転職業界1位リクルートエージェントの特徴と評判

転職業界1位リクルートエージェントの特徴と評判
転職活動を成功させるために利用するサービスとして鉄板と言われているリクルートエージェント。

テレビCMや広告などでもいつものように見かけるので、ほとんどの人が名前くらいは知っているでしょうし、一度転職したことがある方なら既に登録してる方も多いですよね。

本記事では、そんな転職業界ナンバーワンのリクルートエージェントのサービスの特徴や利用するメリット、評判についてまとめてみました。

そもそも転職エージェントとは何か?

転職エージェントというのは、キャリアアドバイザーというコンサルタントが、あなたの転職が成功するための様々な手助けを全て無料でしてくれるサービスのことです。

「人材紹介会社」というように呼ばれることもあります。(※人材派遣会社とは全く違うので注意)

人材紹介会社・転職エージェントのサービス概要

サービスに無料登録をしてキャリアアドバイザーと面談をすることで、あなたの仕事の経歴や転職に対する要望・条件に合った求人を紹介してくれます。

また応募先企業との面接設定から、内定後の給与交渉などについても、利用者のために頑張ってくれます。

さらに、応募先企業の情報や業界の現状などを色々教えてくれるので企業研究に非常に役立ち、履歴書添削や面接対策などもしてくれます。

転職エージェントは、採用が決まった企業からサービス料を貰う仕組みですので、転職者としては、全てのサービスを無料で利用できます。

転職活動においては、転職エージェントと転職サイトの利用をする方がほとんどですが、それぞれ転職エージェントと転職サイトの違いは下記のような違いがあります。

転職エージェントと転職サイトの違い
転職エージェント転職サイト
 求人への応募 コンサルタントからの紹介 自分で探す
 面接日程調整 コンサルタント自分
給与交渉 コンサルタント自分
 企業研究 エージェントレポート付き(後述)自分
面接対策模擬面接
面接対策セミナー
自分
求人数多い普通

リクルートエージェントのサービス特徴

上記のような転職エージェント(人材紹介会社)の業界で、利用者数や扱う求人数、転職成功者数などにおいて、業界ナンバーワンの実績があるのがリクルートエージェントです。

拠点数が多い

リクルートエージェントは業界最大手だけあって、全国各地に15ヶ所のオフィスがあります。登録後のキャリアアドバイザーとの面談で、訪問をする際に便利です。

※キャリアアドバイザーとの面談は、電話面談で行うことも可能ですので、もし近くにオフィスがなくて訪問する余裕の無い方でも安心です。

リクルートエージェントのオフィスは下記の場所にあります。

本社東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
北海道北海道札幌市中央区北四条西5-1 アスティ45ビル 10階
東北宮城宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1 仙台トラストタワー 11F
関東栃木栃木県宇都宮市東宿郷1-9-15 フローラビル 10階
埼玉埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル 25階
千葉千葉県千葉市中央区新町1000番地 センシティタワー 7階
東京東京都立川市曙町2-34-7 ファーレイーストビル7F
神奈川神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル 16階
中部・東海静岡静岡県静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡 5階
愛知愛知県名古屋市中区栄3-6-1 栄三丁目ビルディング(ラシック) 12階
関西大阪大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー 31F
京都京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町88 K・I四条ビル 4階
兵庫兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-10 井門三宮ビル 4階
中国・四国岡山岡山県岡山市北区駅元町1-6 岡山フコク生命駅前ビル 4階
広島広島県広島市中区八丁堀14-4 JEI広島八丁堀ビル 10階
九州福岡福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-3 リクルート天神ビル 6階

 

圧倒的な求人数

最大手リクルートエージェントの一番の強みとも言えるのが、圧倒的な求人数と言えます。

求人募集をかける企業からしても、「とりあえずリクルートエージェントにはまず出しておこう」といった業界標準があるので、非常に多くの企業が求人募集を出しています。

2017年10月時点での求人数は約19万3000件(内、約16万件以上が非公開求人)となっています。

非公開求人とは

ほとんどの転職エージェントサービスでは、Webサイト上で検索できる求人は全体のごく一部です。無料登録後に閲覧できる求人数が一気に増えます。また、そもそもWebサイトには掲載されない、キャリアアドバイザーからの紹介で見ることのできる求人もあります。

これらを「非公開求人」と呼びます。

求人募集は会社の事業戦略と直結しているため、公開はしにくい情報です。そのため多くの企業は人材紹介会社を利用して非公開で求人募集をかけるというわけです。

転職の成功とは、無事内定を取るだけではなく、自分の性格や希望にあった会社へ転職をして、より気持ちよく働けるようになることだと思います。

転職の成功のためには、転職活動の初期段階で、多くの会社の求人を見て比較することがとても大切です。

自分の思い込みからではなかなか巡り会えなかったような会社や求人を、プロのキャリアアドバイザーが非常に多くの求人から提案してくれるのが素晴らしい点です。

人材紹介会社の主要各社の求人件数を調査すると下記のようになります。

リクルート
エージェント
DODAマイナビSpring
(アデコ)
 求人件数

公開/合計

3.3万件/19.3万件4.1万件/17万件1万件/6.8万件1.7万件/8.5万件
参入時期1977年1989年1998年1985年

※2017年10月時点データ

転職をして年収が上がった割合

2011年度のリクルートエージェントの実績として、下記のようなデータが出ています。

転職をして年収が上がった割合

リクルートエージェント経由で転職をした人の62.7%が年収アップとなっています。

2011年度のデータしか公表されていないのですが、2011年というと、大卒者の求人倍率が1.28でしたので、転職市場は完全に「買い手市場」で転職希望者には不利な状況でした。

一方で2017年は景気好調に伴って求人数が非常に増えており、大卒者の求人倍率が1.74となっています。

そう考えると2017年度に転職をして年収アップした人の割合は、もっと大きくなっていると考えられます。

参考出典「大卒求人倍率調査」(株式会社リクルートホールディングス) 第33回 ワークス大卒求人倍率調査(2017年卒)

業界研究・企業研究に超役立つAgent Report

転職を成功させるためには、応募先企業をしっかりと理解することが必須なのは言うまでもありません。

相手のことをちゃんと理解していないと、面接もうまくいきませんし、仮に内定が取れたとしても、自分の性格やキャリアプランに合った仕事を出来る可能性が低くなるからです。

そんな転職活動で必須な業界研究・企業研究に役立つのがAgent Reportというサービスです。

業界研究・企業研究に超役立つAgent Report

↑のようなイメージで、リクルートエージェントが独自に、求人募集をかけている企業を分析したものをまとめたレポートになります。

多くの企業の求人情報を扱ってきたリクルートエージェントだからこそ分かる、その企業の押さえておきたいポイントや業界のトレンド、どんな人材が求められているか、働く環境などが理解できます。

応募者個人ではなかなか分からない働く環境などが分かるのも非常に助かりますね。

また、応募先企業の人事担当者とも密にやり取りをしていますので、面接担当者がどのような人か、どんな面接の質問が来るかなどについても教えてもらえる場合が多いです。

無理な営業は全くナシ

リクルートグループといえば、イケイケドンドンで押しの強い営業が強いイメージがありますよね。

確かにリクルートエージェント社も、以前は頻繁に連絡をしてくるなど押しの強い営業があったそうですが、ココ数年は顧客満足度を最重視する方針もあってか、無理な営業をかけられるようなことは全く聞かなくなりました。

具体的な転職希望や予定が無い人でも気軽に登録をして、自分の現在の市場価値やどんな企業に応募してどれくらい待遇が上げられそうなのかを知る機会として利用する人の多いとのことです。

リクルートエージェント側としても、今すぐ転職したいという人以外には、「将来的に転職を検討する際に役に立ちたい」といったスタンスでいてくれるので、気軽に情報収集のイメージで登録してみるのがいいでしょう。

「とりあえず情報収集だけ」な人にも役立つスカウトメール

上記で書いたような、具体的に転職を検討していないけど、自分の現在の市場価値やキャリアアップのチャンスが有るかどうかを把握しておきたいといった時に便利なのがスカウトメールという機能です。

これはリクルートエージェントに登録しておいて、スカウトメール希望のチェックをいれておけば、企業側から「あなたの経歴に興味があるので、応募してきてくれませんか?」といったスカウトのメールが定期的に届くようになります。

もちろん興味が無ければメールを無視しても問題ありませんので、とりあえず情報収集しながらキャリアアップのチャンスを伺うことが出来ます。

職務経歴書が書きやすくなるレジュメnavi

職務経歴書が書きやすくなるレジュメnavi

転職活動の第一関門は、職務経歴書を書くことですね。

自分の今までのキュリアの棚卸しをして、上手く自分のアピールを職務経歴書に落とし込むことができるかが大切です。

そんな少々めんどくさくて大変な職務経歴書を書く作業を、強力にサポートする機能としてリクルートエージェントでは「レジュメnavi」があります。

パソコンのブラウザ上で、必要な項目を入力していくと、職務経歴書がWordファイルで自動的に作成されるという便利ツールです。

1.必要項目を入力

職務経歴書が書きやすくなるレジュメnavi

2.入力内容を元に自動的に職務経歴書が作成される。

職務経歴書が書きやすくなるレジュメnavi

もちろんツールで自動作成された職務経歴書はWordファイルですので、そのあとにWordで自分なりに追記や削除をしたりと編集が可能です。


いかがでしょうか。

転職を失敗に終わらせないためには、自分だけの力ではなく、転職活動のプロのアドバイスや手助けを使うのは必須だと思います。

これだけの充実したサービスが全て無料なのですから利用しない手は無いでしょう。