Ranstad(ランスタッド)転職エージェントの特徴とオススメポイント

Ranstad(ランスタッド)のサービス概要

Ranstadは世界2位の人材サービス会社として知られる、大規模な転職エージェントです。

世界39カ国で展開され、拠点は全部で4600以上存在します。1960年にオランダで創業し、1980年8月にランスタッド株式会社が設立されました。

つまり、設立からは営業年数が約37年あるということです。日本にも数多くの拠点があり、東京に本社を構えています。

その他にも各地に支社があるため、全国に対応しています。

公開求人数9400件以上を記録し、外資系転職、グローバル転職、管理系職種にも強い特徴があります。

Ranstadを利用する場合、オフィスワーク派遣・製造派遣・キャリアアップ転職・障害者転職といったいくつかの種類から利用するサービスを選びます。

必要事項を入力して登録すると5営業日以内に連絡が来て、面談で優秀な転職コンサルタントとキャリアプランを相談します。

応募~選考中は書類作成や面接のアドバイスを貰うことが可能です。内定~入社では企業との交渉をコンサルタントが代行してくれます。

Ranstad(ランスタッド)が優れている点

Ranstadはさまざまな再就職支援を展開しています。

一般的な転職エージェントと同じようにキャリア相談にのってくれる・求人を紹介する以外に、研修を実施していることが特徴です。

基本研修では書類作成や面接スキルなど、転職に必要な情報を提供してくれます。

心の健康対策ではストレスの軽減方法、技術向上研修ではパソコンや独立開業に関する知識を磨けます。

その他に英会話や資格取得をサポートしてくれる研修も豊富です。

さらに、Ranstadはあらゆるターゲット層向けのサービスを実施している特徴があります。

外国人や留学生が日本の企業に転職する時は、海外事情に詳しいコンサルタントが転職活動をサポートしてくれます。

日本の転職に必要なマナーや考え方をセミナーで教えてくれるので、安心して転職活動できることが魅力です。

既に就業中であれば、ビザの更新を無料でサポートしてくれます。派遣社員に関しては、就業履歴や自己分析シートを保存できる「マイキャリアノート」を利用することが可能です。

働きながら自分のスキルをこまめにチェックできるので、多くの利用者が活用しています。

ワーキングマザーのために、子供連れで面談に対応していることもRanstadの特徴の1つです。

転職支援だけではなく、求人の種類も多岐に渡ります。巨大なネットワークを活かして、大手企業や優良企業の求人を集めています。

正社員・紹介予定派遣・派遣社員など、雇用形態も求人によってさまざまです。

単発・バイトを除くと、派遣・製造派遣・スキルアップ転職・ハイクラス転職の4種類に求人を分けることができます。

スキルアップ転職が最も求人数が多く、年収400~600万円程度の正社員求人を多数取り扱っています。

ハイクラス層に関しては年収が800~3000万円超までアップすることが特徴です。

スキルアップ転職には海外の求人もあり、全国各地の求人を幅広く揃えています。

特に営業の・IT・メーカーの求人が多く、医療や金融などの分野も対応可能です。ちなみに、派遣の求人は首都圏の求人に特化しています。

また、Ranstadは全国各地で個別転職相談会を実施しています。

製造業界・UターンやIターンなど、さまざまなテーマで開催されていることが特徴です。

無料で参加できるので、転職に悩んでいる人に向いています。

その他にはビジネスとプライベートに関するコラムを掲載している「キャリアHUB」、労働関連の情報を提供する「ワークトレンド360」、履歴書や職務経歴書のサンプルをダウンロードできるサービスが存在します。

 

Ranstad(ランスタッド)のイマイチな点

Ranstadのデメリットとして、検索機能が使いにくい点が挙げられます。

先述したように、Ranstadはさまざまなターゲット層向けのサイトを展開しています。

それぞれ専門サイトが用意されているので、サイトによって求人の掲載方法が違うのです。

例えば障害者や外国人向けのサイトはホームページの形式が古く、他のサイトとは違った求人の書き方になっています。

求人を比較して選びたい時は使いにくい可能性があるので、注意してください。

また、さまざまな分野に分かれているため、目的の求人を探すのが難しくなっています。

400~500万円の求人を探したい時はスキルアップ転職を使うのが得策です。

しかし、年収800万円以上の求人を続けて探したい場合は、ハイクラス層向けのサイトに移る必要があります。

スキルアップ転職では検索できる年収の上限が低く設定されているので、高額年収の求人をまとめて検索できないことがRanstadのデメリットです。

これらのデメリットを逆に考えると、分野別に求人を検索できるメリットと成り得ます。

転職希望先が明確に決まっている人は、求人を探しやすい可能性もあります。

よく使う検索条件を保存できるシステムが搭載されているので、使いにくいと感じる人は上手く活用してください。

その他に未経験OK・英語力を活かせる・交通費支給といったこだわり条件も豊富に用意されています。

 

Ranstad(ランスタッド)はこんな人にオススメ

Ranstadはさまざまな転職支援に定評がありますが、特に20~30代の若年層のサポートを得意としています。

第二新卒や未経験者でも応募できる求人が比較的多いため、若い人に向いています。

専門サイトを設けているため障害者・外国人・留学生にもオススメできます。

コンサルタントがマンツーマンでサポートしてくれるので、初めて転職する人からも支持されています。

転職希望者の要望に合わせてコンサルタントが対応してくれるシステムとなっているため、自分のペースで転職活動できることが魅力です。

コンサルタントは本人が気付いていない強みを見つけることで、最適の職場を見つけてくれます。

世界的にサービスを提供している特徴を活かすなら、グローバル企業や外資系企業に転職したい人が利用するのが得策です。外国企業に転職をして、海外に出て働くことに興味がある人にはオススメです。

また、実はRanstadはIT系の求人も多い傾向にあり、IT業界を目指している人が利用することも可能です。