外資系転職でよくある転職理由5パターン

外資系企業への転職に限りませんが、「転職」というもの自体様々な思いが募り、決断をするものではないでしょうか。

実際経験してきた2度の転職を思い返すと、明確に一つの理由はなく、転職先へのポジティブな思いと現状の環境への不満が入り混じり、「なぜ転職をしたいのですか?」とよく聞かれる面接の質問にそう簡単な答えはなかったように思えます。

今回はよくある外資系企業への転職理由5選を紹介し、ご自身に当てはまるものを見つけてうまく面接トークに盛り込んだり、もしくはまだ転職についてモヤモヤする気持ちがある方は、1度色々な理由を考慮して本当に感じてる不満や希望を整理し直しても良いかもしれません。

理由①「やっぱりお金。収入アップを狙って転職」

この理由は周りでも多いです。

もちろん日本企業でも業界によって高収入なものもありますし、同業でも企業のサイズや報酬制度によって日本企業から日本企業への転職でも収入アップは十分狙えます。

しかしながら、平均的に見ても外資系企業は日本企業に比べ収入は上がるケースがほとんどでしょう。

筆者自身も、初めて日本企業から外資系企業へ転職をした際は明確なポジション的な昇進はなかったのですが、月の手取りはなんと50%も上がりました。

正直「こんなにもらってもいいのか?」とも思いました。このように、収入アップは外資系企業にはつきものですので、それに伴うやりがいや働きやすさを見極めてみるのが良いかもしれません。

ただし、給与アップだけで外資系を選んだ人はそれほどおらず、他の理由も併せてのケースが多いでしょう。

理由②「日系企業で挑戦できないことをやりたくて転職」

優等生回答に聞こえるかもしれませんが、周りでも多い転職理由です。特に日本企業から転職をされてきた方から出てくる理由です。

日本企業でもやりたいことができて、キャリアに求めることややりがいのある仕事は沢山あります。しかしながら、特に日本企業の大手となるとすでに組織が巨大であり、一人の希望ややりたいことよりもどうしても組織全体の指針や業務の進め方が確立されています。

その中で例えば「マーケティングをしたい」と思って入社する新入社員も初任配属は会計課ということは実際おきます。

その点外資系企業は人材を雇い仕事を与えるのではなく、仕事があり人材を雇うので明確に募集案件でやりたいことかやりたくないことかがわかり、応募するかしないかはもちろんご自身の判断で転職ができます。

日本企業は意外と中途採用でも部門別ではあってもポジション別ではなかったり、入社するまで具体的に何を担当するかが定まっていない場合が未だにあります。

理由③「日系企業の人間関係が嫌で転職」

些細なことに聞こえるかもしれませんが、人間関係は日々続くものですのでこのような文化的な理由で外資系企業へ転職をする方は実は少なくはありません。

過去勤めていた日本企業では「飲みニュケーション」は色濃くあり、仕事の結果よりもどれだけ飲みに付き合えるかで優遇されることは実際ありました。

それをうまく利用することも一つの仕事の仕方ではありますが、外資系企業への転職を検討されている方の多くはこのような間接的な要素での評価よりも、ご自身の裁量や努力を明確に測って欲しいと思う方も多いのではないでしょうか。

現在勤めている外資系企業ではもちろん外国の方もいますが、大半は日本人ですので「飲み会」はあります。

しかしながら、評価制度の仕組みが徹底していたり、評価を与えるのは上司だけではなく関連部署や部下である場合もあるので、皆さん「飲み」と「仕事」はうまく分けて楽しんでいるようです。

飲み会に一切行かない方ももちろん仕事の結果次第で昇進をしています。

この仕事以外での交流の自由は特に働いているお母さんや家族と時間を過ごしたいお父さんにはありがたいようで、日本企業であったなぜかわからないちょっとした「ストレス」も、吹っ切れて仕事とプライベートの両立に専念できるのが外資系企業かもしれません。

理由④「もっと自由な働き方を求めて転職」

飲み会に行かなくていいといった人間関係の自由もありますが、日々働く上でワークライフバランスや精神的自由を感じる起因は意外と働き方の制度や価値観にあります。

日本企業でも最近はよくきく「フレックスタイム」や「時短勤務」など、働き方に自由をもたらす制度は導入が増えているのは事実ですが、実際日本企業で積極的にフレックスタイムで遅く出社したり、早く帰ったりすることは周りの目を気にします。

その理由は制度は導入するだけではなく、価値観として浸透させる必要があるからです。フレックスなどの制度は家族の事情で送り迎えをしなければいけなかったり、通勤ラッシュがひどかったり、ただただ朝より夜の方が頭が回るなど、人それぞれの理由で仕事にベストな状態で向き合い、プライベートとのバランスをとるための制度です。

外資系企業はその点フレックスや在宅勤務を立案した側であるケースが多く、企業も社風もそれを取り入れる体制があります。

例えば最近「ユニリーバ・ジャパン株式会社」が導入したWAA・Work Anytime Anywhere(ワー・ワークエニタイムエニウェア)制度です。

これは人材評価制度が徹底的に結果重視であることから、例え今日勤務が短くとも、例えどこでやろうとも、仕事ができればそれだけで会社は回るという考えに基づいているようです。

しっかりと仕事をこなし、スキルを身につけ、結果を見て欲しいと思う方にはこのような自由がある外資系企業は相性が良いでしょう。

理由⑤「早く昇進をしたくて転職」

20代でもマネージャー、日本企業でいうと課長というケースは外資系企業ではさほど珍しくはありません。

日本企業で長く勤めてきた方からすると衝撃的で、むしろ「課長なんか務まらないだろう」と思われるかもしれませんが、外資系企業では務まります。

日本企業はもちろん規模にもよりますが、外資系企業に比べると社員が多く、人の上に立つ課長レベルになると部下が2桁になることも稀ではありません。

それには長い経験と信頼、かなりの人材育成能力と政治力などが必要になるかもしれません。外資系企業の場合は大抵少数先鋭で、マネージャーなどには日本企業と同等の人材育成能力や決定権を持つものへの影響力が求められます。

仕事ができて少数チームを効率的かつ結果重視に牽引できれば、人の上に立つことは年齢制限はありません。

このように、「仕事ができるのに日本企業で課長になるのは早くて30代半ばか・・・」と途方に暮れている方は、外資系企業を検討すれば実力を認められ早く昇進ができるかもしれません。

 

外資系企業への転職理由はご覧いただけたように、実に何通りもあります。どれがご自身に当てはまるか確認し、その転職で変えたい要素を実現するためしっかりと転職先を見極めるとよりやりがいがあったり、自分らしくいられる仕事場にたどり着けるかもしれません。