マイナビエージェントの特徴とオススメポイント

マイナビエージェントのサービス概要

『マイナビエージェント』は1973年に設立したマイナビ株式会社が運営しています。

業界4~6位くらいに位置する、中規模の転職エージェントです。

2012年にマイナビエージェントが吸収合併されたので吸収合併から計算すると約5年、マイナビの会社設立から約44年の営業年数があります。

求人サイト『マイナビ』や転職サイト『マイナビ転職』などの人材紹介サービスを長年運営している経験を生かして、転職活動を全面的にサポートしてくれることが特徴です。

東京・大阪・愛知・福岡に拠点があり、関東・近畿・九州の範囲で営業を行っています。

求人数は時期によって異なりますが、約2万件取り扱っています。

求人サイトマイナビは新卒向けの就職支援が業界トップクラスで、「就活生の9割が登録する」と言われるほど大人気です。

その実績を生かしてマイナビエージェントも20代、第二新卒の転職に強い特徴があります。

20代後半~30代後半の若年層向け求人が多く、若者から支持されています。

ちなみに、無料で利用できることもマイナビエージェントが人気の高い秘密です。

求人紹介以外に業界や職種の理解度を高めるセミナー・転職相談会を随時開催し、気軽に利用できる環境を整えています。

セミナーはさまざまな種類があるので、自分に合ったイベントに参加可能です。 利用する時は最初に名前や連絡先などの基本情報に加えて、最終学歴・職務経歴・志望している業界及び職種を登録します。

プロフィールと併せて職務経歴書を作成しますが、既に自分で作成しているものがあればアップロードするだけで構いません。

都合の良い日で面談を予約し、1~1.5時間個別面談ルームで担当者と会うという流れです。

面談時はこれまでのキャリアや志望先を担当者に伝えれば、希望に合った求人を紹介して貰えます。

マイナビエージェントが優れている点

マイナビエージェントはIT・メーカー・マスコミ・アパレルなど、バリエーション豊富な求人を取り扱っていることが特徴です。

特にITとメーカーが多く、ITは全体の約33.6%・メーカーは約25.7%を占めています。

職種も営業や経営など、さまざまなポジションが用意されています。

多くの業界をチェックすることで、自分の新しい可能性を発見できるかもしれません。

求人の約8割が非公開求人なので、一般的なサイトに掲載されていない求人を紹介して貰えるメリットもあります。

非公開求人は競争率が低く、応募して採用される可能性が高いです。

さらに、マイナビエージェントは業界に精通したキャリアアドバイザーが転職をサポートする「専任制」を採用しています。

業界出身者が多く、その業界に詳しい人がリアルな情報を教えてくれます。

社風や社員の人柄まで把握した上で応募できるため、転職後の適性不一致が起きにくいです。

業界との繋がりを生かして、面接日や転職後のポジション・給料の交渉まで行ってくれます。

ちなみに、キャリアアドバイザーが毎月業界を分析し、「転職市場レポート」として、サイトに掲載しています。

業界の現在の動向をチェックできるので、適宜活用してください。

中規模の転職エージェントなので、プロフェッショナルなキャリアアドバイザーが1人1人丁寧に対応してくれることが魅力です。

具体的なサポートとして、細やかな応募書類添削や面接対策が挙げられます。

企業がどのような部分をチェックしているか意識しながら書類添削を行うことで、通過率アップを図っていることがポイントです。

転職時の書類通過率は一般的に2割程度と言われていますが、マイナビエージェントは約5割を記録しています。

書類が通過すれば面接で自分の強みを直接伝えられる機会が増え、転職成功率がアップするでしょう。

面接対策ではキャリアアドバイザーが面接官を担当し、模擬面接を行ってくれます。身だしなみから質問に対する答え方まで、丁寧に指導してくれることが特徴です。

志望している企業で過去にどのような質問が出たか教えてくれるので、企業に合わせた面接対策を実施できます。

マイナビエージェントのイマイチな点

マイナビエージェントには数多くのキャリアアドバイザーがいるため、人によって実力が異なるデメリットがあります。

転職エージェントを利用する際、キャリアアドバイザーとの相性は非常に重要なポイントです。

しかし、マイナビエージェントは「相性が良くない」と感じた時は担当者を簡単に変更できるため、解消できるデメリットと言えるでしょう。

また、積極的に新規事業を拡大しているので、全体的に社員の士気が高いです。

実力の差があるのは事実ですが、実力の範囲内で積極的に力を貸してくれます。

都心以外・40代以降・ハイクラスの求人が少ないことも、マイナビエージェントのデメリットとして挙げられます。

転職エージェントには総合型と特化型の2種類があり、マイナビエージェントは総合型です。

地方求人に強い地域特化型の転職エージェントや転職サイトとマイナビエージェントを併用すれば、デメリットを解消できます。

このようにいくつかデメリットがあるものの、工夫すればデメリットなしで転職活動を行うことが可能です。

マイナビエージェントはこんな人にオススメ

マイナビエージェントのメリット・デメリットを把握すれば、自分に向いているか簡単に理解できます。

バリエーション豊富な求人を取り扱っているので、異業種へ転職したい人に最適です。

転職前に業界の知識を蓄え、転職後の業務に生かすことができます。

インターネットでは得られない情報をキャリアアドバイザーから入手できるため、メリットが豊富です。

特にきめ細やかなサービスを求める人から高く評価されています。

また、女性向けの求人が豊富で、女性登録者が多い傾向にあります。

その他にゆっくり転職活動を進めたい人にも向いているかもしれません。

なぜならマイナビエージェントは書類添削や面接対策などの準備に力を入れ、登録から3ヶ月以上経ってもサポートしてくれるからです。

一般的な転職エージェントはより多くの利用者の要望に応えるために、3ヶ月を目安にサポートを行っています。

中規模のマイナビエージェントはその人の要望に最大限に応えてくれるので、柔軟な対応が実現しています。

東京は平日9時30分~20時30分・土曜日9時30分~17時30分に営業しています。

つまり、平日は仕事で忙しい人でも利用しやすいということです。

現在の職場で働きながら転職活動できるため、非常に便利なサービスと言えるでしょう。