転職エージェントを利用するメリットとデメリット

転職エージェントってどんなもの?

転職エージェントとは、登録をすることによって転職に関する相談に乗ってくれるうえに、企業の求人紹介及び面接のセッティングなどをすべて無料で行ってくれるサービスのことです。

転職エージェントが行ってくれるのは、主にキャリア相談を始めとして求人紹介、履歴書の添削、面接対策、面接のセッティング、給与交渉などです。

転職活動を行うにあたって面倒くさいことは自分の代わりに行ってくれるのでとても楽です。

本番の面接を除いて、企業と自分が直接やりとりをするということはほとんどありません。

自分自身で転職活動を行うときにはすべてのことを自分でしなくてはならないので、転職をするときにはできる限り転職エージェントを利用したほうが便利だと言えるでしょう。使い方によって、たくさんのメリットを得ることができます。

人材紹介会社・転職エージェントのサービス概要

サービスに無料登録をしてキャリアアドバイザーと面談をすることで、あなたの仕事の経歴や転職に対する要望・条件に合った求人を紹介してくれます。

さらに、応募先企業の情報や業界の現状などを色々教えてくれるので企業研究に非常に役立ち、履歴書添削や面接対策などもしてくれます。

自分ではなかなか言いにくい給与交渉などに関してもサポートを行ってくれるので、転職者にとっては心強い味方となってくれるでしょう。

転職エージェントは、採用が決まった企業からサービス料を貰う仕組みですので、転職者としては、全てのサービスを無料で利用できます。

転職活動においては、転職エージェントと転職サイトの利用をする方がほとんどですが、それぞれ転職エージェントと転職サイトの違いは下記のような違いがあります。

転職エージェントと転職サイトの違い
転職エージェント転職サイト
 求人への応募 コンサルタントからの紹介 自分で探す
 面接日程調整 コンサルタント自分
給与交渉 コンサルタント自分
 企業研究 エージェントレポート付き(後述)自分
面接対策模擬面接
面接対策セミナー
自分
求人数多い普通

転職エージェントのメリット

転職エージェントは、企業が支払う紹介料で成り立っていることによって、たくさんのサービスを無料で受けることができるわけですが、本気で転職を考えている人であれば、使わないともったいないと言えるでしょう。

何故なら、もしも本番の面接で失敗したとしても、腕の良いエージェントならばあなた自身がアピールしきれなかった部分などを人事にもう一度アピールしてくれて、不合格が合格に変わるということもあるからです。

さらに、自分で転職活動をするときにはできないような面接対策をしてもらうこともできるので、安心して本番を迎えることができます。

また、入職前と入職後のギャップに落胆するということもほとんどないのも特徴です。

何故なら、雇われた人がすぐに辞めてしまうようであれば、引き継ぎや退職に関わる処理などかなりのコストがかかるうえに企業に紹介料を返すことになるので、雇われる人が安心して入職することができるようになっていることが多いです。

それだけでなく、自分自身のことを見つめ直すきっかけにもなってくれます。

転職エージェントでは、専任のアドバイザーがついてくれます。

アドバイザーと相談や打ち合わせなどをしながら転職活動をしていくので、自分自身のキャリアやスキルなどを客観的に見ることができるでしょう。

また、自分では気づくことのなかった新たな一面や魅力をアドバイザーが見出してくれるということもあるかもしれません。

それによって、新たな転職先が見えてきたり、自分の長所に気づいたりするということもあるでしょう。

アドバイザーがいつもそばに居てくれてアドバイスをしてくれたり、相談に乗ってくれたりするので、転職活動を行っている最中に心が折れそうになってもすぐに立て直すことができると思われます。

ときには、アドバイザーが非公開の求人を探してきてくれるということもあるので、自分だけで行う転職活動では巡り合うことのなかった企業に就職することができるということもあるかもしれません。

まさに、転職エージェントは利用料金はまったくもって無料なのにたくさんのメリットがあると言えます。

転職エージェントのデメリット

転職エージェントを利用するときのデメリットは、専任のアドバイザー(キャリアカウンセラー)との相性が利用満足度に大きく左右することが多いということです。

相性の良いアドバイザーと出会うことができれば転職活動をするにあたってまったく問題はありませんが、もしもアドバイザーとの相性が悪かった場合には、煩わしい思いをすることになるでしょう。

また、もしもあまり仕事熱心でないアドバイザーであれば、きちんとサポートをしてくれないかもしれません。

転職エージェントと転職サイトとの決定的な違いはアドバイザーがついてくれるか否かなので、アドバイザーとの相性はもっとも重要なポイントとなります。

もしもアドバイザーとの相性が悪いと感じれば、他のエージェントを利用するなどということをしたほうが良いでしょう。

アドバイザーと打ち合わせをしながら転職活動を進めるのが煩わしいという人であれば、ハローワークや転職サイトなどを利用して自分でマイペースに転職活動を行ったほうが良いと思われます。

年収アップを狙うなら転職エージェントを利用するべき

転職をするときに年収アップをしたいのならば、転職エージェントを利用するのが得策です。

転職エージェントでは給与交渉も行ってくれるので、それを利用しない手はありません。自分自身がいくら年収アップをしたいと思っていても、企業があなたの能力に納得して、あなた自身が希望する年収で採用してくれないことにはどうにもなりません。

よって、まずは自分自身のスキルや知識がどのようにして転職先にメリットをもたらすことができるのかということをアピールする必要があります。

それを専任のアドバイザーとともにあらかじめ相談及び打ち合わせをすることで、給与交渉を行ってもらうというわけです。

あなたを採用することで転職先が得られるメリットと、何故年収アップしたいのかということをきちんと理解してもらうことができるように、あらかじめしっかりと準備を整えておくと良いでしょう。

また、自分自身の年収が適正なのかどうかわからないならば、まずは診断してみるのも良いかもしれません。

転職エージェントの賢い利用方法

複数エージェントに登録して、自分に合うキャリアカウンセラーに出会う

専任のアドバイザーとの相性が重要なポイントとなるので、1つだけではなくていくつかのエージェントに登録することによって自分と相性の良いキャリアカウンセラーを見つけましょう。

良いキャリアカウンセラーは、あなたのキャリアデザインをしっかり理解した上で、親身になって満足の出来る転職をするようにアドバイスをくれる人です。

ただ単純に仕事をこなすために、あなたの転職にアドバイスをしているのかを見極めましょう。

業界研究、企業研究について質問しまくろう

業界研究の転職に関するノウハウをしっかりと持っているプロの転職エージェントに質問をすることで、悩みや疑問を解消することをおすすめします。

もちろんキャリアカウンセラーとの面談前に、事前に自分で最低限の業界研究・企業研究をすることは必須です。

その上で、外からではなかなか分からない点を質問してみましょう。

転職エージェントは企業の人事部と非常に密に連携していますので、業界や企業の課題点やこれからのビジョンなどを知っていることも多いです。

こういった情報は、面接でとても役立ちます。

応募書類の添削や面接対策をお願いしよう

自分自身で行う転職活動では、履歴書の添削や面接対策などはできません。

このようなサービスを受けることができるのも、転職エージェントを利用する人ならではの特権なので、大いに活用しましょう。

あらかじめ対策をとって万全な体制をとることで、採用される確率がかなり上がります。自分の希望する職場に入ることができるように、しっかりと対策を行っておくと良いでしょう。