけでは転職活動にならないという点です。企業によって転職希望者に対するニーズは異なります。

「どのような人材を求めているのか」「どのような知識や経験を持っている人を求めているのか」などがあると思いますが、このような企業のニーズも同時にチェックしましょう。

では、具体的に企業分析の方法の流れを見ていきましょう。

まずは先述のように企業に対して求める条件を3つのカテゴリに絞ってみます。

転職時に掲げる希望条件は概ね「企業規模や業務内容」「賃金や地位に関する条件」「実際の仕事内容に関する条件」「勤務条件」「福利厚生の条件」「働き方に関する条件」となります。

上記のような条件をもっと具体的に細分化していきます。

カテゴリに当てはめていきましょう。

ここで大切なことは、絶対に譲れない条件をあまり増やしすぎないことです。何故なら、なかなか転職先の企業が見つけられなくなってしまうからです。

そのためできれば、つけて欲しい条件と線引きしておくことで柔軟に活動を進めることができます。希望条件の棚卸ができたら、企業の情報を収集してそのニーズを把握します。企業情報で重要な事柄は、「会社概要」「企業理念」「事業内容」「採用情報」「取引先企業」「IR情報」「業界における企業の位置づけ」などとなります。これらの情報は会社のホームページでも確認でき、他には会社四季報などの媒体を活用しても良いでしょう。そして企業情報を収集できたら、企業が求めるニーズと自分が持っている経験やスキルがマッチしているかをチェックしてみましょう。自分の経験やスキルは予め自己分析を行って整理しておくことをおすすめします。これらがマッチしていれば、面接対策が立てやすく、希望する企業へと転職しやすくなります。

企業分析の方法における注意点とまとめ

ところで企業分析を行う上では、分析をしすぎないように注意する必要があります。どういうことかといえば、分析をするということは、すなわち情報を集めるということです。分析しすぎることは情報を集めすぎることでもあり、それによって目移りしすぎてしまうのです。また分析しすぎることは、それだけより良い企業を求めすぎることにつながります。そうなってしまうと迷いが生じてしまい、転職活動を進めることができなくなってしまいます。理想を求めること自体は悪いことではありませんが、度を越えてしまうと何もできなくなってしまう可能性があるのです。
いかがでしょうか。転職活動では準備することがたくさんありますが、自分の目でしっかり確かめてピッタリの企業を見つけましょう。