経理職の転職求人の選び方と志望動機の書き方

転職活動をしようと決めた限り、志望動機を考えなければなりません。

職務経歴書や面接の場における、自己PRや回答内容の全てのベースになるのがその応募先企業への志望動機になります。

志望動機とはこの会社に転職を考える目的、最も直接的なアプローチです。ありきたりなものでは採用にまでは行き着けません。

そこで人事担当を納得させる「なるほど」な志望動機とはどうゆうものなのか、今回はその書き方について考えます。

説得力のある経理職の志望動機とはどんなものか

会社主体であること

志望動機の失敗例の幾つかに「自分の能力が発揮できる場であると感じて」「御社の事業内容に興味を持った」という内容のものがあります。

これは自分が主体となった志望動機。NGの一例です。

志望動機を考える手順は、

  1. 志望する業界を研究する
  2. 志望する企業を研究する

の順番で進めましょう。

なぜその業界で働きたいと思ったのかを考えないと、その業界のなかでその起業を志望している理由が考えられないからです。

業界研究は深く調べ始めるとキリがないので、業界に関する最近出版された本を数冊読んだ後に、その業界の将来に関する問題提起をした本を数冊読めば十分でしょう。

その業界のこれまでの成り立ちや歴史と現在と未来で抱える課題を理解すれば、その流れのなかで自分がどう貢献していきたいかを考えられるようになります。

次に、志望する会社が、業界の中でどうゆう立ち位置をとっている会社なのかを理解してください。

サービス産業ならスタッフの接客態度はどうか、優れているのなら「管理体制の行き届いた御社の社風に惹かれた」こと。

商品開発をしているメーカーなら「○○を愛用しているいち購買者として、優れた開発力に携われることに強く惹かれている」などを語ってください。

その会社の経営理念、事業内容などを理解してください。Webサイトやキャンペーン、チラシやパンフレットも参考にして、その会社を特定して語れるようになれることが大切です。

その中で経営という側面から、自分がその会社にどのように貢献できるか、貢献したいと考えるか、会社を支える役割を担うことを志すことを語ってください。

経理職でNGな志望動機とはどんなものか

志望動機の中に具体的すぎる経理事務職を語る必要はありません。けれど、基本的なNG表現になってしまわないよう注意する必要はあります。

自分が主体である

「前職の経験が活かせる」

確かにこれまでの経験をアピールするのは印象としてはプラスになります。

ただし、その表現には要注意です。ただ漠然と前職の経験だけでは説得できません。

また、前職で能力があったにも関わらず評価されなかったことなどに行き着いてもマイナスのイメージにつながってしまいます。

「御社の待遇や条件面に魅了を感じ…」

恋人に「あなたと付き合いたいと思った理由は、年収や現在持っている資産です」と言われたら、誰だって良い気分はしないですよね。

給与面や休日、残業などの諸待遇を前面に語るのも印象を悪くします。

待遇や条件面が志望動機になるのは、本音の部分では当然のことです。

しかし採用担当者からしたら、「うちで働きたい理由が、お金や待遇だけなら、収益が厳しくなった時には、一緒に頑張ってくれずにすぐに転職してしまうだろう」と考えるでしょう。

表現に具体性がなく曖昧

「御社の将来性に惹かれて….」

もちろんこの志望動機のあとに、その企業の具体的な将来性を語れるくらい研究できているのであれば問題ありません。

しかし、ただ単に将来性に惹かれてと言っては、説得力のある志望動機とはいえません。

将来性のどこに惹かれたのか、技術力か、営業能力か、そのことにあなたがどう関わって貢献できるのか。

将来性のある会社にどれだけの貢献ができるのかも判らない採用は決まらないのが確実。

「企業理念に共感して…」

これも企業研究がしっかりできていて、具体的な事例を語れるのであれば良いかもしれません。

しかし、この一言だけでは説得力がありません。

例えば、実際にサービスや商品を利用して、その具体的な体験のなかから企業理念を感じ取ったのかどうか。

なぜそこに惹かれたのか、自分はそのことでどうこの会社に関われるのか。

そこまでを語ってください。

経理職の経験者の志望動機の上手な書き方

中途採用の場合、資格よりもこれまでの経験を重視して採用を決定します。

転職理由は向上心があることを伝える

前職の退職理由が人間関係であったり、給与や残業などの諸待遇であってもそれを理由にあげるのはイメージダウンにつながってしまいます。
まず、スキルアップのための転職でなければなりません。

自分を採用することで可能になる改善点を伝える

企業研究をしっかりと行って、現在の財務状況を理解すればある程度、その企業の経営状況も見えてきます。

その中から、想像でも構わないので、経理部門で抱えているであろう課題点を考えてみます。

そしてあなたを雇うことで、そういった課題点をどのように解決することが出来るのかを伝えましょう。

仕事は正確で早い、システム管理強化に努める、などのアピールを行ってください。

前職での実績を加えると説得力も増します

これまでの経験を振り返り、業務の中で最も誇れるものをあげてください。

新人スタッフの育成に努めた管理能力、結果報告での明確な分析力、顧問税理士や銀行担当者との連携のためのコミュニケーション力などを加えるとより以上に説得力も向上します。

経理職 未経験者の志望動機の上手な書き方

新卒採用を決定する場合、選考基準になるのが資格や資質を備えているかです。

経理職に必要な資格を取得している、また受験予定である

最低限、日商簿記3級、最近では2級取得を最低条件にしているところが多いようです。

PCスキルも最低条件です。

具体的な資格を取得していなくとも、マクロ、関数を扱える、表計算まではできるなども評価に値します。

経理職に適した性格であることを伝える

ひとつのことにこだわる粘り強さ、緻密性、正確であることへのこだわり、根気強さなど、経理職に望まれる性格です。

数字を扱うことが苦ではなく、単調なことの繰り返しにも楽しみを見出せる能力も必要です。経理職は向き、不向きがはっきりと別れる職種です。

もし、適していると感じるなら、素直にそれを言葉で表現してください。

なぜ経理職を目指すのかを具体的に伝える

経理職とはどうゆう職種で、なぜそこに惹かれるかを語ってください。

「○○な御社の将来の展望に経営管理という側面から貢献したい」など。

ただし、起業や転職に役立つ職種である、安定職であるなどのネガティブな表現は厳禁です。

まとめ

就職活動も「縁のもの」な要素が多分にあると思います。面接官の主観で決まってしまうこともあります。能力が高いから採用が決まる訳でもありません。

「この部署にこういう人材が欲しい」という明確な目的がある場合も、それが能力が高いのか、場を盛り上げる存在が必要なのか、外見重視、いろいろです。

結論を言うと、たとえどれだけ用意周到にズバ抜けた職務経歴や履歴でも採用が決まらない場合も多くあります。

むしろ採用されないことの方が多いと考えるのが正解かもしれんません。

だから採用に至らなくてもメゲる必要は全くありません。ただ「縁がなかった」だけのことだったのが事実なんです。

自分らしく、無理をしないで転職活動を行いましょう。