Career Carver(キャリアカーバー)の特徴とオススメポイント

Career Carver(キャリアカーバー)のサービス概要

キャリアカーバーは、人材業界売上げランキング第一位を誇るリクルート運営のハイクラス転職支援サービスです。

2014年6月24日にオープン、優秀なヘッドハンター1000名以上を抱え、年収600万円以上の求人1万件以上を誇るハイクラス求人に特化したエグゼクティブ層向けの転職サイトです。

会員登録すると、レジュメと呼ばれる職務経歴や学歴、語学レベルや資格情報、希望する条件などをもとに、経営幹部対象者の転職支援に多くの実績を持つヘッドハンターからスカウト情報を受け取ることができます。

ヘッドハンターの業界経験年数や転職支援実績、自己PRなどが書かれたプロフィールを参考に、自身が相談したいヘッドハンターを選択することも可能です。

ただ転職するだけでなく、中長期的なキャリア形成についてもサポートを受けることができます。

登録することで、自身のリサーチ力では探すことが難しい分野や領域の企業との出会いのチャンスが広がる可能性が高まります。

Career Carver(キャリアカーバー)が優れている点

キャリアカーバーは、数ある転職サイトの中でもハイキャリアに特化した求人情報を持っている点で優れています。

自身が年収600万円以上で職務経歴に自信があり、転職を希望したい場合は登録しておくべき転職サイトの一つです。

「将来を見据えたキャリア形成の支援」を目標に掲げており、単に転職を支援するだけではなく、今の会社でしっかりとキャリアを積んだ方がよいのか、転職するタイミングはいつ頃が得策なのかなそど、将来に向けたキャリア相談ができる点もメリットの一つです。

ハイキャリア層の転職活動は、一つ間違うと積み重ねてきたキャリアを失うだけでなく、転職市場では必要とされない人材になってしまうリスクがあるため、プロの転職アドバイザーから幅広い情報を引き出すことが重要なポイントです。

ヘッドハンターを指名できることも魅力で、話や性格などが合わなかったり、新人が担当してしまったりするリスクが低くなっています。

ヘッドハンター検索で、「担当業種」「担当職種」「業界経験年数」などを入力することで、コンサルタントの詳細情報を手に入れることができ、じっくりと吟味選定することが可能です。

現段階ではすぐに転職をするつもりはないが、好条件の転職情報があれば入手しておきたい場合などは、希望条件を高めに設定しておくことで時間をかけて求人情報を得るというやり方もできます。

各ヘッドハンターが保有している求人案件のみが登録されていることから、必然的に掲載期間が短くなるのが特徴的です。

Career Carver(キャリアカーバー)のイマイチな点

転職するために十分な準備期間を設けて活動したい方に向いているサイトのため、キャリアカーバーは今すぐにでも転職したい方にとっては使いにくい側面があります。

キャリアカーバーでは、希少価値の高いハイキャリア案件を扱っているため、一般的な転職情報を入手したいのであれば、母体会社のリクルートが持つ他のエージェントサイトを使用するのが無難です。

求人情報はクローズド案件が多く、企業に対する情報収集がヘッドハンター頼みになりがちになってしまうことがあります。

企業の内部情報を入手したければ社員が内部情報を書き込んでいるサイトなど、他の収集先を見つけておくことが重要です。

ヘッドハンターの担当者は自分で選ぶことが可能ですが、1000名以上を抱えていることから中にはどうしてもソリが合わない担当者に当たってしまうことが起こります。

複数のヘッドハンターとやり取りを行い、最もフィーリングの合う方と転職活動を行うのが得策です。

Career Carver(キャリアカーバー)はこんな人にオススメ

経歴に自信があり、高いレベルでの転職先を希望の方にキャリアカーバーはおすすめできるサイトです。

レジュメと呼ばれる職務経歴概要を記入するときに、語学レベルを入力する欄がありますが、英語の得意な方や、会社で英語を使ってビジネスをした経験がある方であれば、「ビジネス会話レベル」と登録しておくことで、コンサルタントからの質の良い情報を入手できる可能性が広がります。

自身が本当にビジネス英語レベルなのかどうかは、コンサルタント側でしっかりと判断してくれるため、少し高いと思われるレベルで登録していても差し支えはありません。

ハイキャリア向けの案件は、今まで培ってきた職務経験を最大限に生かすことが前提となっていることが多いため、領域の異なる業種や職種の経験が豊富な方ほどおすすめです。

ヘッドハンター側では、応募者検索をかけるときに職種や業界などでソートすることが多いため、出来る限り経験した職種や業種を入力しておくことが大切です。

同じ企業に長く勤務していた場合は、最も長く所属した部署だけでなく、異動単位で細かく記載しておくことでヘッドハンターの目に留まる可能性が高まります。

現時点では転職までは考えていなくても、早い段階で信頼できるヘッドハンターと出合いたいと考えている人や、定期的にキャリア相談を持ち掛けたいと思っている人にもおすすめです。

ヘッドハンターは、レジュメを見ながら適切な求人情報やサポートを行っているため、中長期的なキャリア形成プランを立てるための適切なアドバイスを受け取ることができます。

ヘッドハンターからのアドバイスにより、自分自身の市場価値や、同業他社内での自身のポジションを客観的に知ることができ、ゆっくりと転職を検討することができます。

将来のビジョンをヘッドハンターと一緒に作り上げていくことで、いつの時期が転職するタイミングなのかを推し量ることも可能です。

あまり多くの求人メールを受け取りたくない人にとってもキャリアカーバーは適しています。メールの頻度はさほど多くなく、レジュメを見ながらコンタクトを取っていると感じられるため、メール量の多さに苦痛を感じる心配はありません。

希望条件に年収や勤務地だけでなく、やりがいや働き甲斐などを求めている人にも都合のよいサイトです。

プロフィールを記載する欄に、希望条件を自由に記述することができるため、経営幹部候補や新規事業の責任者などのやりがいのある求人を紹介してもらえることがあります。

転職は考えず、求人市場のトレンドを知りたい人にとっても、登録しておくだけで様々な業界の求人情報を手に入れることが可能です。