電話販売員からアパレル店員に転職をした30代男性の体験談

家電量販店で携帯電話販売スタッフとして働いていた30歳男性の、アパレルショップ販売員への転職体験談を紹介します。

不満は無いがキャリアアップが出来ない職場から抜け出そうと30歳を機に転職を決意

転職する前は、携帯電話の販売員として家電量販店でお客様に携帯電話の販売や契約、使い方などのサポート業務をするという仕事をしていました。

収入面や人間関係で不満があるような会社ではないですし、むしろ人間関係は上司も優しい方ばっかりでしたし、ミスをカバーしてくれる同僚などもいたため、非常に良い職場だったと思っています。

職場に大きな不満もないのに、収入面でも少し劣るアパレルショップ店員への転職を考えたのは、今自分自身がやりたいことが本当に出来ているのかという不安を持ったからという理由とキャリアアップ出来る環境が無かったからです。

携帯電話の販売員は、会社でのキャリアアップというものはあまり無いと入社した少し後に聞きました。
それでも上司や同僚に恵まれたおかげで続けてこれましたが、30歳という節目の年に今後のキャリアを考える上で転職も視野に入れ始めました。

どんな業種や職種に転職しようと考えていた時に、昔働いていたアパレルショップ店員時代の同僚に会い、つい最近になってキャリアアップしたという話を耳にした時に、悔しさが沸き上がってきました。

以前まで一緒に働いていたこの同僚の話を聞いて、自分自身何がしたかったことなのか、本当にしたいことを出来る時にした方がいいんじゃないのかという思いになり、転職に踏み切ることにしました。

 

30代の転職活動は20代と少し違って厳しかった

30代で転職をするにあたり新しい就職先を探すのは、20代の転職活動とは少し違ったように思います。

20代の就職・転職では、タウンワークや求人案内などの求人情報誌で探すことがほとんどだったのですが、30歳となると、求人も年齢的に厳しい所があるんだと初めて知りました。

そこで年齢と経験を活かして求人を探すことにして、まずは以前まで働いていた職場の同僚に戻れるかと相談することにしました。

同僚の人が足りていなくて欲しいので面接を受けさせてもらうことが可能とのことでした。
収入面では今までより下がりますし、時間も不規則になるので、一時保留にしてもらい、他の転職先も探すことにしました。

今までの経験を活かせて、尚且つ自分自身がしたいことを出来る職場が理想だったので、それからはアパレルショップ店員という職種を重視して探し始めました。
アパレルショップの店員となると、求人誌にも求人は多く出ていましたが、全てが条件の良い職場だとは限りません。

アパレルショップ店員時代の知り合いや買い物に行っていたお店の店長などにも話を聞いてみました。

いくつか話を聞いていたのですが、小さいお店になると、人件費削減のために今は求人が厳しいや、今後のキャリアアップ・年収アップが出来るかわからないなど、いろんな理由で断られました。

働きやすさと今後のキャリアアップを考えて、以前の会社と新しくもう1社絞ったのですが、今までの経験をより活かせるように以前の職場に戻ることを決めました。

 

主に活用していた転職方法

求人情報誌

有名な求人情報誌の「求人案内」ですが、いろんな職種を一冊にまとめてあるので、1つの職種に決めていたので、その職種だけを探すとそこまで求人情報は多くないように感じました。

タウンワーク

タウンワークが知り合いの紹介と同じぐらい、転職では1番役にたったと思っています。

職種の絞り込みも出来ますし、場所ごとでの職場を探すことも出来るので、目的の勤務地も探しやすかったですし、インターネットから職種を探せるので、携帯1つでどこでも求人情報を見れるのはありがたかったです。

知人からの紹介やコネ

30歳という年になると、今までの人生でいろんな人との関わりも出来ていますし、仲良くなった知り合いの方たちからの助けも借りれます。

以前の職場に戻りはしましたが、話を聞いてくれた知り合いの方の中には、自分の友達や知り合いに求人出してる所があるか聞いてくれる方もいました。

そう思うと今までの人との関わりも大事な繋がりだと感じました。

 

同じ接客・販売の仕事でも自分の好きな物を扱えるのが幸せ

転職をしてみて、今まで自分自身がやりたかったことを出来る充実感は転職前ではあり得なかった部分だと思います。

好きな洋服などに囲まれて仕事は出来ますし、転職前のお客様のサポートをするということも今の職場で活かせることも多いです。

接客という所に置いては販売員の経験はサービス業であれば、どの職場でも活かせる経験なんだと学びましたし、資格も学歴も関係なく、お客様に尽くすというところは経験でしか得られない資格だと思います。

 

自分自身がやりたい仕事をすることで苦労を乗り越えるモチベーションになる

面接では、以前働いていたということもあり、そんなに堅苦しいものではなかったですが、形としていくつか聞かれたことはあります。

転職前の職場でどんなことを学んで、今後の仕事にどう活かしていきたいのかということです。

その質問には正直にお客様に尽くしたい気持ちや、自分自身がやりたいことへの意欲など、何も隠さずに話していました。

自分自身がしたいことという熱意がある回答はどんな職場にも大切なことだと思いますし、その熱意がないと、今後の仕事への影響が出てもおかしくないと思います。

そのモチベーションがあれば、少しの苦労でも文句を言わず出来ますし、自分自身がしたいことという夢があるので、最後まで頑張れるはずです。

アパレルショップ店員に転職を考えておられる方には、自分自身が何をしたいのか、その転職先での目標などがあれば、仕事へのモチベーションにもなりますし、転職した後の楽しさを見つけやすくなると思います。

資格などの必要スキルはありませんが、お客様に尽くし、提案したいという思いはアパレルショップ店員だけでなく、サービス業に勤めたいと思う方には大事な心構えだと思います。

サービス業はお客様なしでは成立しない職場だということを忘れないのが1番大事なことです。