銀行の法人営業から保険営業へと転職をした第二新卒男性の体験談

銀行の法人営業から保険の個人営業へ転職をした第二新卒27歳男性の転職体験談を紹介します。

※本記事は、CrowdWorks社を通してインタビューをした実際の転職体験談を元にしております。

新卒から順調に働いていた銀行だが、異動により体調不良に

転職前は、銀行の営業として勤務していました。

大学卒業後に新卒として入社し、基本的なビジネスマナーを1から勉強させて頂きました。研修期間を終えたのち、辞令を受けた店舗に配属されて、渉外担当として取引先をバイクで訪問する毎日でした。

主な業務は、担当先の売り上げ集金・積み立て・預金・振り込み・融資と、その取引先のお金に関わる事全てをお任せ頂くといった内容でした。

学生から社会人になりたての頃だったので、いきなり企業の社長さんを相手に仕事をする必要があったため、非常に緊張していたのを今でも覚えています。

日々、担当先の企業に顔を出し続けていると、少しずつ社長とも仲が良くなって来て、普通に話せるようになってきました。

そうなってくると色々と相談も増え、融資も任せて頂ける様になって来ました。そしてそれが無事に成立すると、そこから紹介も頂いて、様々な人脈も広がって来て、3年程経過した時、そこの地域に自分自身もかなり根付いて来て、自分の地元ではないけれども愛着を抱く様にまでなっていました。

支店の雰囲気も良く、支店長を含めみんな和気あいあいとした職場でした。

ところが急に、別な支店に異動するようにとの辞令が下りました。全国に支店のある銀行だったため、異動による転勤は覚悟していましたが、愛着の沸いた職場を離れるのは辛いものでした。

次に配属された店舗は、仕事環境が厳しく、上司からの数字の詰めが凄すぎて、社内の雰囲気も悪く、精神的に耐えられなくなりはじめました。

それまで楽しかったはずの仕事が苦しくなっており、精神的にも調子がおかしくなり、このままでは良くないと思い、転職を考えるようになりました。

 

転職サイトで求人情報や面接対策を参考に転職活動をした

転職を考えるようになって、まず転職サイトに登録して、平日の夜や休日に求人情報をチェックするようにしていました。

転職サイトは、自分の希望する地域や職種に絞って定期的にメールで採用情報を提供してくれるので非常に便利でした。その時期は毎晩転職サイトを見るのが楽しかったです。

ある日、自分の希望する職種の採用情報で、気になる企業が見つかったので書類選考に応募してみる事にしました。

1週間後、書類選考通過の通知が届き面接に進む事になりました。
無事1次面接を通過し、最終面接まで行きました。

最終面接は、私の当時住んでいた県ではなく、本社大阪での開催だったので、支店長に有給休暇をもらうのが大変でした。

なんとか休みをもらって受けた最終面接でしたが、残念ながら結果不採用となり、その企業にご縁はありませんでした。

その後、今度は友人からの誘いで、今の会社に出会うことが出来ました。

まずは休日に、人事の方と簡単な面談をし、試験から採用までの流れを説明してもらいました。

SPIの試験があるとの事だったので、SPI試験対策のテキストを購入し、毎晩仕事が終わってから少しづつ勉強をしました。

また、面接は1次・2次・最終とあるとの事でしたので、前回の不採用を反省して面接時のマナーを登録していた転職サイトで研究し備えました。

筆記試験~採用に至るまで約3か月かかりました。

 

リクナビNEXTをメインに利用し、転職テクニックを学んだ

私は、リクナビNEXTに登録しました。

職種や希望の勤務地に合わせて採用の情報を定期的にメールで提供してくれたので非常に役に立ちました。

正しい履歴書の書き方や、面接の際に気を付けるべきこと等、転職活動をしている人ならば誰もが抱くであろう不安に対して、的確なアドバイスを記載してくれていたので、それを食い入るように見ていました。

前述の通り、リクナビNEXT経由で応募して最終面接まで受けた企業が1社ありましたが、私の場合はそこの企業さんにはご縁が無かったので、実際採用にまでは至らなかったですが、正しい履歴書の書き方であるとか、面接の受け方のノウハウは、このサイトから多く学ぶことが出来ました。

ハローワークも利用していましたが、毎回同じような求人情報しかなく、そちらの方はあまり成果がありませんでした。

結果的には友人からの勧めで現在の職に就いていますが、転職サイトは利用して良かったです。

 

転職後の保険営業ではストレスが無くなり、給料も1.5倍に

私の場合は銀行営業から保険会社の営業への転職になります。

以前の仕事は決まった時間に決まった所を義務的に訪問して、更に数字を上げなければ上司からのパワハラに押しつぶされそうになっていましたが、実際に転職してみて、現在は全て自己管理で自分が行きたい時間に行きたいところを訪問すればよいので縛り付けられて働いている感覚がなくなり、精神的には非常に楽になりました。

また、数字もほとんど自己責任なので、ある程度は数字の事で言われることもありますが、以前の仕事程、上司から詰められることは無いので、そういったプレッシャーやストレスは感じていません。

同じノルマがある営業でも、やはり会社によってストレスの度合いは全く異なるのだと知りました。

待遇面も、前職を下回っては意味が無いので、上回るように心がけて営業活動を続けた結果、今では前職の1.5倍は稼げるようになっています。

私は、転職して正解だったと感じています。

転職前は、数字を上げろ上げろと言われる割には、実際数字を上げてもなんら給与に反映される事もなく、只々上司からの圧力に耐えながら日々業務をしている感じでした。

また、銀行は融資が一番自分たちの給料に反映される物だったので、貸したくもない人・もしくはお客様からしたら借りたくない人に無理やり融資を頼み込む傾向があったので、これでは本当の金融サービスとは言えないという不満がありました。

しかし、保険については、本当にそのサービスや商品を必要としている人に必要なだけ提案をすれば良いので、以前よりしっかりと人のためになる金融サービスの提供が出来ているのではないかと実感しています。

そういったやりがいの面も転職によって改善されたので、やはり新卒で入った1社だけでは見えてこないことも多くあるのだという実感です。

 

これから転職をする第二新卒の方へのメッセージ

私が面接で聞かれたのは、なぜこの業界を選んだのかという事でした。私の場合は同じ金融業だったので、前職で得た経験を活かして、よりお客様に寄り添った金融サービスの提供がしたいという理念を面接官の方に伝えました。

とにかく自分の思いを飾らずにしっかりと伝える事が大事です。

試験の準備としては、学生以来の筆記試験があったので、図書館で参考書や問題集を購入して毎日少しづつでも良いから勉強をしておくことが大事だと思います。

また、面接はスタンダードな質問もあれば少しひねった質問が来ることもあるので、転職サイトで過去に先輩たちが質問をされたことを調べておいたり、その企業の事をホームページでしっかりと理解しておくことが大事だと思います。

資格の方は、事前に取得しておけば採用へだいぶ近づくと思いますが、私の場合は、入社してから受ける仕組みになっていたので、その辺も、自分が受けたい企業がどの様な体制を取っているのか事前に調べておくべきです。