経理職の転職活動。職務経歴書の書き方

転職活動では、まずは書類選考を通過しなければなりません。

今回は経理職種の人のための、転職活動を成功させる職務履歴書の書き方についてご紹介します。

転職活動はあまり楽しいものではありません。

自分が評価にさらされるので、精神的に落ち込むこともあるでしょう。

けれど転職をしようと決めたなら自分をいかにアピールするか、その方法をしっかりと考えることが大切です。

それによって結果は大きく変わってきます。

職務経歴書に書くべき4つのこと

まずは職務経歴書に書くべき4つのことをおさらいしておきましょう。

1.職務要約

今までのキャリア全体の総括を3〜5行くらいでまとめたものです。

キャリアの目次的な役割を持っており、ここが一番最初に採用担当者に読まれる部分であり、その後の職務詳細をしっかり読んでくれるどうかが決まる場所でもあります。

2.職務詳細

経験してきた職務内容を具体的にまとめたもので、職務経歴書の大半を占める部分です。

具体的に、でも冗長にならないように、経験してきた仕事を伝えましょう。各職務にはそれぞれどんな実績を上げたのかを書くようにしてください。また実績はなるべく数字を使って書くのがポイントです。(例:○○業務の効率化により、部内の残業時間が○%削減された)

3.貴社で活かせるスキル・経験

職務詳細のなかで得てきたスキルや経験のなかで、特に応募先職種・ポジションで役立つものを3~5行くらいで書く部分です。

4.自己PR

応募先企業の発展のためにあなたという人物がどのように貢献できるかを伝える部分です。外資系企業への転職では書かない場合も多い。

3で上げなかったスキルや経験を伝えたり、採用担当者が感じそうなあなたのハンデ(年齢やキャリアブランクなど)を先回りしてフォローしておくような書き方も良いでしょう。

まずは職務経歴書のフォーマットを決めよう

職務経歴書の書き方には大きく3パターンがあります。それぞれメリット・デメリットがありますので、あなたの経歴がより魅力的に見えやすいフォーマットを選ぶようにしてください。

転職回数が多かったり、担当していたプロジェクトが多かった場合は、編年式で書くと膨大な量となり、また内容の重複が多く出てしまう場合があるので、キャリア式をオススメします。

編年式(Chronological Resume)

最もオーソドックスな作成方法で、採用担当者も見慣れているため読む負担が少なくなります。

  • 2000年3月〜2012年4月
    • ○○株式会社 ○○部配属 職位○○
    • 職務内容
    • 実績や身につけたスキル等

メリット:時間軸と勤務先と職務ごとに書いていくので、一通り読むことで、あなたがどのようにキャリアを積んで成長してきたかが理解出来ます。

デメリット:転職回数や異動が多いのが目立つ

また年代順で古い年代から書いていく方法と、逆年代順で新しい年代から書いていく方法があります。

30代以上の転職であれば、新しい職歴がそのまま次の転職先で活かされるケースが多いので、逆年代順で書いていくのがオススメです。

キャリア式(Functional Resume)

経歴やスキルごとに箇条書きにして書いていくフォーマットです。

  • ○○関連業務 (6年3ヶ月間)
    • 職務内容
    • 実績

メリット:経験やスキルが多い場合や、違う会社で同じ業務を行っていた場合などに内容が重複して冗長になりにくい。
また斜め読みでも、あなたのキャリアが応募先企業に役立つことが伝わりやすい。
転職回数が多くても目立ちにくい。

デメリット:キャリア形成の経緯が見えづらい。古い日系企業等の場合、採用担当者が見慣れていない。応募先企業での働くイメージがしっかり出来ていないと的はずれな内容になってしまう場合も。

コンビネーション式(Conbination Resume)

職務経歴や自己PRなど書くべきことは盛り込んだ上で、記述内容を上手く絞ることでA4サイズ1枚程度にまとめる形式です。例えば下記のような書き方になります。

  • 貴社で活かせるスキルや経験
    • ○○の経験
      ○○といった業務や○○を4年間行ってきた中で、○○といったスキルや知識があります。
  • 自己PR
    • 計数感覚の強さ
      エピソード
  • 職務要約
  • 職務詳細
  • 誇るべき実績

メリット:コンパクトにまとめることで読んでもらいやすくなる。伝えたいイチオシのポイントがしっかり伝わる。未経験職種への転職でも、未経験のハンデが伝わりにくい。職歴や転職回数が非常に多い場合にも目立たずにコンパクトにまとまる。

デメリット:内容がコンパクト故に、上手くまとめないと内容が薄いと一蹴される危険性がある。書くのに文章力・要約力のテクニックが必要。

職務経歴書を書くための準備

職務経歴書作成にあたって、先に何を書くのかの骨組みをまとめておかなければなりもせん。

職務経歴をまとめる

まず、これまでどのような規模の会社で、どのような職務にどれだけの期間従事していたかを順序立てて分かり易く、できれば詳細に書き加えてください。

会社規模

正式社名、事業内容、資本金、従業員数、売上高(○○年度報告)。

勤続状況

勤続年数、担当部署、ポジショニング、など。

職務要約

試算表作成、月次決算、税務申告書作成補佐、売掛金・買掛金管理、支払い業務、融資申請など。

担当した業務

  • 月次決算(仕訳・試算表作成・補助簿集計・損益計算書作成)
  • 税務申告書作成補助(各集計・現金、口座残高照合・売掛、買掛金集計・棚卸集計)
  • 融資申請(書類作成、申請)、など。

 資格・スキル

  • ○○年日商簿記2級取得
  • ○○年○月、日商簿記1級資格試験受験を予定
  • ○○年○月、社会保険労務士資格取得受験を予定、など。

応募する企業のことを知る企業研究

職務経歴書を書く前に、志望する会社を知っておく必要があります。

相手のことをしっかりと理解して、どんな人材が活躍していそうなのかを想像することで、職務経歴書に書くべきアピール内容も変えるべきだからです。

決算報告を開示している会社ならバランスシートなどで会社の状況を把握しておく必要があるかもしれません。

商品開発を行っているのならどのよな商品なのか、サービス産業なら現場で体験する程度の理解は必要です。

会社の規模が小さい場合、総務や人事の知識が必要な場合も少なくありません。

その場合、少しアレンジを加え、労務関係の知識を習得中であることのアピールも必要になってきます。

まず、会社の特性に合わせ、どのような人材が求められるのかをシミュレートしてください。

経理の転職で求められる人材とは

転職の場合で多くの場合に求められるのは即戦力です。経理職ではどんな人が即戦力だと思われるでしょうか?

経理職の特徴のひとつとして基本的な知識は同じものでも、会社ごとにそれを扱うためのシステムが違います。つまり到達地点が同じでも、そこにたどり着く道筋が違います。そのことを理解する必要があります。

その上で、これまでどのような部門でどのような業務を担当していたか、貢献出来るであろう内容を分かり易くあげる必要があります。

即戦力だと思われる職務経歴の例

20■■年○月株式会社○○○入社

PCソフトウエア開発を業務とする、年商○○億、従業員数○○名

○月経理部配属 小口現金管理を担当

○○年○月、係長就任 振替伝票、会計ソフト入力を担当

○○年○月、経理部課長就任

【担当業務】

月次決算報告作成(試算表、損益計算書、貸借対照表作成)

決算申告書作成(売掛金・買掛金集計、棚卸し集計、試算表、損益計算書、貸借対照表作成)

決算報告(役員会において)、など。

魅力のある経理職の職務経歴書とは

なぜこの会社を志望したのかを明確にし、志望する意欲と会社への貢献できる可能性をアピールしてください。

まず、自分が捉えるこの会社の魅力、志望動機を語ってください。

「御社の優れた開発力、〇〇(商品名)の(自分が思う特性の説明)、時代を先駆する技術力、それを経営という側面から支える職戦力を志したい」などを、ありきたりなものではなく自分のオリジナルな言葉で語ってください。

自己PR【実績】例

「これまで手作業で行われていた小口現金処理の集計にエクセルを導入。関数、マクロ処理を行うことで大幅な時間の短縮と細かいミスの減少に成功しました」、など実際の成功例を加えるのは説得力があります。

好印象のコツ

擬態的な実際の業績を例にあげ、行動力や実行能力があることをアピールしてください。

また、部下の指導経験や様々な講習会に参加し、見聞を広めているなどの向上心をアピールするのも良いかもしれません。

経理職のNGな職務履歴書の書き方

基本的なマナーができていない

誤字・脱字が多い

履歴書は手書きが基本ですが、職務経歴書はPCを使用しても大丈夫です。けれど、誤字や口語体での文面はNG、印象を悪くします。

特に経理職は、ミスをしてはいけない細かい気配りが必要な職種です。誤字や脱字が多いだけで、ケアレスミスの多い人で経理職に向いていないと思われる可能性大です。

文章量が長すぎる、多過ぎる

書きたいことが多くあったとしても2枚以内に抑えるようにしましょう。

長すぎる文章は読む側には興味を削がれてしまいます。また少なすぎる、空白が目立つようでは意欲が感じられないと判断されかねません。

ネットの文例を転用している

ネットで検索した文書をそのまま書き写すのもNG。ありきたりの言葉では気持ちも伝わりませんし、面接官には書き写したものだということは直ぐに判ってしまいます。

自己PRが伝わらない

自分の個性や能力が経理職に活かせることをアピールします。たとえ行動力があっても経理職につながらなければ意味がありません。

具体性を持って、今後発揮していきたい能力と会社の発展が重なり合うことを想定して貢献してゆきたいことを語ってください。

会社に対する想いのが伝わらない

特にこの会社を志望する動機も明確にする必要があります。

ただ単に「御社の将来性」だけでは志望している意欲は伝わりません。

まとめ

慣れてしまいたくない就職活動ですが、やはりノウハウのようなものはあると思います。

ただ、基本はその会社に勤めたいという意欲と自己表現です。

まずは自分を信じることから始めてください。「自分にはこの会社で貢献できるだけの能力がある」自分がそう思わなければ、会社が採用を決めてくれるほど世の中に非現実的なことは期待できません。